転職サイト・転職エージェント

転職エージェント「Dr.転職なび」は利用すべき?サービスの特徴や登録方法

医師のための転職エージェント「Dr.転職なび」は、専門のコンサルタントによるサポートを受けながら転職できる便利なサービスということもあって、利用したいと考えている方も多いかと思います。

ただ、どういったサービスかがイマイチよくわかっておらず、利用するかどうか迷ってしまっている方も多いはず。

そこでこの記事では、「Dr.転職なび」がどのような特徴を持った転職エージェントなのかについて紹介していきます。

転職活動で「Dr.転職なび」を利用するメリット・デメリット、ユーザーからの評価などについても紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

Dr.転職なびはどんなサービス?

Dr.転職なびは、医療業界向けの人材サービスを行っている「株式会社エムステージホールディングス」が運営している転職サービスです。

一般的な総合型の転職サービスとは異なり、医師の転職に特化したサービスとなっています。

特化型のサービスということもあって医療分野の求人情報が豊富に掲載されており、待遇の良い求人が見つかりやすいのが特徴です。

また、転職エージェント型の転職サービスで、プロのコンサルタントによる手厚いサポートを受けながら転職活動に取り組めるようになっています。

Dr.アルなびとの違いは?

同じ株式会社エムステージホールディングスが運営している転職サービスに、「Dr.アルなび」というものがありますが、Dr.アルなびは医師のアルバイトに特化した転職サービスです。

そのため、「Dr.転職なび」と「Dr.アルなび」の主な違いとしては、取り扱っている求人の雇用形態が異なる点があげられます。

正社員としての転職を目指すのであれば→「Dr.転職なび
アルバイトとして働きたいと考えているのであれば→「Dr.アルなび

転職活動でDr.転職なびを利用する3つのメリット

Dr.転職なびが気になっているのであれば、転職活動にDr.転職なびを利用するメリットについて確認しておくようにしましょう。

転職活動にDr.転職なびを利用する主なメリットとしては、

  1. 求人数が多い
  2. コンサルタントが全員資格持ち
  3. 転職後のサポートも充実

の、3点があげられます。それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

①求人数が多い

Dr.転職なびは医師の転職に特化した転職エージェントであるため、医療に関連する求人しか取り扱われていませんが、それでも数万件の求人情報が掲載されています。

2021年の10月時点で確認できる求人の数は13,317件ですが、多いときには25,000件以上の求人が掲載されている。

また、常に数百件単位で新しい求人情報が追加されているのも嬉しいところです。

この求人数の多さには、運営元である株式会社エムステージホールディングスが、サービスとしての信頼度が高く、多くの病院がこぞってDr.転職なびに求人を掲載しているからです。

信頼されていることで、他の転職サイトや転職エージェントでは取り扱われていないようなレアな求人や待遇の良い求人が数多く掲載されているのも、転職を検討している医師にとって嬉しいポイントの一つだと言えます。

求人票から読み解く企業の特徴|ブラック企業に入社しないために 求人票に記載されている内容 職業安定法によって、求人票に記載しなければならない内容が決まっております。 以下の内容...

②コンサルタントが全員資格持ち

Dr.転職なびに在籍しているコンサルタントは、全員が医療経営士の資格を保有しています。

「医療経営士」とは、医療と経営に関する十分な知識を有していることを証明する資格で、医療業界に精通している証。

いわば、医療業界のプロが在籍しており、そのプロにサポートしてもらいながら転職に取り組めるため、より待遇の良い転職先を紹介してもらいやすくなっています。

③転職後のサポートも充実

転職活動で一番大変なのは転職が決まった後です。今の職場に辞めることを伝えなくてはいけませんし、退職に伴う手続きも行わなくてはいけません。

また、新しい職場や仕事に慣れる必要もあります。

Dr.転職なびでは、現在の職場への退職の切り出し方や引き継ぎの行い方・取り組み方についてアドバイスしてくれますし、新しい職場で働き始めた後のフォローアップを受けることも可能です。

