転職サイト・転職エージェント

転職活動で「保育士コンシェル」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ

保育士の転職に特化した転職エージェント、「保育士コンシェル」

日本最大級の保育士求人転職サービスということもあって、気になっている方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、保育士コンシェルがどういった転職サービスなのかについて紹介していきます。

  1. 保育士コンシェルのサービス概要
  2. 保育士コンシェルを利用するメリット・デメリット
  3. 保育士コンシェルを実際に利用したユーザーの口コミ
  4. 保育士コンシェルの登録方法
  5. 保育士コンシェルを利用する際の注意点

深堀りして解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

保育士コンシェルはどんなサービス?

保育士コンシェルは、株式会社プログレートが運営している転職サービスです

株式会社プログレートは、システム開発などのシステムソリューション事業や保育支援事業などさまざまな事業を展開している東京の企業です。

★ポイント★
  • 保育士や幼稚園教諭の求人のみを取り扱う特化型の転職エージェント
  • 業界に精通したコンシェルジュが転職活動をサポートしてくれて顧客満足度が高い

コンシェルジュの質が高い転職エージェントとしても有名で、口コミでもその点を高く評価されていますし、顧客満足度も96%を超えています。

転職活動で保育士コンシェルを利用する3つのメリット

保育士コンシェルを利用し始める前にチェックしておくべきなのが、転職活動に保育士コンシェルを利用するメリットについてです。

転職活動に保育士コンシェルを利用する主なメリットとしては、以下の3点があげられます。

  1. 首都圏での保育業界への転職に強い
  2. 専属のコンシェルジュによる転職サポートが受けられる
  3. スピーディーな転職を実現できる

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

①首都圏での保育業界への転職に強い

保育士コンシェルには北海道から沖縄まで全国各地の求人情報が掲載されています。

その中でも特に充実しているのが、東京や神奈川など首都圏の求人です。

2021年の12月時点で保育コンシェルには4,451件の求人情報が掲載されていますが、9割以上が首都圏に集中しています。

保育コンシェル全体4,451件(2021年12月時点)
東京2,366件
神奈川849件
千葉351件
埼玉467件

また、これらは公開求人と呼ばれる会員以外も閲覧できるタイプの求人の件数で、非公開求人の件数は含まれていません。

そのため、非公開求人まで含めると、より多くの首都圏の求人が掲載されていることになります。

首都圏の求人がこれだけ充実している保育士向けの転職エージェントは数えるほどしかないため、東京や神奈川など首都圏で転職したいと考えている方はぜひチェックしておくべき転職エージェントだと言えるでしょう。

②専属のコンシェルジュによる転職サポート

保育士コンシェルに会員登録すると、専属のコンシェルジュがつき、あなたの転職活動をサポートしてくれるようになります。

転職サイトの場合は転職活動に付随するさまざまな作業を自分でおこなわなくてはいけませんが、保育士コンシェルではそれらの作業のほとんどをコンシェルジュが代行してくれます

例えば、転職活動において最も面倒で手間のかかる作業と言っても過言ではない求人情報のリサーチをコンシェルジュにお願いできますし、保育園など施設とのやり取りを任せることも可能です。

施設との条件交渉などデリケートな対応をコンシェルジュがおこなってくれる点も嬉しいポイントの一つだと言えるでしょう。

このように、コンシェルジュによるサポートが充実しているため、転職に慣れていない方や転職するのが初めてという方でも安心して利用できます。

現在働いていて転職活動に割く時間を確保するのが難しい方も、コンシェルジュを有効活用することで効率的な転職活動への取り組みが可能になります。

③スピーディーな転職を実現できる

保育士コンシェルで転職したいと考えている方の中には、すでに退職している方など、なるべく早く転職したいと考えている方も多いかと思います。

そういった方にとって嬉しいポイントと言えるのが、対応がスピーディーという点です。

転職エージェントの中には会員登録後なかなか連絡してこないようなエージェントもありますが、保育士コンシェルは、会員登録完了後24時間以内に連絡してきてくれます。

また、連絡完了後の対応もスピーディーで、すぐにカンセリングを実施してくれますし、求人の紹介もスピード感をもっておこなってくれます。

実際に、

短期間で転職できた

というユーザーの口コミも複数確認できました。

対応がスピーディーだと利用する側としてもストレスを感じませんし、不安にならず安心して転職に取り組めるので、非常に大きなメリットだと言えるでしょう。

保育士コンシェルの弱み

保育士コンシェルは魅力的なメリットの多い転職エージェントですが、弱みのない完璧な転職サービスというわけではありません。

保育士コンシェルの主な弱みとしては、首都圏以外の求人数が少ない点があげられます。

この保育士コンシェルならではの弱みについて詳しく解説していきます。

首都圏以外の求人数が少ない

転職活動に保育士コンシェルを利用する上でネックになるのが、首都圏以外の求人の少なさについてです。

保育士コンシェルで転職したいと考えている方の中には首都圏以外の地域で転職したいと考えている方も多いかと思います。

しかし、先ほど紹介したとおり保育士コンシェルは求人の9割以上が首都圏に集中してしまっているため、首都圏以外で理想の転職先を見つけるのが難しいと言わざるをえません。

