転職コラム

転職はいつするべき?転職に最適な時期と年代別のベストなタイミング

転職を考えてはいるものの、いつ始めるべきかがわからずなかなか着手できずにいる

という方は多いかと思います。

転職する上で多くの転職希望者が頭を悩ませることになる転職のタイミングについてですが、そもそも転職し始めるのにベストな時期やタイミングはあるのでしょうか?

そこでこの記事では、転職したいと考えている方向けに、転職のベストなタイミングについて紹介していきます。

転職に最適な時期や年代別のベストなタイミングなど詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

転職に最適な時期

転職を検討している場合、第二新卒者であれば4月入社、第二新卒者以外の方は10月入社を狙って転職活動に取り組むのがおすすめです。

それぞれ、「なぜその時期を狙って転職するべきなのか」について詳しく解説していきます。

第二新卒者は4月入社を狙うのがおすすめ

25歳以下の第二新卒者は、新卒の新入社員と同じタイミングで入社できる4月入社を狙って転職活動に取り組むのがおすすめです。

企業は4月入社と10月入社という2つのタイミングで転職者を受け入れていますが、4月入社には、

  • 新卒
  • 既卒
  • 第二新卒

などに該当する若い人材が集まりやすくなっており、10月入社の枠には中途採用枠に該当する人材が集まりやすくなっています。

第二新卒の転職希望者は早い時期に退職してしまったというハンデがあるとは言え、社会人経験があるので、新卒や既卒に比べて転職を有利に進めやすくなっています。

一方、10月入社を狙うと、実績や経験が豊富な中途採用枠に該当する転職希望者と採用を争うことになるため不利になってしまいかねません

4月入社であれば、新卒や既卒など同じ世代と一緒に研修を受けられたり同期として仲良くなりやすいというメリットもあります。

第二新卒の転職事情と、20代に強い転職サイト・転職エージェント 学校卒業後に就職活動をする場合、大きく「第二新卒」と「既卒」の2種類に分けられますが、このうち第二新卒は、企業からの需要が高くなってい...

第二新卒者以外は10月入社を狙うのがおすすめ

25歳以上の第二新卒に該当しない転職希望者は、4月入社ではなく10月入社を狙って転職するのがおすすめです。

4月入社だとどうしても25歳以下の若い人材が多くなり、歳が離れすぎていると疎外感を感じてしまいかねません。

また、中途採用枠に該当する方の場合、ビジネスマナーなど社会人としての基本的なスキルは身についているかと思います。

しかし、企業によっては4月入社の方にはビジネスマナーなど基本的な研修が用意されている可能性もあり、若い世代の人材と一緒に入社すると基本的な研修も一緒に受ける必要が出てきてしまうのです

ただ、4月入社の時期は一年で最も求人が充実する時期でもあるため、10月入社ではなく4月入社を狙うのもアリです。

社会人が転職したいと考えることが多い6つのタイミング

社会人の方が転職を検討し始めるタイミングは人それぞれですが、共通するタイミングもいくつかあります。

社会人が転職したいと考えることが多い6つのタイミングについて詳しく解説していきます。

「転職するべきか迷う…」という方必見!転職の迷いを断ち切る3つの方法! 転職したいと思いつつもなかなか転職できずにいる方の多くが、本当に転職するべきかどうかで迷っている状態だと思います。 転職するべき...

1. ある程度経験を積み、スキルが身についてきたとき

しばらくの間同じ会社で働いていると、さまざまなことを経験できますし、さまざまなスキルが身につきます。

新卒として入社した会社では、普段の業務としておこなうことすべてが経験になり、基本的なビジネススキルも身につけることができます。

また、しばらく働いて仕事に慣れてくると、よりさまざまなことに挑戦できる機会が増えるので、その業界特有のスキルが身につくようになるはずです。

経験を積んで仕事に慣れ、スキルが身について自分に自信が出てくると、自然と転職を考えるようになります。

2. 他の業界で新しいことに挑戦したいという思いが強くなってきたとき

今働いている業界がもともと興味を持っていた業界や好きな業界だとしても、実際に働いてみるまでどういった業界かはわかりません。

実際に働いてみて、

こんな業界だったんだ…

と落胆することもあるでしょう。

とにかく採用してほしいという思いから、特に興味があるわけでもなかった業界を選んで就職した場合であればなおさらです。

今の仕事に不満を感じていたり自分の将来に不安を感じている場合、新しい業界に挑戦したいと感じるようになり、転職を意識し始めます。

また、就職を決めるために興味のない業界に進んだ場合、もともと興味を持っていた業界に進みたいという気持ちが強くなり、キャリアチェンジのために転職を意識するようになります。

