転職コラム

転職エージェントの掛け持ちはマナー違反?複数利用のメリット・デメリットとは

転職エージェントの利用を検討している方の中には、

複数のサービスを掛け持ちで利用し、より効率的に転職活動に取り組みたい

と考えている方も多いのではないでしょうか?

実際に転職エージェントを複数利用しながら転職活動に取り組んでいる方も少なくありません。

ただ、そこで気になってくるのが、「転職エージェントを掛け持ちで利用しても問題ないのか」という点についてです。

この記事では、複数転職エージェントの掛け持ち利用の是非について紹介していきます。

転職エージェントを複数利用するメリット・デメリットや注意点についてもあわせて解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントの掛け持ちはマナー違反?

転職エージェントの複数利用を検討するのはマナー違反になるのでしょうか?

結論から申し上げると、転職エージェントを一つに絞らずに複数利用してもマナー違反にはなりませんので、気にする必要はありません

転職活動に取り組むのが初めての方や慣れていない方の場合、転職エージェントを利用した経験がないため不安に感じてしまうのも無理ありません。

しかし、転職に慣れている人からすれば、掛け持ちでの利用は転職を効率的に進めるための当たり前の行為です。

複数のサービスを試して自分に合うサービスを選択するのは利用する側の権利であり、転職エージェント側もそのことを理解しています。

転職をサポートしてくれるコンサルタントにそのことを伝えたとしても咎められるようなことはありません。

もし咎められてしまった場合は、そのコンサルタントの考え方や転職エージェントの方針がズレているので、担当者を変更してもらうかサービスの利用を中止するようにしましょう。

転職エージェントを掛け持ちして複数利用するメリット

転職エージェントを掛け持ちして複数利用する主なメリットとしては、以下の5点があげられます。

  1. より多くの求人情報をチェックできる
  2. さまざまな意見を聞くことができる
  3. 最適なサービスで転職活動に取り組める
  4. 優秀なコンサルタントに出会える
  5. 使い分けができる

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

1. より多くの求人情報をチェックできる

掛け持ちで利用する転職エージェントが増えれば増えるほど、チェックできる求人の数も多くなります

これは、複数の転職エージェントを掛け持ちで利用する方法ならではのメリットです。

求人情報の数が多くなればなるほど、リサーチにかかる時間や手間も増えますが、その分理想の求人に出会える確率も高まります。

理想の求人に出会える可能性が高くなるということは、転職が成功する可能性も高まるということなので、転職希望者にとっては非常に魅力的なメリットになるでしょう。

2. さまざまな意見を聞くことができる

転職エージェントを利用し始めると、コンサルタントが転職活動を手厚くサポートしてくれるようになります。

コンサルタントは転職のことを知り尽くしたプロフェッショナルで、自分の知識やこれまでの経験を元に参考になる様々なアドバイスをしてくれるでしょう。

利用する転職エージェントの数が多くなればなるほど、複数のコンサルタントから違った意見やより多くのアドバイスをもらえるようになります

コンサルタントによって転職への考え方が異なるので、さまざまな視点から意見を取り入れることができ、転職の視野も広がるでしょう。

3. 最適なサービスで転職活動に取り組める

転職希望者が利用できる転職エージェントは数十種類あり、それぞれ異なる特徴や強みを持っています。

複数エージェントを利用することで、さまざまな転職エージェントから自分に合ったものを選ぶことができる点はユーザーにとって大きなメリットになります。

数十種類ある転職エージェントすべてを利用して判断するのは現実的ではありませんが、数種類であれば実際に利用して判断できるでしょう。

実際に複数の転職エージェントを利用することで最適な転職エージェントがハッキリすれば、転職が上手くいく可能性がより高まります。

4. 優秀なコンサルタントに出会える

転職エージェントに在籍しているコンサルタントも人間である以上、優秀なコンサルタントもいれば少し頼りないコンサルタントもいます。

優秀なコンサルタントにサポートしてもらうことができれば転職が成功する可能性が高くなり、よりスムーズに転職できるようになるので、なるべく優秀なコンサルタントにサポートしてもらいたいものです。

しかし、初めて利用した転職エージェントでいきなり優秀なコンサルタントに出会えるかどうかは、運でしかありません

利用する転職エージェントの数が増えれば増えるほど、出会えるコンサルタントの数も多くなるので、優秀なコンサルタントが見つかる可能性も高くなります。

5. 使い分けができる

転職エージェントは、さまざまな業界の求人を取り扱っている総合的な転職エージェントもあれば、特定の業界や職種に特化した転職エージェントもあります。

特定の年代に特化したサービスや「フリーター向け」など、特定の転職希望者に特化したサービスも用意されているほどです。

複数の転職エージェントを掛け持ちして利用する場合、転職エージェントの特徴や強みに合わせて使い分けられるようになります

それぞれの転職エージェントの強みに合わせて使い分けることで、より効率的に転職を進められるようになります。

転職エージェントを掛け持ちして複数利用するデメリット

転職エージェントを掛け持ちして複数利用する主なデメリットとしては、以下の3点があげられます。

  1. 時間と手間がかかる
  2. 管理が大変
  3. 迷いやすくなる

それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

1. 時間と手間がかかる

転職エージェントでは、転職活動をスタートさせる時にほぼ必ず面談を受ける必要があります。

面談にかかる時間は転職エージェントによって異なりますが、短くても1時間、長い場合だと2時間以上かかってしまうことあります

つまり、仮に5社の転職エージェントを掛け持ち利用するのであれば、最初の面談だけで最大10時間もかかることになるのです。

来社での面談が必須となっている転職エージェントも少なくないため、手間もかかります。

転職エージェントの面談では何を聞かれる?やっておくべき事前準備とあわせて解説! 転職活動を効率的かつ有利に進めるのに便利なサービス、転職エージェント。 その転職エージェントを利用する際、まず初めにおこなわれる...