中には掲載されている求人が10件以下になってしまっている地域もありますが、10件以下の求人の中から理想の職場を探すのはほぼ不可能です。

上記の件数は公開求人のみの件数で、非公開求人を含めた場合、求人数が増える可能性はありますが、それでも首都圏以外の求人が少ないという点に変わりはありません。

地方の方が保育士コンシェルを利用する際は、自分が転職したいと思っている地域の求人数や内容を一度チェックした上で利用するかどうかを決めるべきだと言えるでしょう。

転職活動で「ジョブデポ」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ 医療や介護、保育に特化した転職エージェント、「ジョブデポ」。 医療業界や介護業界、保育業界への転職を検討している方の中にはジョブ...

保育士コンシェルはこんな人におすすめ

ここまで紹介してきた保育士コンシェルのメリットと弱みを比較してみると、転職活動に保育士コンシェルを利用するべき人としては、以下のような方があげられます。

おすすめな人

  • 首都圏で転職したいと考えている人
  • 質の高いサポートを受けながら転職したい人
  • なるべく早く転職先を決めたい人

保育士コンシェルには全国各地の求人情報が掲載されています。

ただ、取り扱われている求人のほとんどが首都圏に集中しており、首都圏の転職に強いという強みがあるため、首都圏で転職したいと考えている方にこそおすすめしたいサービスです。

保育士コンシェルに会員登録した場合、保育業界に精通した専属のコンシェルジュがつき、転職活動をサポートしてくれるので、サポートしてもらいながら効率よく転職したい方にもおすすめだと言えます。

また、スピーディーな転職支援を売りとしている転職エージェントでもあるので、なるべく早く転職したいと考えている方にもおすすめだと言えるでしょう。

一方、以下に当てはまるという方には、あまりおすすめできません

おすすめできない人

  • 首都圏以外で転職したいと考えている
  • マイペースに取り組みたい

先ほども紹介したとおり保育士コンシェルは首都圏に求人が集中しており、首都圏以外の地域だと求人がほとんど掲載されていないケースもあるので、首都圏以外での転職に適しているとは言えません。

また、コンシェルジュがついて手取り足取りサポートしてくれるタイプのサービスであるため、自分のペースで転職活動に取り組みづらいという側面もあります。

そのため、マイペースに取り組みたい方にもおすすめしにくいサービスだと言えるでしょう。

転職活動で「ほいく畑」は利用すべき?特徴まとめ 保育士・幼稚園教諭の求人に特化した転職エージェントサービス、「ほいく畑」。 保育業界への転職を検討している方の中には、 ...

