転職コラム

第二新卒がジョブカフェを利用するメリット・デメリット|他施設との違いや利用方法も解説

ジョブカフェとは?

ジョブカフェの正式名称は「若者のためのワンストップサービスセンター」です。

平成16年から各都道府県が「若者の自立・挑戦のためのアクションプラン」の一環を強く押し出していくという都道府県主体の若者就業支援をジョブカフェで行なっています。

ジョブカフェのほとんどか各都道府県の県庁所在地に置かれていますが、地域によってはサテライトという出張所を作って、よりきめ細やかな人口単位で若者の就業支援を行っているのも特徴です。

ジョブカフェの行っている就業支援の主な内容は以下の通り。

  • 職業相談
  • 職業紹介
  • カウンセリング
  • 就職セミナー
  • 職場体験

上記のような内容を通して、若者の就業を支援している施設がジョブカフェです。

就職活動や就職支援を受けるために複数の施設を利用するという手間やコストをなくし、1箇所で就業支援のサービスを気軽に受けられるように各都道府県がジョブカフェを整備しているともいえます。

各都道府県にジョブカフェが置かれている理由は「各都道府県の地域の実情を踏まえた形で若者の就業促進や能力向上を目的としている」からです。

地域によってはジョブカフェという名前ではない名称で開催されているところもありますので、詳しくは各都道府県のホームページをご覧ください

ジョブカフェでは、自分がどんな仕事に向いているか自分がやりたい仕事などを踏まえて相談し、若者が就業していくという最初の一歩をサポートしてもらえるというイメージでいると分かりやすいのではないでしょうか。

各自治体ごとに、地域の実情を踏まえて支援の対象年齢が異なるのも特徴です。

ハローワークなどの他施設とジョブカフェの違い

ジョブカフェがハローワークなどの他の就業支援施設とどのような点が異なるかについてご説明していきましょう。

以下の就業支援施設とジョブカフェの異なる点を中心に、それぞれご説明していきます。

  1. ハローワーク・わかものハローワーク
  2. ジョブサロン
  3. ジョブステーション
  4. 地域若者サポートステーション

ハローワーク・わかものハローワーク

ハローワークやわかものハローワークとジョブカフェとの違いや、ハローワークやわかものハローワークの支援内容についてご紹介していきます。

ハローワーク系とジョブカフェの違い
  • 就職困難な状態になっている方を対象として支援する最後のセーフティネット的役割がある
  • 就業支援だけでなく、雇用主のための雇用保険や雇用に関しての助成金・補助金といったことの申請窓口としての機能もある
  • 若者ハローワークは35歳未満の正社員を目指す若者が対象
  • ハローワークは年齢制限なし
  • 管轄は厚生労働省

<ハローワークや若者ハロワークの支援内容>

  • 正社員として就職するための就職プランの作成
  • 初回利用時にプレ相談を行う
  • マンツーマンで行われる担当者制の個別支援
  • グループワークやセミナーの実施
  • 就職後にも就職した仕事への定着を支援
第二新卒、20代の転職でハローワークを利用するポイント ひと口に「転職する」といっても、その方法はひとつではありません。 どのように転職活動を進めていけばよいかも、年齢、考え方などによ...

ジョブサロン

ジョブサロンとジョブカフェとの違いや、ジョブサロンの支援内容についてご紹介していきます。

ジョブサロンとジョブカフェとの違い
  • 支援の対象となる年齢層が異なる
    ジョブサロン:35歳以上
    ジョブカフェ:多くの都道府県のジョブカフェが34歳以下
  • 中高年向けの求人
  • 中高年のキャリアチェンジに向けた支援

<ジョブサロンの支援内容>

  • 就職に関する相談
  • 各種セミナーの紹介
  • 企業情報や求人紹介

ジョブステーション(ジョブステ)

ジョブステーションとジョブカフェとの違いや、ジョブステーションの支援内容についてご紹介していきます。

ジョブステとジョブカフェとの違い
  • 年齢性別といった垣根を超えて幅広く就業支援を行っている
  • 各都道府県ごとに特色が異なる
    (例:東京ジョブステーションではホームレス支援も行っているなど)