また、対応が必要なのは面談だけではありません

転職エージェントはコンサルタントとのやりとりが頻繁に発生するため、利用している転職エージェントの分だけそのやりとりも必要になります。

利用する転職エージェントは後々絞り込んでいくこともできるので、徐々に時間や手間を省けるようになりますが、始めの段階では対応が大変になると考えておくべきでしょう。

2. 管理が大変

転職エージェントを掛け持ちする上で大変なのは、面談やコンサルタントとのやりとりだけではありません。

利用する転職エージェントが増えれば増えるほど、管理にも手間がかかります

まず、コンサルタントの名前とそれぞれのコンサルタントが所属している転職エージェントを覚えておかなくてはいけません。

コンサルタントは転職活動における重要なパートナーになるため、どういった方なのかなど性格等も覚えておく必要があるでしょう。

また、それぞれの転職エージェントでの状況も把握しておかなくてはいけません。

複数のエージェントから同じ求人に応募してしまわないためにも、応募した求人の管理も徹底する必要があります。

3. 迷いやすくなる

転職エージェントを掛け持ちで利用する場合、複数のコンサルタントと一緒に転職活動を進めていくことになります。

メリットの一つとして紹介したとおり、コンサルタントの数が多くなればなるほど、さまざまな意見やアドバイスを聞けるようになります。

しかし、さまざまな意見やアドバイスを聞くことで、逆に迷いが生じてしまうといったことになりかねません

選択肢が少ない場合は、迷うことも少なく立ち止まらずに転職に取り組めますが、いくつもの選択肢を提示されてしまうと、どうしても「どの方法を選ぶのが最善か」を考えてしまい、迷いが生じやすくなります。

転職に慣れていない方や「絶対に失敗できない」という思いが強い人ほど迷いが生じやすくなるでしょう。

優柔不断な方や他人の意見に流されやすいという自覚がある方は、事前に自分の考え方や転職への取り組み方をしっかりと決めておく必要があります。

「転職するべきか迷う…」という方必見!転職の迷いを断ち切る3つの方法! 転職したいと思いつつもなかなか転職できずにいる方の多くが、本当に転職するべきかどうかで迷っている状態だと思います。 転職するべき...

転職エージェントを上手く掛け持ちするポイント

複数の転職エージェントを掛け持ちしようと考えているのであれば、上手く掛け持ちするポイントについても把握しておきましょう。

転職エージェントを上手く掛け持ちするために知っておくべきポイントとしては、次の2点があげられます。

  1. 特徴の異なるサービスを利用する
  2. 最終的に2~3社程度にまで絞り込む

それぞれ詳しく解説していきます。

1. 特徴の異なるサービスを利用する

転職エージェントは、サポートの充実度を強みにしているところもあれば、求人の多さを強みにしていたり、特定の業界に特化した転職エージェントもあります。

そこで意識したいのが、特徴の異なるサービスを利用するという点です。

同じような強みの転職エージェントを複数利用してもあまり意味がありませんので、なるべく特徴の異なるサービスを利用するようにしましょう。

おすすめなのは、さまざまな業界の求人を取り扱っている「総合型の転職エージェント」と特定の業界の求人のみを取り扱う「特化型の転職エージェント」の組み合わせです。

興味を持っている業界が複数ある場合は、特化型の転職エージェントを興味のある業界の数だけ増やすようにするといいでしょう。

第二新卒の転職事情と、20代に強い転職サイト・転職エージェント 学校卒業後に就職活動をする場合、大きく「第二新卒」と「既卒」の2種類に分けられますが、このうち第二新卒は、企業からの需要が高くなってい...
30代の転職希望者必見!30代におすすめの転職エージェント10選 今後の人生を大きく左右する30代の転職。 その30代の転職において強力なサポーターとなってくれるのが転職エージェントです。 ...

