職種別転職サービス

デザイナー業界に転職・キャリアアップを目指す時にオススメの転職エージェント

デザイナーになるためにデザイナー業界で働きたい

今まで学んできた知識を活かしたい

自分のアイディアを形にできる職を探したい

デザイナー業界を志す方の理由は、人それぞれだと思います。

ただ、どんな理由をお持ちの方にも共通するのは、「どのやってデザイナー業界の仕事を探せばよいかわからない」という悩みなのではないでしょうか。

デザイナー業界への転職は、はたしてどのように取り組めば良いのでしょうか?

結論をいえば、転職エージェントに登録して活動をするのが良い方法です。

この記事では、デザイナー職の種類と特徴、どのような人がデザイナーに向いているのか、どのような転職エージェントに登録すれば良いのか、順に説明していきます。

デザイナー職の種類例と特徴

デザイナーの仕事はその名前の通り、さまざまなもののデザインをする仕事になります。

一口にデザイナーと言っても、その種類は実に多種多様です。ここでは、いくつか代表的なものについてご説明します。

グラフィックデザイナー

ポスターや雑誌、商品パッケージなど、主に印刷物媒体のデザインをします。

文字や画像を効果的に使用して、ターゲット層に合わせた情報やメッセージを伝えるデザインを作る仕事です。

小規模案件では1人で制作する場合がありますが、大規模な案件ではライターやアートディレクターとチームを組んで行います。

Webデザイナー

さまざまなWebサイトのデザインや制作を行います。見栄えももちろんですが、サイトのコンセプトや目的、使いやすさにも配慮して作る必要があります。

デザインだけではなく、HTML/CSSなどのコーディングの知識や技術が合わせて必要です。

技術の進化や変化が速いので、常に新しい技術や知識を更新していかなければなりません。

CGデザイナー

CG(コンピュータグラフィックス)で2Dや3Dのデザインを作成する仕事です。

  • 映画
  • ゲーム
  • アニメ
  • 建築物
  • 自動車

など、非常に幅広く多方面で需要があります。

CGはソフトを使用して作成するので、ソフトを使えるというのが必須の条件です。

UI・UXデザイナー

UI・UXデザイナーは、デザイナーとしては新しい分野の職種となります。

UIとは

UIとは「ユーザー・インターフェイス」の略で、パソコンやスマートフォンを操作する際の表示や入力の仕組みです。

UXとは

UXは「ユーザー・エクスペリエンス」の略で、Web上の体験全般やアプリケーションの使い心地など、全体的な楽しさを追求するデザインを指します。

2つは異なる内容ですが密接に関係しており、この2つを総合的にデザインするのがUI・UXデザイナーとなります。

ファッションデザイナー

衣類や靴など、ファッションアイテムをデザインする職種です。

ファッションデザイナーは

  1. 企業デザイナー
  2. オートクチュールデザイナー

の2種類に分けられます。

企業デザイナーは主に大量生産するもののデザイン、オートクチュールデザイナーは受注生産で1点ものなどを作る際のデザインを担当します。

デザイン力だけではなく、流行をとらえる力や色彩などのセンスが問われる職種です。

インテリアデザイナー

家具やカーテン、照明など、内装全般の企画設計のデザインを行います。

個人宅もそうですが、店舗やオフィス、ホテルや博物館など、あらゆる空間のデザインも担います。

インテリア全般の知識や0からつくり出せる創造力や発想力を問われる仕事と言えるでしょう。

ゲームデザイナー

家庭用やソーシャルゲームの背景やキャラクター、アイテムなどをデザインします。グラフィックの部分だけではなく、ストーリーやゲームの仕様など、そのゲーム全般の開発に携わる場合があります。

ゲームデザイン会社が主な就職先で、デザイン能力やCGのスキルが必要です。

上記にあげた以外にもまだデザイナー職はあります。すべての種類に当てはまるのは、「お客さまの要望に沿ったものをデザインする」ということです。

デザイナー業界への転職に向いている人

デザイナー業界に向いている人は、どのような人なのでしょうか?

