職種別転職サービス

物流業界に転職・キャリアアップを目指す時にオススメの転職エージェント

「物流業界への転職を考えているが、どうやって転職活動を始めればよいかわからない」

そのようにお悩みの方は、結構多いかもしれませんね。

結論から申し上げると、物流業界への転職活動には転職エージェントの利用がおすすめです。

この記事では、

  1. 物流業界の特徴や仕事内容
  2. 物流業界で必要な資格やスキル
  3. 物流業界に向いている人
  4. 転職エージェントを利用すべき理由
  5. 転職エージェントの選び方
  6. おすすめの転職エージェント

について説明します。

ぜひ最後まで読んでみて、転職活動に活かしてみてくださいね。

物流業界の特徴・仕事内容

まず、物流業界の特徴と仕事内容について説明します。

特徴

「物流」とは、物を運ぶ仕事全般を指します。

物を運ぶ仕事というと輸送の部分だけに目が行きがちですが、物流業界の仕事は輸送だけではありません。

保管

荷主からの荷物を倉庫に保管する業務です。

  • 荷物によって最適な温度管理
  • 輸送時期の調整

など、適切な方法で品質管理することが重要です。

荷役

  • トラックなどの輸送機関への荷物の積み込みや積み下ろし
  • 倉庫の出庫・入庫作業

の対応をします。

輸出入品に関する通関業務も荷役作業の一部です。

流通加工

  • ラベル貼り
  • 値札つけ
  • 商品セット

など、商品に加工をする業務となります。

包装

破損の恐れのあるものなどを、梱包材や包装材で包む作業を行います。

輸送・配送

  • 航空機
  • 船舶
  • 鉄道
  • 自動車

などを使い、荷物を輸送機関で運ぶ作業です。

一般に、物流拠点まで運ぶことを「輸送」、物流拠点から最終目的地まで運ぶことを「配送」と呼んでいます。

情報管理

  • 輸送中の荷物の追跡
  • 運送経路・運送状況の記録や管理

をする業務です。

データ化して分析することで、輸送品質の向上を目指します。これら6つの業務内容を総合したものが、「物流業務」です。すべての業務を一手に担う企業もありますし、一部だけを負担する企業も存在します。

物流業界は、燃料の高騰や人手不足など物流業界の抱える問題や、一部自動化の進んでいる部分もあります。しかしながら、その仕事自体がなくなるのはまずない業界だといえるでしょう。