そのため退職でのトラブルが発生しずらく、新しい職場で安心して働き始められます。

Dr.転職なびの弱み

「Dr.転職なび」を利用する上でメリットと合わせて確認しておきたいのが、Dr.転職なびの弱みについてです。

弱みはそのサービスを利用する上でのデメリットになるため、転職活動に取り組み始めて後悔しないためにも事前にしっかりと確認しておくべきです。

Dr.転職なびの主な弱みとしては、

  1. 経営よりの求人を提案されることも
  2. コンサルタントの対応に差があることも

の、2点があげられます。それぞれの弱みについて詳しく解説していきます。

経営寄りの求人を提案されることも

転職活動に「Dr.転職なび」を利用するメリットの一つとして紹介させてもらったとおり、Dr.転職なびに在籍している経営コンサルタントは医療経営士の資格を保有しています。

医療経営士は経営の面からも病院のあり方を考える傾向にあります。

今の時代、医師としての腕が高いことはもちろん、経営にも携われるような医師が求められる傾向にあるため、そのことを理解しているコンサルタントは経営よりの求人を提案するわけです。

これはあなたの将来を考えてのことで、より転職が決まりやすくなるようにという意図を持ったありがたい提案ですが、あくまで医師としてのキャリアを高めていきたいと考えている方にとってはデメリットになってしまいかねません。

実際にサービスを利用し始めた後で少しでもその徴候が見られる場合は、今のところ経営に興味がないということをしっかりと伝えましょう。

コンサルタントの対応に差があることも

これは「Dr.転職なび」だけではなく、どの転職エージェントにも共通するデメリットですが、担当してもらうコンサルタントによって対応やサポートの質に差が生じてしまうことが多々あります。

Dr.転職なびのコンサルタントは全員が医療経営士の資格を保有しているため、ある程度の質は担保されていると考えられますが、対応が丁寧なコンサルタントもいれば雑なコンサルタントもいます。