すべてが当てはまるとは言えませんが、次の性格を持っている人は比較的向いていると言えます。

職人気質

コツコツと根気よく取り組める性格ならば、デザイナーに向いているでしょう。

まじめに取り組めて、作成したデザインにこだわりと自信を持てる、職人のような性格はデザイナーにとっては理想的です。

クライアントの意向をまったく無視して自分のこだわりを突き通すような性格では問題があります。

あくまで仕事上で支障の出ない程度の職人気質は、デザイナーを目指すうえではプラスとなります。

神経質で繊細

デザインの違いで、そのものの与える印象がガラッと変わってしまいます。ミリ単位の細かな違いで、デザインやユーザビリティが変わり、まったく反応の違った出来になることはしばしばです。

このようなミリ単位の細かい作業が好きな方には、デザイナーはうってつけです。

「そんなところまで気にしなくても良いのでは」と思うようなことまで気にして仕事に打ち込める方に、デザイナー職は合っています。

トレンドに敏感

好奇心が旺盛で常に新しいものを求めている方も、デザイナーに向いているでしょう。

常にアンテナを高く張り巡らせて新しいものに触れていると、それがデザインのアイディアや実力に活かされます。

今どんなものが世間で流行しているのかを敏感に察知でき、それがどうなるのか予測できる能力が備わっていれば、デザイナーとしては申し分ないと言えます。

デザイナー業界への転職は未経験でも可能?資格は必要なのか

デザイナー業界への転職は、業界未経験でも可能です。必要な資格というのも、特にありません。

しかしながら、職種別の知識が無いと転職のハードルは上がります。

知識をつけるという意味では、資格取得を目指すのは非常に良いでしょう。資格については、狙う職種によって必要なものが若干異なります。

デザイナー業界へ転職するために役に立つ資格について、いくつかピックアップします。

色彩検定

色彩検定は、色に関する知識や技能を問われる試験です。

  • 1級
  • 2級
  • 3級
  • UC級(色のユニバーサルデザイン)

の4種類があり、受験資格は特にありません。

色彩の仕組みや色の使い方、デザインセンスが身につくので、どのデザイナー職にも適した資格になります。

資格取得の詳細については文部科学省後援 色彩検定のサイトをご確認ください。

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は、Web関連で唯一の国家資格です。

Webデザインやシステム構築などの知識や技能、実務能力を問われます。

  • 1級
  • 2級
  • 3級

3級は誰でも受験可能ですが2級以上は受験資格が定められています。

3級の合格率は60%から70%程度ですが、1級の合格率が10%台前半と非常に難易度が高い資格です。

資格取得の詳細については特定非営利活動法人 インターネットスキル認定普及協会のサイトをご確認ください。

インテリアコーディネーター

内装や家具などの知識を活かして、インテリアに関する適切なアドバイスができる人材かどうかを問われる資格です。

受験資格は特になく、誰でも受験は可能です。
一次試験と二次試験があり、両方合格して初めて資格が得られます。

合格率は20%台前半と難易度が高い分、インテリアコーディネーター業界では重宝される資格です。

資格取得の詳細についてはインテリア産業協会のサイトをご確認ください。

ここにあげた以外でも、めざす職種によって役立つ資格はあります。

事前の勉強だと思って、資格取得を目指すのも良い方法です。

デザイナー業界への転職に転職エージェントを利用すべき理由

デザイナー業界への転職活動において転職エージェントを利用するメリットについて2つ紹介します。

非公開求人がある

1つ目のメリットとして、転職エージェントは「非公開求人」を持っていることがあげられます。

非公開求人とは、サイト上では公開されていない求人です。非公開求人を出す理由は、企業によってそれぞれ異なります。

非公開求人を出す理由
  • 求人をかけている時間的余裕がない
  • 応募が殺到して負担にならないようにしたい
  • 極秘にしている案件に対する人材を募集したい
  • 早期退職を募集するため大々的に求人活動がしにくい

こういった非公開求人の内容は、転職エージェントからの紹介が無ければわかりません。非公開求人には大企業からの求人や、重要性・緊急性の高い求人が比較的多い傾向があります。

公開している求人と比較してみると、非公開求人の方が条件のよいものが多いです。

転職エージェントは、通常の転職情報サイトよりも求人数が多いという一面があります。

リクルート社が運営する転職エージェント「リクルートエージェント」と、転職情報サイト「リクナビNEXT」で比較してみると、令和3年9月時点でリクナビNEXTは約52,000件なのに対して、リクルートエージェントは全体で約315,000件と、圧倒的に求人数が多くなっています。

さらに、リクルートエージェントでは非公開求人が約187,000件と、総求人数の過半数です。

こうしてみてみると、非公開求人の数だけで転職情報サイトの総求人数を上回るほどの数値となっています。転職先の選択肢を増やすなら、転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