仕事内容

物流業界の仕事内容は、大きく3つに分けられます。

①営業

主に法人を相手に、輸送手段や保管方法などの提案をして、物流の課題を解決に導く仕事です。

自社でできるサービスは何か、どれだけクライアントにとってメリットを与えられるかを訴求して契約につなげます。

②管理・オペレーション

荷物の入出荷や保管など、業務の管理をする仕事です。

  • ルートのチェック
  • 輸送・配送の手配
  • 梱包
  • 検品
  • 仕分け
  • ピッキングの管理

など、仕事内容は多彩になっています。

最近では機械の導入で自動化が進んでいる部門もあるので、その管理もあわせて対応します。

③ドライバー

荷物を実際に輸送・配送するスタッフを指します。入出荷する荷物の輸送・配送や集荷を主に担当します。

輸送手段は航空機・鉄道・海運などさまざまですが、「ドライバー」は自動車を使って陸運する人を指すのが一般的です。

その他にも事務や経理、倉庫作業員などさまざまな仕事があります。物流業界への転職を考えている方は、仕事内容についてもある程度知っておくと転職時に役立ちますよ。

物流業界への転職に必要・有利な資格やスキル

物流業界への転職には、必要な資格やスキルはあるのでしょうか。持っていると有利になる資格について、6つピックアップしてみました。

倉庫管理主任者

倉庫業を営む業者は、倉庫業法によって倉庫管理責任者の選任が義務付けられています。

倉庫管理主任者に専任されるには、倉庫管理業務に関して3年以上の実務経験、もしくは指導・監督役として2年以上の実務経験が必要です。

実務経験のない場合は、講習を受講し終了すれば選定要件を満たせられます。講習を受ければ取得できるので、比較的手軽な資格となっています。

ロジスティクス管理・ロジスティクスオペレーション

ビジネスキャリア検定の一分野としてある公的資格です。

ロジスティクス管理
  • 企画
  • 生産
  • 販売計画
  • 在庫状況の管理業務

の管理業務

ロジスティクスオペレーション
  • 荷役
  • 保管
  • 包装
  • 流通加工
  • 輸送配送

の管理業務

どちらも2級・3級とあり、受験資格は特にありません。

運行管理者

運行管理者は、自動車運送業者は営業所に配置を義務付けられている国家資格です。

ドライバーの乗務記録の管理や、安全な運行を実現するための指導などが主な業務になります。

資格取得には

  1. 「国家試験に合格する」
  2. 「実務5年、講習受講5回以上」

条件を満たしていなければなりません。

試験には受験資格があり、「実務経験1年以上」もしくは「講習を受講して修了している」が条件です。

合格率は約30%となっています。

危険物取扱者

危険物を取り扱う際に必要になる国家資格です。

ガソリンなどを取り扱う企業では、必要になる場合があります。甲類・乙類・丙類があり、資格によって取り扱いできる危険物が変わります。

甲類を持っていればすべての危険物の取り扱いができますので、必要になる職場では重宝されるでしょう。

各種運転免許

自動車・トラックを運転するために必要になります。

総重量で準中型は7.5t未満、中型は11t未満、大型は11t以上の車の運転が可能です。

これ以外にも大型特殊免許や、けん引免許があります。大型免許やけん引免許を持っている人数が少なく、輸送や運送をする企業への転職では大きな武器になります。

免許を取るには教習所に通うのが一般的です。それぞれの免許によって、取得できる条件に違いがあるので注意しましょう。

フォークリフト運転技能者

倉庫などの現場で、フォークリフトを扱うためには必須の資格です。

資格には2種類あり、「フォークリフト運転業務に関わる特別教育」の資格では最大積載荷重1t未満しか運転できませんので注意が必要です。

フォークリフト運転技能者を取得するには、31時間(普通自動車免許を持っていなければ35時間)の講習の受講が必要になります。

物流業界への転職は、必須になる資格はとくにありません。どなたでも転職は可能ですが、これらの資格を持っていれば転職活動では有利になるでしょう。

物流業界に向いている人

どのような性格の人が、物流業界にとくに向いているのでしょうか。

責任感があり丁寧な人

ミスをせずに仕事を回すためには、丁寧で正確に作業をする必要があります。

荷物を扱う際に、仕分けやラベルにミスがあれば会社の信用問題に発展しかねません。雑に荷物を扱えば、破損や変形にもつながります。

細かい作業でも責任感を持って丁寧に仕事に取り組める人は、物流業界に向いているでしょう。

協調性がある人

物流業界では、周囲とのチームワークやコミュニケーションが欠かせません。

他部署との意思疎通や現場の調整など、他人との連携が必要になる場面は非常に多いです。周囲を常に気にしながらチームプレーのできる人は、物流業界に向いているといえます。

論理的思考ができる人

物流業界では、物の流れや作業などをいかに効率化できるかを追求していくのが必要です。

感覚的な部分に頼るのではなく、ロジカルな考え方でそれらを解決していける方は、物流業界に向いているでしょう。

データを分析してその中身を分解し、最適な答えを組み上げていく力が物流業では求められます。それを苦にせず楽しめるような方は、問題なく物流業界で働いていけるでしょう。

もちろん、これらの性格を持っていなくても物流業界に転職はできます。「自分には足りていないな」と感じた方は、これらを意識して仕事をすれば問題なく物流業界でやっていけるはずです。

物流業界への転職に転職エージェントを利用すべき理由

物流業界への転職は、個人で情報を集めて進める方法だけではなく、転職エージェントを利用するという方法があります。

物流業界への転職には、転職エージェントの利用がおすすめです。その理由について、いくつか挙げていきます。

圧倒的な求人数

転職エージェントの求人数は、他の一般的な転職サイトと比較してみると非常に多くなっています。

同じリクルート社が運営する転職サイトでも、数値の差は明らかです。

求人数
  1. リクルートエージェント(転職エージェント) 約354,000件
  2. リクナビNEXT(転職サイト) 約52,000件

(令和3年12月現在)