3. 結婚や出産など家族が増え生活が大きく変わったとき

社会人経験が長くなると、仕事にも慣れて余裕が生まれるようになり、プライベートも充実していく方も多いでしょう。

結婚や出産など人生における大きな転機を迎える時期も、転職を考えるタイミングの一つです。

例えば、結婚によって住む場所を変えなくてはいけなくなった場合は強制的に転職しなくてはいけません。

また、家族が増えることで

もっと稼がないと…

という思いから転職を考える人もいます。

4. 人事異動の時期

人事異動によって部署を移動させられ、これまでとはまったく異なる仕事をしなくてはいけなくなった場合も、多くの人が転職を検討し始めます。

これまで慣れ親しんできた部署から離れることになった場合や、転勤で知らない土地で働くことになった場合も転職を考える方が多くなる傾向があるようです。

サラリーマンに人事異動はつきものですが、

仕事の内容や住む場所が大きく変わるのは耐えられない…!

と感じる方は多いようです。

5. 新卒や中途採用で新しい社員が入ってきたとき

人事異動での転職同様、少しネガティブな理由での転職ですが、新卒や中途採用で新しい社員が入ってきたタイミングで転職を考える人も多いようです。

新しい人が入ってくるとどうしてもコミュニケーションの部分で不安が生じてしまいます。

部下や後輩だけでなく、苦手なタイプの人が上司になった場合、転職を考えてしまうのも無理ありません。

人間関係は企業におけるトラブルや悩みの種なので、人間関係が大きく変わる新入社員が入社するタイミングで転職を考えるケースが多くなっています。

また、新しい人が入ってきて仕事の引き継ぎが容易になり、辞めやすくなったため転職を検討し始めたというケースもあります。

6. 会社の方針が大きく変わったとき

最近は時代の変化が早いため、会社の方針やビジネスの内容が変わることも珍しくありません。

しかし、その会社の方針転換に納得できない場合やついていけないと感じる場合、転職を意識し始めます。

方針転換によって仕事の内容や待遇が変わるケースも少なくないため、転職を希望する方が増えるのも当然と言えるでしょう。

方針転換によって会社の将来性に不安を感じ、転職を考え始める人もいます。

年代別の転職にベストなタイミング

転職にベストなタイミングを考えるときに意識しなくてはいけないのが、「自分の年齢」です。

転職にベストなタイミングは年代によって異なるため、転職を成功させたいのであれば、それぞれの年代に合ったベストなタイミングで転職活動を始めるべきです。

年代別の転職にベストなタイミングについて詳しく解説していきます。

20代の転職にベストなタイミング

20代の転職にベストなタイミングは、第二新卒に該当するかどうかで異なります。

第二新卒に該当する25歳以下の方の場合、あまりに早いタイミングで転職してしまうと、

  • 忍耐力のない人
  • すぐに投げ出す人
  • 長続きしない人

というレッテルを貼られてしまいかねません。

そのため、今勤めている会社に入社してから数ヶ月で転職するなど、あまりに早いタイミングでの転職は避けるべきです。

最低でも1年以上、可能であれば3年は今の会社に勤めたという事実を作ってから転職するべきでしょう。

一方、第二新卒ではなく中途採用の枠に該当する25〜29歳の転職希望者は、応募書類や面接でアピールできる実績を作ってから退職するべきです。

中途採用枠に該当する人材として転職する場合、社会人としての、

  • 知識
  • スキル
  • 経験
  • 実績

などが求められる傾向にあります。

それらのアピールポイントの中でも特に大きな武器となり得るのが「実績」です。

前職でこういった実績をあげました

とアピールすることができれば、

うちでもそういった実績をあげてくれるのではないか

と評価してもらえるようになるため、採用を勝ち取りやすくなります。

知識やスキルは同じような業界への転職にしか活用できませんが、実績はどの業界への転職でも大きな武器になるので、実績を用意した上で転職するようにしましょう。