手厚いサポートを無料で受けられる

2つ目のメリットは、転職エージェントでは転職に関する手厚いサポートの多くを無料で受けられることです。

一部有料のサービスもありますが、基本的に利用は無料でできます。

転職エージェントでは、求職者に対してそれぞれアドバイスをくれる担当者がつき、転職活動のサポートをしてくれます。

具体的には、

  1. キャリアの棚卸しや転職活動の進め方をサポート
  2. 業界や職場環境など情報の提供
  3. 提出書類の添削や模擬面接など採用試験の手助け
  4. 企業への応募や推薦文の作成や面接日程の調整作業
  5. 入社日の調整や年収・待遇面の交渉
  6. 退職に伴う引継ぎなど庶務のアドバイス

などのさまざまなサービスが、会員登録すればほとんどの転職エージェントでは無料となります。

「なぜこれほどのサービスが無料なのか?」

このように思われる方も少なくないでしょう。一言で言うと、「転職エージェントは企業からの報酬によって運営しているから」です。

多くの転職エージェントでは、企業から求人依頼を受け、内定者が出たら成功報酬を受け取る、という仕組みになっています。

転職エージェントでは、企業の希望通りの人材を紹介できるように求職者をサポートし、内定がもらえるよう努力します。このような流れにより、転職エージェントを無料で利用できるようになっているのです。

会員登録は、ほとんどの転職エージェントでは無料です。無料だからと言って怪しまずに、思い切って登録してみましょう。

デザイナー業界に強い転職エージェントの選び方

それでは、デザイナー業界へ転職するときはどんな基準で転職エージェントを選べば良いのか、を見ていきたいと思います。

デザイナー業界の求人数

求人数が多いのは、転職エージェントを選ぶうえで大切なポイントとなります。

求人数が多いと、その転職エージェント限定の求人や、非公開求人を豊富に持っている可能性が高くなるということ。

求人数が多いというのは、自分の希望に合った求人に出会う確率が単純に高まり、選択肢が増えます。

求人数がければ多いほど良いのか、といえばそうではありません。しかし、目指す業界をある程度絞っている場合は、できるだけ求人数の多い転職エージェントを選ぶのが無難です。

デザイナー業界の転職サポート実績の多さ

デザイナー業界への転職実績の多さも、見逃せないポイントです。

転職エージェントには、それぞれ得意不得意の職種があります。デザイナー業界へのサポートが不得意な転職エージェントであれば、思うようなサービスは期待できないかもしれません。

今までの実績が多いというのは、その業界を得意とし、企業の求める人材を的確に紹介していると判断できます。企業との信頼関係も厚いと考えられ、それに合わせて優良求人が集まる可能性も高まります。

デザイナー業界に詳しい

デザイナー業界に詳しいというのも、転職エージェントを選ぶ上では無視できません。

デザイナー業界は非常に広範囲にわたっており、職種によって特徴や求められる人材などがバラバラです。転職エージェントでは、業界のあらゆる情報を総合的に集めているため、常に最新の状況を知ることができます。

また、今までの情報の蓄積を活かして、求職者に合った企業を紹介してくれます。業界の動向を調べながら条件に合った転職先を探すには、転職エージェントを活用すれば手間がかかりません。

デザイナー業界への転職でおすすめな転職エージェント

おすすめを紹介する前に、2種類の転職エージェントについて説明します。

転職エージェントには、総合型と特化型の2種類があります。

総合型転職エージェント

総合型の転職エージェントでは、業種や職種を問わず幅広い求人を取り扱っている

<メリット>
デザイナー業界こだわらずに、転職についての情報をたくさん集めたい方に向いている

<デメリット>
特定の業界についての専門知識が手薄

特化型転職エージェント

特化型転職エージェントでは、特定の業界に関連した求人のみを専門的に取り扱っている

<メリット>
情報量の多さが優れているため、業界についての専門的なアドバイスを得たい方に向いている

<デメリット>
求人数は総合型と比較すると少ない

どちらが良いか悪いか、という判断は一概にはできません。

総合型で幅広い情報を取得し、特化型で業界の専門知識を得るなど、総合型と特化型の転職エージェントを複数登録して転職活動を進めるのがよい方法です。

総合型のエージェント

doda

★特徴
  • 業界トップレベルの求人数
  • 実践的なアドバイス
  • 未経験者向けの求人が豊富

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営するサービスです。求人数は約10万件と、業界でもトップレベルの数値を誇ります。