<ジョブステーションの支援内容>

  • 就職のためのアドバイス
  • スキルアップセミナーの紹介
  • 臨床心理士からのカウンセリングが受けられる

地域若者サポートステーション

地域若者サポートステーションとジョブカフェとの違いや、地域若者サポートステーションの支援内容についてご紹介していきます。

サポステとジョブカフェの違い
  • 厚生労働省がNPO法人などに委託する形で就職支援を行っている
  • 49歳までの就職意志はあるが就職に悩みを抱えている方へのサポートが中心

<地域若者サポートステーションの支援内容>

  • 協力企業への就労体験の実施
  • 就業のためのステップアップ支援(コミュニケーション訓練など)
  • キャリアコンサルタントによる相談の実施

第二新卒がジョブカフェを利用するメリット

第二新卒とは、『学校卒業後1年から3年目までの方で就業経験がある方で、転職や就職をしたいと思っている若者』のことをいい、通常25歳前後の方を呼ぶことが多いです。

25歳を超えても第二新卒として採用している企業もあり、第二新卒の厳格な定義があるわけではありません。

ジョブカフェでは第二新卒の方のサポートも行なっています。
第二新卒の方がジョブカフェを利用するメリットとして、以下の点があげられるでしょう。

  1. 学歴や職歴等は関係なく若年層なら誰でも利用可能
  2. 応募書類の書き方のアドバイスや添削を受けられる
  3. 面接対策を受けられる
  4. 様々なセミナーを実施している

上記の第二新卒がジョブカフェを使うメリットについて詳しくご説明していきましょう。

学歴や職歴等は関係なく若年層なら誰でも利用可能

ジョブカフェは公的なサービスですので、学歴や職歴など関係なく若年層の方なら誰でもサービスを受けられます

各都道府県の実情にあった地元密着型の求人も多いため、就職で今住んでいる地域を離れたくないという方も安心して利用することができるでしょう。

ジョブカフェの利用は「無料」ですので、お住まいの地域や仕事をしてみたい地域のジョブカフェに積極的に足を運んでみてはいかがでしょうか。

応募書類の書き方のアドバイスや添削を受けられる

転職や就職活動の最初の関門は応募書類履歴書を書いていくことではないでしょうか。

どのような内容を書いていけば良いのか分からないし、書いた内容も応募書類や履歴書の内容として良いものなのかどうか分からないという方も多いです。

ジョブカフェでは、応募書類や履歴書の書き方のアドバイスだけでなく、添削までしてくれるところもあります

自分では気づけなかった書き方の悪いところや、逆に採用担当にうまく自分をアピールできる書き方などを教えてもらえることができるため、書類通過率も上がることも多いです。

自分の書いた応募書類や履歴書に自信がないという方にとって、とても心強いサービスを受けられるといえるでしょう。

面接対策を受けられる

応募書類や履歴書だけでなく、実際採用担当の方にあって面接を受けるのも苦手だという方も多いです。

ジョブカフェでは、面接対策も行なっています
自分では気づくことができないポイントを指摘してもらえた結果、印象が良くなり、面接を突破できたという方も多いです。

服装話し方表情など、面接で見られているところは多岐にわたりますので、自分の感覚だけではどうしても悪いところが見えてこなかったり、分からなかったり、改善できなかったりします。