2. 最終的に2~3社程度にまで絞り込む

複数の転職エージェントを掛け持ちする際は、最終的に2〜3社程度にまで絞り込むのが理想です。

デメリットとしてもあげたとおり、利用する転職エージェントの数が多くなればなるほど、時間と手間がかかってしまい、管理も大変になります。

効率的に転職活動を進められるという転職エージェントのメリットも失われてしまいかねません。

その状態がずっと続くと転職疲れを引き起こしてしまう可能性があるので、2〜3社以上の転職エージェントを併用する期間はなるべく短くするべきでしょう。

ちょっとでも「違うな」と感じたら利用を停止し、絞り込んでいくようにしてください。

転職エージェントを掛け持ちするときの注意点

転職エージェントの掛け持ちはさまざまなメリットをもたらしてくれますが、活用の仕方を誤ると失敗につながってしまいかねません。

失敗を避けるために知っておくべき転職エージェントを掛け持ちするときの注意点としては、

  1. 複数利用していることを初めに伝える
  2. 同じ求人に応募してしまわないよう注意する
  3. プロフィールの内容を統一させる
  4. 内定が出たら他の転職エージェントにも報告する

の4点があげられます。

それぞれの注意点について詳しく解説していきます。

1. 複数利用していることを初めに伝える

それぞれの転職エージェントのコンサルタントには、掛け持ちで複数のエージェントを利用していることを初めに伝えるようにしましょう

何かしらのきっかけで後から複数利用していることが判明した場合、コンサルタントとの関係性に亀裂が生じてしまいかねません。

また、同じ求人を紹介されてしまったときに、嘘の理由で断らなくてはいけなくなってしまいます。

トラブルを避けるためにも、複数の転職エージェントを利用していることはなるべく早く伝えておきましょう。

また、掛け持ちしていることを伝えた場合、コンサルタントの競争心を刺激できるというメリットもあります。

コンサルタントの立場からすると、担当している転職希望者が転職を成功させれば、自分の実績にもなり、転職エージェントによってはインセンティブが支給されることもあるでしょう。

他所にとられてしまっては、実績やインセンティブに繋がらず、これまで対応した時間や手間が無駄になってしまいかねません。

掛け持ちしていることを事前に伝えておくことで、より必死にサポートしてくれる可能性があり、転職が成功しやすくなるかもしれません。

2. 同じ求人に応募してしまわないよう注意する

複数の転職エージェントを掛け持ちしていると、同じ求人を紹介されてしまうことが多々あります。

あなたの経歴や希望条件を元に求人を探すため、紹介される求人が被ってしまうことは仕方のないことです。

ただ、実際にそうなってしまった場合、同じ求人に応募しないように注意が必要です。

同じ求人に応募してしまうと、どちらかを断らなくてはいけなくなってしまうなど、転職エージェントに迷惑がかかります。

また、場合によっては企業にも迷惑がかかり、最悪のケースではそのことが原因で不採用になってしまうかもしれません。

そして何より、転職エージェントのサービスを利用する上でのマナー違反にあたります。

利用する転職エージェントが増えれば増えるほど求人の管理が大変になり、重複での応募が発生しやすくなるので注意するようにしましょう。

3. プロフィールの内容を統一させる

複数の転職エージェントを併用する場合、当然ですがプロフィールの内容は統一させておかなくてはいけません。

基本的なプロフィールであれば簡単に統一できますが、実績などは統一するのが難しく、細かな数字や内容にズレが生じてしまうことが多々あります。

特に実績はちょっとした数字の違いで相手の印象も大きく変わってしまうため、なるべく正確な数字を伝えなくてはいけません。

プロフィールの内容が統一できていないと、説明にも矛盾が生まれ、面接で企業の担当者にその点を指摘されてしまいかねません。

そのような事態を避けるためにも、経歴や実績などの記憶が曖昧でズレが生じてしまいやすい部分は事前の棚卸しが必要不可欠です。

4. 内定が出たら他の転職エージェントにも報告する

転職エージェントを掛け持ちする方で内定が出たにも関わらず、他の転職エージェントに連絡しないままフェードアウトしてしまう方が結構な割合でいます。

これは明らかなマナー違反です。

転職エージェントを複数利用すること自体は悪いことではありませんが、マナーは守らなくてはいけません。

転職活動を終了することを伝えない限り、コンサルタントはあなたに連絡を続けたり、求人を探し続けます。

転職活動の進み具合によっては、企業側に迷惑がかかってしまうこともあるでしょう。

内定が出た場合は、他の転職エージェントにもなるべく早く連絡を入れるようにしてください。

まとめ

転職エージェントの掛け持ちについて紹介してきました。

転職エージェントの複数利用は悪いことだと思われてしまいがちですが、そんなことはありません。

転職の現場では当たり前のようにおこなわれていることで、転職エージェント側も容認しています。

転職を成功させたいのであれば、むしろ積極的に掛け持ちするべきです。

ただ、転職エージェントの複数利用にはメリット・デメリットがあり、実際に複数利用する場合は注意しなくてはいけない点もあります。

掛け持ちを考えているのであれば、マナー違反になるようなやり方は避けなければいけないため、今回紹介した内容を参考に複数のエージェントと転職に取り組んでください。

転職エージェントは使うべき?5つの判断基準とメリット・デメリット 転職活動に利用する人も多い、転職エージェント。 実際のところ転職エージェントって使うべきなの…? と悩んでいる方も少な...
転職フェアでは何ができる?当日の服装や持ち物〜事前にやっておくべきことまで徹底解説! 企業の採用活動が活発な時期になるとさまざまな地域で開催され始める、転職希望者向けのイベント「転職フェア」。 転職フェアは転職希望...