アドバイザーについて悪い口コミが少なく、人によるあたりはずれの差が比較的少なく安心です。

全国30カ所に活動拠点を持ち、地方就職についてコンテンツを持っているなど、地方での求人にも力を入れています。

未経験者向けの求人も豊富にあり、新しい環境へ挑戦するには良い転職エージェントです。

転職活動で「doda(デューダ)」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ 「doda(デューダ)」は、転職する際に利用するべきおすすめの転職サイトとして必ずと言っていいほど名前が上がるサイトのため、利用したい...

doda 公式サイト

リクルートエージェント

★特徴
  • 圧倒的に多い求人数
  • 転職支援実績ナンバーワン
  • 非公開求人が多数

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する転職エージェントです。

総求人数は業界内でも圧倒的に多く、2021年9月時点で約315,000件、そのうちの約6割が非公開求人となっています。

デザイナー業界の求人も多く持っており、業界を問わずさまざまな情報が得られます。転職成功実績は累計で400,000人を超えており、転職のノウハウを豊富に持っているのも大きな魅力です。

業界内で職種を絞らないで幅広く転職活動を進める方には、特に向いています。

転職ならリクルートエージェントを利用すべき?評判や登録の流れもご紹介 そうお考えの方は少なくないでしょう。現在、Web上にはたくさんの転職支援サービスがあります。その中でも評判をよく聞くのが、業界大手...

リクルートエージェント 公式サイト

ワークポート

★特徴
  • 未経験歓迎の求人多数
  • IT業界専門のコンシェルジュが在籍
  • 無料講座などコンテンツが充実

ワークポートは、未経験者の支援に特徴をもつ転職エージェントです。IT・Web業界の転職に強みを持ち、大手にも引けを取らない求人数となっています。

IT専門の転職コンシェルジュが在籍しており、Web関連のデザイナーを探すなら特に安心して転職活動を進められます。アプリや無料講座などコンテンツが充実しており、転職未経験者にも優しい転職エージェントです。

転職活動で「ワークポート」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ 転職コンシェルジュによる手厚いサポートが受けられる人気の転職エージェント「ワークポート」。 転職する際、多くのユーザーが利用して...

ワークポート 公式サイト

デザイナー業界特化型のエージェント

ユウクリ

★特徴
  • デザイナー・クリエイターに特化
  • デザイナー出身のアドバイザーが在籍
  • 30年を超える転職支援実績

ユウクリは、株式会社ユウクリが運営するデザイナーやクリエイターに特化した転職エージェントです。

元々デザイナーで活躍していたメンバーや、人材ビジネスに精通したメンバーがキャリアアドバイザーとして在籍。

30年以上にわたる採用支援の実績と合わせて、それぞれの求職者に合わせたサポートを行ってもらえます。

ユウクリ 公式サイト

マスメディアン

★特徴
  • 運営は株式会社宣伝会議のグループ会社
  • 広告業界に精通している
  • 質の高い求人とアドバイス

マスメディアンは、マーケティングや広告業界に特化した転職エージェントです。

マーケティングの専門誌を発行している「株式会社宣伝会議」のグループ会社が運営しています。デザイナー業界だけの特化型ではないのですが、広告業界に非常に強く、デザイナーの求人も豊富です。

宣伝会議グループならではのネットワークを活かした質の高い求人が多く、求職者の希望に沿ったアドバイスをもらえます。

転職活動で「マスメディアン」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ マーケティング職やクリエイティブ職に特化した転職サービス、「マスメディアン」。 これらの業種への転職を検討している方や現在これら...

マスメディアン 公式サイト

マイナビクリエイター

★特徴
  • Web・ゲーム・IT業界専門の転職エージェント
  • 未経験者の求人が多い
  • ポートフォリオ作成を支援

マイナビクリエイターは、Web・ゲーム・IT業界専門の転職エージェントです。

新卒就職に強い株式会社マイナビが運営していることもあり、若年層や未経験の求人数が多くなっています。優良な中小企業の求人が多数あり、ここでしか見つけられない企業を発見できるのも魅力です。

デザイナー業界の転職で必要となるポートフォリオについて、作り方や添削など、コンテンツが非常に充実しているのが大きな特徴と言えます。

マイナビクリエイター 公式サイト

まとめ

この記事では、デザイナー業界の種類と特徴、デザイナーに向いている人と有利な資格、おすすめの転職エージェントについて説明しました。

デザイナーの業界は幅広く、少し特徴のある業界です。そのため、転職を成功させるためには情報収集が大切になります。

特化型・総合型を合わせて複数の転職エージェントを利用すると、活動がはかどるでしょう。転職エージェントをうまく活用して、理想の転職ができるように心から応援しております。