面接対策で客観的に自分の良いところや悪いところを教えてもらえるので、実際の面接当日までに努力して自分を変えていくことで改善していくこともできるでしょう。

様々なセミナーを実施している

ジョブカフェでは、書類や面接の対策をサポートしてもらえるだけでなく、様々なスキルの向上を目指したスキルアップセミナーも行なっています

セミナーを受講したことで、自分に足りない点を改善していけるきっかけになったり、改善できたりしたという方も多いです。

セミナーの内容が自分が身につけたい能力と合致する場合には、積極的に受講していくことで自分のスキルが向上していくことでしょう。

第二新卒がジョブカフェを利用するデメリット

第二新卒の方がジョブカフェを利用するメリットがある一方で、どうしてもデメリットになってしまうことも出てきてしまいます。

第二新卒の方がジョブカフェを利用する際にデメリットとなることについては以下の通りです。

  1. アドバイザーの質にバラつきがある
  2. 予約が必要でなかなか受けられないサービスがある
  3. 都道府県によってサービスに格差がある

上記のデメリットについて解説していきましょう。

アドバイザーの質にバラつきがある

アドバイザーの方の知識量や経験量にばらつきがどうしてもあります

とても親身になってくれて、かつ知識量や経験量もある方がアドバイザーになってくれれば良いのですが、真逆のアドバイザーの方に担当されてしまうと満足のいく情報やサポートを得られない可能性も高いです。

アドバイザーの方と自分の相性というのもどうしてもあるので、満足のいくアドバイスがもらえるかどうかは運の部分があるのも頭の中に入れておきましょう。

また、アドバイザーをやっている方の中には、なぜアドバイザーをやっているのか疑問になるような高圧的な態度の方や言葉遣いの方もいます

そういった方に当たってしまった場合は、

  • 担当の方を変えてもらえるかどうか聞いてみる
  • 他の自治体のジョブカフェにいってみる

といったことをしていかないと、自分に不利益になってしまうことが多いので気をつけてください。

予約が必要でなかなか受けられないサービスがある

公的なサービスであるため、今すぐサポートを受けたいという時に受けられないことも多いです
予約が必要な時期や混んでしまう地域にあるジョブカフェもあります。

自分が働きたいとモチベーションが上がっている時に行動できないことほど、やる気がなくなっていくことはないでしょう。

自分のモチベーションが高い・低い関係なく、普段からジョブカフェの空き情報や予約情報を気にして利用していかないといけないため、その分の手間もかかってしまいます。

自分が思った時期にすぐサービスが受けられない可能性が高いということも頭の中に入れておきましょう。

都道府県によってサービスに格差がある

各都道府県の裁量でジョブカフェは運営されています。
そのため、各都道府県でジョブカフェの対象年齢層や打ち出しているサポートの内容、特色が大きくことなるという点も特徴的です。

サービス内容や対象となる方の年齢などが都道府県によって異なる場合が多くあるのが現状のため、お住まいの地域で自分が受けたいサポートを受けられるかどうか、ホームページなどで確認してから利用するようにすると良いでしょう。

各自治体ごとにサービスの格差があるのがジョブカフェの問題点でもあり、一方で地域に合わせて細かく変えられるという面で良いという両方の評価がなされています

自分が受けたいサービスの有無というのもジョブカフェを利用するかどうかの判断材料にしていくのも良いでしょう。

ジョブカフェは第二新卒の中でもどんな人におすすめ?

第二新卒の方でも、以下の点に当てはまる方に、特にジョブカフェの利用をおすすめしたいです。

  1. 地元の企業に勤めたい方
  2. 自力での就活に不安がありサポートして欲しい方
  3. 正社員経験がない方

上記の点についてご説明していきましょう。

地元の企業に勤めたい方

馴染みがあったり土地勘のある地元の企業に勤めたりしたいという第二新卒の方にとって、ジョブカフェの利用は大変おすすめできます。

ジョブカフェは各都道府県ごとにあるため、地元の求人情報や就職動向の情報がとても集まってくるのが特徴です。

地元で就職したい、仕事を得たいという方は積極的にジョブカフェを利用していきましょう。

自力での就活に不安がありサポートして欲しい方

就職活動は自分と向き合う時間が多くなり、未来への不安や心配事も多くなってしまうことも多いです。

あまり一人で悩みすぎず、良い意味でサポートしてもらえる方を味方にして乗り越えていく方が良い結果が出やすいですし、精神衛生の面で落ち着いて就職活動できます。

自分一人で乗り越えられるか不安な方や、自分の就職活動のやり方に不安があるという方も積極的にジョブカフェを利用されることをおすすめしたいです。

正社員経験がない方

正社員としての経験がない方にとって、就職活動はまた非正規雇用になってしまうのではと不安になることも多いでしょう。

その点、ジョブカフェでは、正社員経験がないという方のサポートには慣れているため、こちらの不安なことや他の方の事例なども通して最善のサポートを行ってくれます

正社員になって安定した収入を得ていきたいと考えている第二新卒の方にジョブカフェの利用をおすすめしたいです。

ジョブカフェの登録方法・利用の流れ

実際ジョブカフェを利用するためにはどのような手順で行っていけば良いのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここからはジョブカフェの登録方法や利用の流れについてご紹介していきましょう。