求人数が多いというのは、求職者にとって非常に魅力的に映るのではないでしょうか。

非公開求人を持っている

転職エージェントは、「非公開求人」という特別な求人を持っています。

非公開求人とは、企業側のさまざまな思惑によってサイト上に公開されていない求人です。例として、下記のような理由があげられます。

求人が非公開となる理由
  • 応募者の殺到を避けて採用担当の負担を減らしたい
  • 豊富な経験や専門的なスキルを持っている人材を募集したい
  • 急な求人で、募集をかけている時間的余裕がない
  • 新規事業や極秘案件にかかわる求人なので、採用計画を外部にもらしたくない
  • 面接する人材を絞って採用にかける時間を減らしたい

非公開求人には採用の条件のよいものが多く、大企業からの求人も見受けられます。

これらを紹介してもらうためには、転職エージェントの担当者経由という方法をとらなければなりません。

業界や企業の情報

転職エージェントでは、常に業界や企業に関する最新の情報を収集しています。

企業とのパイプを持っていますので、個人的に集めるだけでは知りえないような裏情報がある場合も。

個人で情報収集するよりも圧倒的に情報量が多いので、それを共有してもらえば転職活動の大きなメリットとなります。

書類添削、面接対策

自力で進める転職活動では、書類作成や面接対策はすべて自分で行わなければなりません。

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書などの書類を添削してくれるサービスがあります。面接に関しては模擬面接の実施や面接のコツを教えてもらえるなど、さまざまなサポートを受けられます。

書類提出や面接日程の調整も転職エージェントが代行してくれるなど、転職活動だけに注力できる体制をとれるのが魅力です。

交渉の代行

年収や待遇面、出社日の交渉などは、なかなか個人では思うようにできない場合があるでしょう。

転職エージェントでは、このような条件交渉についても求職者に変わって対応してくれます。内定後の不安な交渉を代行してくれるのは、転職に不慣れな方にとっては非常にありがたいサポートです。

こういった数々のサポートやサービスを、転職エージェントに登録すれば利用できます。多くの転職エージェントでは、サービスの利用に費用がかかりません。

ぜひ転職エージェントを利用して、活動を進めてみてくださいね。

物流業界に強い転職エージェントの選び方

物流業界に強い転職エージェントは、どのようにして判断すればよいのでしょうか。

物流業界の求人数

求人数の多さは、転職活動を進める上で非常に有利です。

求人が多いというのは、単純に選択肢の多さにつながります。選択肢が増えた分、自分の希望に合った企業に出会える可能性がアップします。

求人数の多さが、すべてメリットにつながっているわけではありません。しかしながら、選択肢の多さは転職活動の助けになるのは間違いないでしょう。

物流業界の転職サポート実績の多さ

転職サポート実績の多さも、注目すべき点になります。

希望の業界への転職実績があまり思わしくない転職エージェントでは、希望に合っている企業の紹介が無いかもしれません。

サポート実績の多さは、紹介数の多さや転職ノウハウの多さにつながります。大きな実績を積み重ねている転職エージェントを選ぶことで、スピーディな転職活動を進めていけるでしょう。

物流業界に詳しい

業界に詳しい、というのも重要な点になります。業界に詳しいというのは、常にその業界にアンテナを張って情報収集していることを意味します。

また、転職先の企業とのつながりも期待できるでしょう。業界の動向をつかみながら転職活動を進めるならば、この点は無視できない部分になります。

これらの条件を合わせ持った転職エージェントを選べば、スムーズに転職活動を進められます。

なかなかそのような情報がわかりにくいとお考えの場合は、いくつかの転職エージェントに登録してサービス内容を精査していくとよいでしょう。

物流業界への転職でおすすめな転職エージェント

ここからは、物流業界への転職におすすめできる転職エージェントを紹介します。

総合型のエージェント

総合型の転職エージェントでは、業界や業種を問わずに求人を取り扱っています。

多くの求人情報を得るのに向いている一方、専門的な情報に乏しいという面があります。

リクルートエージェント

★特徴★
  • 求人総数が圧倒的に多い
  • 転職成功実績は400,000件以上
  • 非公開求人多数

リクルートエージェントは、業界トップを走っている転職エージェントです。

総求人数は約354,000件、そのうち非公開求人が約200,000件と、他の転職エージェントを圧倒しています(令和3年12月現在)。

転職成功実績でも累計40万人を超えており、規模も実績も文句のない数値です。全国的な物流関連の求人を保有しており、非公開求人の割合も高くなっています。

転職ならリクルートエージェントを利用すべき?評判や登録の流れもご紹介 そうお考えの方は少なくないでしょう。現在、Web上にはたくさんの転職支援サービスがあります。その中でも評判をよく聞くのが、業界大手...