第二新卒に強いおすすめ転職サイト5選!サイト選びのポイントや転職成功のコツも解説 転職サイトには「総合型」と「特化型」がある 第二新卒の方が転職の際に使うことが多い転職サイトには、「総合型」と「特化型」...
転職したい20代必見!20代の転職を有利に進めるために役立つ知識 「若さ」を活かしながら転職活動に取り組むことができる、20代の転職。 転職の理由は人それぞれですが、実際に転職のことが頭をチラつ...

30代の転職にベストなタイミング

30代の方はできるだけ早く転職するべきです。

30代になると20代以上の能力や経験が求められ、実績も求められるようになります。

年を重ねるほど求められる能力や実績のハードルが高くなっていき、採用を勝ち取るのが難しくなります

30代後半になると管理職への登用を見据えた採用になる可能性が高くなるため、マネジメント能力などが求められるようになります。

今の職場で経験を積んで実績を出し、それらを武器によりよい条件で転職するという選択肢もあります。

しかし、いずれにしても30代の転職はなるべく早いタイミングで始めるのがベストですので、思い立ったタイミングで動き出すようにしましょう。

転職したい30代必見!30代の転職を有利に進めるために役立つ知識 これまでの社会人生活で得た知識やスキル、経験などを活かしながら、さらなるキャリアアップを見据えて取り組む人も多い30代の転職。 ...

40代以降の転職にベストなタイミング

40代以降の転職も、なるべく早いタイミングで転職活動をスタートさせることをおすすめします。

40代以降になると、企業側もそれなりのポジションで採用することを検討するようになるため、採用するかどうかの判断をより慎重におこなうようになっていきます。

また、年齢に見合った報酬で迎え入れる分、求められる能力も高くなります。

年を重ねれば重ねるほどそのハードルは高くなるので、今以上にハードルが高くなる前に転職に着手するようにしましょう。

転職したい40代必見!ミドル世代の転職を有利に進めるために役立つ知識 より良い報酬やポジションを目指して転職する人が増える40代の転職。 実際に転職を考えている40代の方も多いのではないでしょうか?...

タイミングを意識しすぎるのもNG

転職を成功させたいのであればなるべくいいタイミングで転職活動をスタートさせるべきです。

しかし、タイミングはあくまでも転職を成功に導く要素の一つでしかないため、タイミングに振り回されるのもよくありません

タイミングを意識しすぎると、タイミングを気にするあまり転職をスタートさせるのが遅くなってしまう可能性があります。

また、理想の職場の求人を見逃してしまう可能性もあるでしょう

企業は4月入社と10月入社に向けて人材の募集を開始すると紹介してきましたが、それはあくまでも一般的な話であり、それ以外の時期に募集を出す企業も多くあります。

4月入社や10月入社だけを意識しすぎてしまうと、理想的な職場の求人を見逃してしまう可能性があるため、転職を考えたら求人は常にチェックするようにしましょう。

最適なタイミングで転職活動をスタートさせることも大切ですが、それがすべてではないので、タイミングを意識しすぎてしまわないよう注意しましょう。

まとめ

ベストなタイミングで転職したいと考えている方向けに、転職のタイミングについて深堀りして紹介してきました。

転職には最適な時期があり、第二新卒者であれば4月入社、そうでない方は10月入社を狙って転職に取り組むことをおすすめします。

また、転職のベストタイミングは年代によっても異なるので、今回紹介した内容を参考にしながらご自身の年代にあったタイミングで転職活動をスタートさせるようにしましょう。

ただ、タイミングを気にしすぎる必要はありません。

ベストなタイミングで…

と考えるあまり、理想的な職場の求人を見逃してしまっては意味がありませんので、思い立ったタイミングで動き出すようにしてください。