各都道府県ごとに若干登録方法や利用の流れが異なるため、ジョブカフェご利用の際はホームページなどで確認するようにしてください

ここでは、「東京しごとセンター」を例に、ご説明していきます。

オンライン就職支援利用方法
  1. オンライン上から利用者登録をする
  2. 「対象年齢」や「テーマ・内容」・「利用方法」など各種希望のサービスの詳細を確認する
  3. 申し込みフォーム、もしくは、メールから申し込む
  4. 「カウンセリング」・「セミナー」・「企業説明会」といった各種サービスの日程や内容を確認し申し込む

東京しごとセンターに直接赴いて各種サービスを利用する方法

<ヤングコーナーサービスの例>

  1. 受付で利用申し込みと利用案内の説明を受ける
  2. キャリアカウンセリングを受ける
  3. セミナーやイベント、職業紹介といったサービスを受けられる
  4. 求人に応募し面接試験に臨む
  5. 就職決定
  6. アフターフォローや定着支援も受けられる

<ミドル・シニアコーナーサービスの例>

  1. 受付で利用申し込みと利用案内の説明を受ける
  2. 「カウンセリング」・「セミナー」・「合同説明会」・「求人情報の提供」といった各種サービスの日程や内容を確認し申し込む
  3. 求人応募・面接
  4. 就職決定
  5. アフターフォローや定着支援も受けられる

より質の高い転職サポートを受けたい場合は転職エージェント

より確実に、かつ自分に合っている仕事を失敗のリスクを減らして、いち早く見つけたいという方も多いでしょう。

そう言った方にはジョブカフェよりも、転職エージェントにご相談してみることを提案致します。

転職エージェントは民間の企業ですが、無料で質の良いキャリアアドバイザーから転職サポートを受け入れられます。

さらに、転職エージェントはどこも民間企業ですので、実績がないと口コミでアドバイザーとしての信用性もなくなってしまうため、実績を得るための最大限の努力を続け実績を積んでおり、ジョブカフェのアドバイザーと比べてもアドバイザーの質が高いです

ジョブカフェと比べても、転職エージェントの方がより早くこちらの希望する条件の仕事を見つけてきてくれる可能性が高いので、より早く自分にあった求人と出会い、就職や転職を決めたいという方にもおすすめします。

第二新卒の転職事情と、20代に強い転職サイト・転職エージェント 学校卒業後に就職活動をする場合、大きく「第二新卒」と「既卒」の2種類に分けられますが、このうち第二新卒は、企業からの需要が高くなってい...

まとめ

第二新卒の方向けのジョブカフェについて、ご紹介してきました。
各都道府県に配置されている公的機関であるジョブカフェ。

地域の事情や特性に合った求人が多く集まることで知られています。
公的機関なので、利用料も無料で、仕事を得たい方にとってとても強い味方になるでしょう

ですが、公的機関が故に、利用者も多く、自分が仕事を得たいときやサポートを受けたい時に即日で受けられないということも多いのが現実です。

また、ジョブカフェのアドバイザーの方の質は一定ではないため、民間のアドバイザーと同程度かそれ以上のサポートを受けられる可能性が高くないことも頭の中に入れておかなければならないでしょう。

高い質のサポートを受けて、素早く自分の希望している仕事に就職したり、転職したりしたいという方には、転職エージェントのご利用をおすすめしたいです。

無料でサービスを受けられる転職エージェントも多いですし、有料の場合ですととても高水準な求人情報と出会えることもあります。

特に第二新卒の方はうまくジョブカフェや転職エージェントを利用しながら、自分の理想の求人や働き方を実現していくように行動していくことをおすすめしたいです。