コンサルタントとの相性が悪いと感じられる場合や対応がよくないと感じられる場合は、サポートに連絡し、担当者を変えてもらうようにしましょう。

Dr.転職なびはこんな人におすすめ

ここまで紹介してきたDr.転職なびのメリットと弱みを比較してみると、転職活動にDr.転職なびを利用するべき人としては、以下の医師の方です。

おすすめな人

  • 転職を検討している
  • 専門性の高いコンサルタントにサポートしてもらいたい
  • 経営にも携わりたい

ただ、Dr.転職なびは優良な転職エージェントでサービスの質も高いためおすすめできないケースはほとんどありません。

ですが転職エージェントというサービスの性質上、自分のペースで転職活動に取り組みたい方にはあまりおすすめできません。

というのも、Dr.転職なびに登録するとコンサルタントがつき、転職活動をサポートしてくれます。

そのため、求人の紹介などでコンサルタントから頻繁に連絡が来ますし、進みが悪いと進捗確認の連絡が来ることもあり、ストレスに感じてしまいかねないためです。

Dr.転職なびの登録方法と登録後の流れ

「Dr.転職なびを利用してみたい」と考えている方向けに、Dr.転職なびへの会員登録の方法と登録後の利用の流れについても解説いたします。

画像を交えながらわかりやすく解説していくので、ぜひ参考にしながら一緒に会員登録してください。

登録方法

以下のURLからDr.転職なびのWebサイトにアクセスし、会員登録をおこないましょう。

※画像はすべて、公式サイトURLから引用しています :https://tenshoku.doctor-navi.jp/

URLをクリックすると、Dr.転職なびのトップページが表示されます。

就職支援サービスのバナーをクリックしましょう。

会員登録に必要な情報の入力画面が表示されるので、必要な情報を入力・設定しましょう。

必要な情報を入力・設定し終えたら、「規約に同意して次へ」をクリックします。

入力・設定した情報の確認画面が表示されるので、入力・設定した内容に誤りがないか確認し、問題ないようであれば「登録する」をクリックしましょう。

これでDr.転職なびへの登録は完了となります。

登録後の流れ

先ほど紹介した方法でDr.転職なびへの会員登録が完了した後は、以下の流れで転職への取り組みを進めていくことになります。

  • キャリアカウンセリング
  • 求人情報の紹介
  • 応募
  • 選考
  • 面接
  • 内定

会員登録が完了した後は、まずコンサルタントによるキャリアカウンセリングが行われます。

Dr.転職なびでは、こちらが指定したスケジュールで指定した場所までコンサルタントが来てくれるので、わざわざ出向く必要がありません。

キャリアカウンセリングが完了したら、カウンセリングでヒアリングした内容をもとにコンサルタントが求人情報をリサーチし、こちらの希望した条件に合致するものを順次紹介してくれます。

紹介してもらった求人の中に気になる求人があれば、コンサルタントに伝えて応募してもらいましょう。

応募が完了した後は選考と面接が実施されますが、ここでもコンサルタントが手厚くサポートしてくれるので心配ありません。

面接の結果内定となれば、転職完了です。

Dr.転職なびを利用する際の注意点

実際にDr.転職なびで転職活動に取り組み始める場合、

  1. コンサルタントに任せっきりにならないようにする
  2. 転職先候補の病院の情報収集も忘れずにおこなう

の、2点に注意しなくてはいけません。それぞれの注意点について詳しく解説していきます。

①コンサルタントに任せっきりにならないようにする

医師として働きながら転職活動に取り組む場合、忙しくて時間が取れないため、ついコンサルタント任せになってしまいがちです。

求人情報のリサーチはもちろん、アドバイスなどをすべて鵜呑みにし、コンサルタントに言われるがままに進めてしまう方も少なくありません。

転職の主役はあくまでもあなた自身であるため、時間を見つけてなるべく自分でも求人情報をリサーチするべきです。

コンサルタントの意見を鵜呑みにするだけでなく、自分の意見や意思を伝えながら積極的に取り組みましょう。

②転職先候補の病院の情報収集も忘れずにおこなう

コンサルタントはあなたからヒアリングした内容をもとになるべくあなたが提示した条件に合う病院を紹介し、それらの病院の情報も積極的に提供してくれます。

しかし、コンサルタントが提供してくれる情報だけで病院のことを判断するのは避けるべきです。

その病院のWebサイトをチェックするのはもちろん、その病院を利用したユーザーの口コミなどもチェックした上で判断するようにしましょう。

口コミはその病院を利用した人の素直な意見が投稿されているので、特に重点的にチェックすべき。

検索ブラウザで「病院名 口コミ」と検索すれば口コミに関する情報がヒットするはずです。Google Mapに投稿されている口コミも参考になります。

時間と手間はかかりますが、転職が失敗してしまう確率を少しでも下げるためには積極的におこなっておきたい作業と言えるので、必ず実施するようにしてください。

まとめ

「Dr.転職なび」は医師の転職に特化した転職エージェントなので、転職を検討している医師の方であれば一度は目を通しておきたい転職サービスだと言えます。

掲載されている求人数は非常に豊富ですし、他の転職サイトや転職エージェントには掲載されていないような好待遇の求人情報も多数掲載されています。

何より、コンサルタント全員が専門の資格を保有している点はDr.転職なびならではのメリットです。

資格を保有し、業界に精通していることで質の高いサポートが受けられるようなっているため、転職が成功する可能性が高くなります。

転職を検討している医師の方は、ぜひ一度会員登録し、実際にサービスを利用されてみてはいかがでしょうか?

転職活動で「民間医局」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ 転職からアルバイトまで、医師向けの求人を取り扱っている転職サービス「民間医局」。 求人数が多く、利用者も多い定番の転職サービスと...
転職活動で「ジョブメドレー」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ 国内最大級の規模を誇る、医療・介護・保育に特化した転職サイト、「 ジョブメドレー」。 特に医療系の求人や介護系の求人の多さは業界...