リクルートエージェント 公式サイト

マイナビエージェント

★特徴★
  • とくに20代の若年層に強い
  • 充実のサポートで安心
  • コンテンツが豊富

株式会社マイナビが運営する転職エージェントが、マイナビエージェントです。

株式会社マイナビは新卒求人で豊富な実績を持っていることから、若年層や第二新卒の転職に強みを持っています。キャリアアドバイザーからの手厚いサポートも大きな特徴で、転職活動に不安のある方でも安心して利用できます。

サイト内コンテンツも豊富にあり、若年層にとっては非常に利用しやすい転職エージェントです。

転職活動で「マイナビエージェント」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ 転職を考える理由は、まさに千差万別だと思います。 もっとお給料がほしい 良い待遇のところへ行きたい など、人...

マイナビエージェント 公式サイト

doda

★特徴★
  • 業界トップレベルの求人数
  • 地方の求人が充実している
  • レアな求人もある

パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービスが、dodaです。

総求人数は約10万件と業界トップレベルの数値となっています。全国12カ所に活動拠点を持ち、地域別のコンテンツを持つなど、地方の求人にも力を入れています。

多くの非公開求人を持っており、dodaだけにしかないレアな求人もありますので、ぜひ登録して内容を確認してみましょう。

転職活動で「doda(デューダ)」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ 「doda(デューダ)」は、転職する際に利用するべきおすすめの転職サイトとして必ずと言っていいほど名前が上がるサイトのため、利用したい...

doda 公式サイト

物流業界特化型のエージェント

業界特化型の転職エージェントでは、特定の業界に特化した求人を取り扱っています。

専門性の高い情報を得られますが、総合型と比較して、求人数が少ないという面があります。

ロジスティクス転職.com

★特徴★
  • ロジスティクス、物流に特化
  • 70%は非公開求人
  • 選べる転職スタイル

ロジスティクス転職.comは、東証1部上場企業のJACリクルートメントが運営する転職エージェントです。

ハイクラス求人を取り扱うJACリクルートメントならではの求人網を活かした、ロジスティクスに関する幅広い求人を取り扱っています。

非公開求人の比率は70%と高く、コンサルタントの質も高いです。

すぐに転職したい方向けの「転職サポート」、じっくり転職したい方向けの「コンサルタント相談」と2種類のサービスが選べるのも特徴的です。

ロジスティクス転職.com 公式サイト

アイコンパートナーズ

★特徴★
  • SCM、物流専門の転職エージェント
  • 取り扱い業種は70以上
  • 約90%がハイクラス求人

アイコンパートナーズは、SCM(サプライチェーン・マネジメント)と物流に特化した転職サービスです。

70以上の取り扱い業種の中から、厳選した求人を紹介してくれます。取り扱いの約90%が年収800万円以上のハイクラス求人になっているのも魅力の一つです。

アイコンパートナーズ 公式サイト

プレックスジョブ

★特徴★
  • 物流、運送業界に特化
  • 業界で最大級の求人数
  • 業界専門のキャリアパートナー

プレックスジョブは、物流・運送業界に特化した転職サービスです。

求人数は業界で最大級、非公開求人も多数持っています。業界に詳しいキャリアパートナーが、求職者の希望に合った求人を紹介してくれます。

ミスマッチが少なく、離職率の低さもプレックスジョブを利用するメリットといえるでしょう。

プレックスジョブ 公式サイト

まとめ

ここまで、物流業界について詳しく説明してきました。

物流業界に転職するには、転職エージェントを利用すると活動がはかどります。

より有効に使うためには、いくつかの転職エージェントを複数利用して進めるとよいでしょう。

漏れている情報を複数で網羅できるので、この方法をおすすめします。

転職エージェントをうまく利用して、転職活動を成功に導いてくださいね。