保育士コンシェルを実際に利用した人の評判・口コミ

保育士コンシェルを実際に利用したことがあるユーザーが投稿している評判や口コミも、事前にチェックしておきたい情報の一つです。

実際に保育士コンシェルを利用したユーザーが投稿している口コミは、良い口コミにしても悪い口コミにしても非常に参考になります。

インターネット上に投稿されている保育士コンシェルの口コミの中から特に参考になりそうなものをいくつかピックアップしてみました。

保育士を専門とするサイトですが、栄養士に対してしっかり対応していただけてうれしく思います。面接に同行していただけてとても心強かったです。

引用元:https://job.hoikushiconcier.com/contents/user/

丁寧な対応でとても親身になってくださいました。自分1人だけではここまでスムーズにできませんでした。希望通りの職場が見つかって良かったです。

引用元:https://job.hoikushiconcier.com/contents/user/

役職のある仕事を希望していて、それに特化した人材紹介会社様で、明確に転職活動することができました。

引用元:https://job.hoikushiconcier.com/contents/user/

これらは、保育士コンシェルで転職を成功させた方が投稿している口コミの一部です。

今回リサーチした中で悪い口コミは一つも見つかりませんでした。

このことからも、保育士コンシェルがユーザーから高く評価されている転職エージェントであることがわかります。

良い口コミの内容としては、

転職先が決まった

丁寧に対応してもらえた

心強かった

という意見が多かったです。

また、最後の口コミのように、役職者として転職できたという口コミ投稿されていました。

保育士コンシェルの登録方法と登録後の流れ

保育士コンシェルを利用したいと考えている方向けに、保育士コンシェルへの会員登録の方法と登録後の利用の流れについても解説いたします。

画像をまじえながらわかりやすく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

登録方法

保育士コンシェルで転職するには、まず会員登録しなくてはいけません。

保育士コンシェルのWebサイトにアクセスし、会員登録をおこないましょう。

※画像はすべて、公式サイトURLから引用しています :https://job.hoikushiconcier.com/

保育士コンシェルのトップページが表示されるので、「30秒簡単登録」をクリックしましょう。

持っている資格について回答し、「次へ」をクリックします。

転職時期について回答し、「次へ」をクリックします。

希望する働き方について回答し、「次へ」をクリックしましょう。

名前や生まれ年について回答し、「次へ」をクリックします。

連絡先と郵便番号について回答し、「次へ」をクリックします。

メールアドレスを入力し、「次へ」をクリックしましょう。

連絡を希望する時間帯について回答し、「個人情報の取り扱いについて」を確認します。

確認した上で内容に問題がなければ、「送信する」をクリックしましょう。

以上で保育コンシェルへの会員登録は完了となります。

登録後の流れ

保育士コンシェルへの会員登録が完了した後は、以下のような流れで転職活動を進めていきます。

  1. コンサルタントによるヒアリング
  2. 求人情報の紹介
  3. 職場見学
  4. 応募
  5. 面接
  6. 内定
  7. 入職

保育士コンシェルは転職エージェントなので、コンサルタントにサポートしてもらいながら進めていきます。

まずはコンサルタントにヒアリングを実施してもらわなくてはいけません。

これまでの経験や今後のキャリアプラン、転職先に希望する条件などについてのヒアリングがおこなわれるので、正直に回答しましょう。

ヒアリングが完了したら、ヒアリングの内容を元にコンサルタントが求人情報をリサーチし、あなたに合いそうな求人が見つかり次第紹介してくれます。

複数紹介されることもあるので、紹介してもらった求人をしっかりとチェックし、応募したいと思えるものがあればその旨をコンサルタントに伝えましょう。

希望すれば、応募の前に職場を見学することもできます。

応募が完了したら、いよいよ面接です。

条件交渉もおこなえるようになっていますが、条件交渉についてはコンサルタントが対応してくれるので心配ありません。

面接と条件交渉の結果、見事採用となれば、入職して転職完了となります。

保育士コンシェルを利用する際の注意点

実際に保育士コンシェルを利用し始める上で注意しなくてはいけないのが、以下の2点です。

  1. 非公開求人を紹介してもらえるのは会員のみ
  2. 派遣社員の求人が少ない

それぞれの注意点について詳しく解説していきます。

非公開求人を紹介してもらえるのは会員のみ

保育士コンシェルでは2021年の12月時点で4,000件ほどの求人情報が公開されていますが、この数は決して多くありません。

ただ、上記の件数は公開求人のみの件数で、非公開求人の件数も含めるとかなりの数になります。

非公開求人は希少性が高く条件の良い求人が多いという側面があるため、非公開求人を取り扱っている点は保育士コンシェルの魅力的なポイントの一つだと言えるでしょう。

しかし、そこで注意しなくてはならないのが非公開求人の取り扱いについてです。

非公開求人の情報は会員登録したユーザーにしか公開されておらず、会員登録していない状態では情報を閲覧することができませんし、紹介してもらうこともできません。

そのため、会員登録せずにとりあえず情報収集目的で利用したいと考えている方は注意が必要だと言えます。

派遣社員の求人が少ない

保育士コンシェルの検索メニューには、4つの雇用形態の選択肢が用意されています。

  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣社員
  • パート・アルバイト

そのため、保育士コンシェルの利用を検討している方の中には派遣社員として転職したいと考えている方もいるかと思いますが、派遣社員の求人は数が少ないため注意しなくてはいけません

実際、2021年の12月時点で掲載されている派遣社員の求人は一件もありません。

こちらは公開求人のみの検索結果ですので非公開求人を含めると派遣社員の求人情報がヒットする可能性はありますが、公開求人で一件もヒットしないことを考えると、非公開求人でヒットしたとしても件数はかなり少ないと予想されます。

派遣社員として転職したいと考えている方は、保育士コンシェルではなく派遣社員への転職に強い転職サービスの利用を検討するべきだと言えるでしょう。

転職活動で「ウィルオブ(旧セントメディア)」は利用すべき?特徴まとめ 2019年の10月にセントメディアからサービス名を変更した求人サイト、「ウィルオブ」。 一部上場企業の子会社が運営している有名な...

まとめ

保育業界の求人に特化した転職エージェント「保育士コンシェル」について紹介してきました。

保育士コンシェルは取り扱っている求人のほとんどが首都圏に集中しているためすべての転職希望者におすすめできるわけではありません。

しかし、魅力的な求人が多いので、首都圏で保育業界への転職を考えている方であれば積極的に利用するべきです。

非公開求人も取り扱っているので、他の転職サービスでは出会えないような高条件の求人が見つかる可能性も高いと言えます。

また、保育業界への転職のことを知りつくした専属のコンシェルジュのサポートを受けながら転職できるため、効率的に転職活動に取り組めるというメリットもあります。

サービスを利用するには会員登録をおこなう必要がありますが、登録は2~3分で簡単におこなえるようになっているので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか?