転職サイト・転職エージェント

転職活動で「マイナビエージェント」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ

転職を考える理由は、まさに千差万別だと思います。

もっとお給料がほしい

良い待遇のところへ行きたい

など、人それぞれさまざまな理由があるでしょう。

そんなときにまず確認するのが、転職関連のサイトではないでしょうか?そして、転職サービスの数の多さに改めて驚くかもしれません。

現在、Web上には非常に多くの就職支援サービスがあります。
そんな中で、株式会社マイナビの運営する転職エージェントが「マイナビエージェント」です。

転職するにあたって、マイナビエージェントを利用するべきなのでしょうか?

結論をいいますと、自身の置かれている状況に合っていれば、ぜひ利用した方が良い転職エージェントになります。

ここでは、下記について解説します。

  1. マイナビエージェントのサービス内容
  2. マイナビエージェントのメリットデメリット
  3. マイナビエージェントの口コミなどの評判
  4. マイナビエージェントの登録方法

内容をよく見て、自分自身の転職活動に利用すべきかどうか確認してみてください。

 

マイナビエージェントはどんな転職エージェント?

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

株式会社マイナビといえば、「マイナビ転職」「マイナビバイト」など、転職や就職など多くの支援サービスを展開している企業としてよく知られています。

★ポイント★
  • 多様な職種を幅広く取り扱う総合型の転職エージェント
  • 「20代に信頼されている転職エージェント」ナンバー1にも選ばれている
  • 各業界・企業情報に精通したプロフェッショナル⼒をもつ
  • 他社にはないマッチング力を活かして、転職活動をトータルに手厚くサポート

またこれらのサービスについては、すべて無料で利用できます。

マイナビエージェントとマイナビ転職の違い

マイナビエージェントが転職サイトの「マイナビ転職」と違う点は、大きく分けて二つあります。

違い① 専任のキャリアアドバイザーがつくか、つかないか

一つは、専任のキャリアアドバイザーがついて、キャリアの整理から応募、内定に至るまで一貫して支援してもらえるところです。

<マイナビ転職の場合>
企業の検索・応募から書類の作成、面接日程や内定後の庶務の調整など、これらをすべて自分自身で行わなければなりません。

<マイナビエージェントの場合>
すべてをキャリアアドバイザーと一緒に進めていきます。

  • 面談を通してキャリアの棚卸し
  • 自己PRの方法
  • 履歴書や職務経歴書などの応募書類一式について客観的なアドバイス
  • 求職者に合った企業の紹介
  • 書類の添削や面接対策
  • スケジュールの調整
  • 内定が出た後の出社日や年収の交渉
  • 現職を円満に退職するためのノウハウの説明

始めから終わりまで手厚いサポートを受けられます。

違い② 非公開求人を取り扱っているか、いないか

もう一つは、非公開求人の有無です。

⾮公開求⼈とは、サイト上では⼀般に公開されていない求⼈情報を指します。

<マイナビ転職の場合>
求人情報はサイト上ですべてオープンになっています。

多数掲載されている業種・職種の求人に、自由にいくつでも応募できますので、未経験の職種に応募したり、幅広視野をもって就職先を探したりしている方向けのサービスです。

<マイナビエージェントの場合>
サイト上で公開されている求人以外に非公開求人を持っています。

企業側になんらかの思惑があって非公開になっているので、公開されている求人より条件が良いものが多いのが特徴です。

これらの非公開求人は、キャリアアドバイザーが求職者に合致していると判断されてはじめて情報を教えてもらえます。求職者と企業の希望が近く、スムーズな転職活動の手助けとなります。

これ以外にも細かな違いはあるのですが、サービスの方向性が違うのでどちらが良いとか悪いとかいうのは比較できません。

サービス内容をよく確認して、より自分に合ったサービスを利用するのが転職の成功への近道だといえます。

マイナビエージェントを利用する4つのメリット

転職活動においてマイナビエージェントが選ばれているのは、選ばれるなりの理由やメリットがあるからに他なりません。

マイナビエージェントを選ぶメリットとしては、次の4点があげられます。

①20代の転職実績が多い

「20代に信頼されている転職エージェント」ナンバー1にも選ばれていることからわかるように、主に20代の若年層の転職実績が高いです。

公式サイトでも20代や30代の若い転職者に向けて、手厚いコンテンツがつくられています。

  • 業界や市場の状況
  • 転職のノウハウについてなどの記事
  • 各種セミナーの開催

など、特に20代や第二新卒の方にとっては卓越したコンテンツ内容です。

第二新卒や未経験者歓迎の求人数が他社と比較して多いなど、さまざまな面から見て若い転職者にとって好条件がそろっていることに伴って、転職実績も多くなっています。

転職したい20代必見!20代の転職を有利に進めるために役立つ知識 「若さ」を活かしながら転職活動に取り組むことができる、20代の転職。 転職の理由は人それぞれですが、実際に転職のことが頭をチラつ...
転職したい30代必見!30代の転職を有利に進めるために役立つ知識 これまでの社会人生活で得た知識やスキル、経験などを活かしながら、さらなるキャリアアップを見据えて取り組む人も多い30代の転職。 ...

②中小企業の求人数と質が高い

マイナビエージェントでは、大手企業だけではなく中小企業の求人が多いのも特徴の一つです。

他の大手エージェントと比較して求人の総数は少ないのですが、言い換えれば数が多いと埋もれてしまいがちな優良企業を見つけやすいということです。

掲載金額などの問題で、大手エージェントと折り合いがつかなかった中小企業やベンチャー企業の多くがマイナビエージェントを使っており、他にはない独自の求人が見つかるのも大きなメリットです。

③非公開求人が豊富

非公開求人の多さも、マイナビエージェントの注目点です。

2021年8月25日現在で、約58,000件の求人のうち30,000件以上が非公開求人となっています。

⾮公開求⼈とは、転職サイトなどで⼀般に公開されていない求⼈情報です。

  • 「応募が殺到して人事担当が混乱するのを避けたい」
  • 「求人を公開募集している時間的な余裕がない」
  • 「社内外を問わず極秘の案件にかかわる人材を採用したい」
  • 「早期退職を推奨しているので大々的な求人活動がはばかられる」

など、さまざまな理由があって非公開となっています。

このように一般公開されていない求人は、転職エージェント経由でしか知る方法がありません。

また非公開求人には大企業や業界大手の求人、緊急性や重要性が高い求人が多く、好条件で転職できる望みが高まります。

また、これらの非公開求人を紹介してもらえる際には、非公開となっている背景や紹介理由などの、企業とのマッチングについてより深い情報も提供されます。

企業の求める人物像が明確ですので、キャリアアドバイザーが求職者に合うと考えた求人とはミスマッチが生まれにくく、就職活動が順調に進むというメリットがあります。

目指したいことがはっきりしている人にとっては、非公開求人の多さはたいへん魅力的に映るのではないでしょうか。

④書類添削や面接対策など手厚いサポートが受けられる

求職者へのサポートがたいへん手厚いのも、マイナビエージェントの特徴です。

登録してすぐに専任のキャリアアドバイザーが付き、さまざまなサポートが無料で受けられます。

価値観やライフスタイル、希望条件やスキルの棚卸し、今後の求職活動の進め方についてのすり合わせなど、キャリアアドバイザーとの面談がすべてのスタートです。

  • 応募書類の添削
  • 模擬面接の実施
  • 推薦状の作成
  • 日程の調整
  • 勤務開始日の調整
  • 年収の交渉

など、内定が出てからの手助けも行ってもらえます。

現在の勤務先を円満退職するポイントや引継ぎのコツなども伝えてもらえるので、転職に際して困ることはほとんどありません。

大手エージェントと比較して登録者が少ないことで、連絡が密に取れてレスポンスのスピードも速いなど、求職者一人一人に寄り添った丁寧なサポートが受けられます。

転職支援の期間が無期限なのも、マイナビエージェントの大きなセールスポイントです。

書類の添削や模擬面接の回数制限もなく、納得がいくまでサポートを行ってもらえることで、求職者の満足度が高くなっています。

志望動機・志望理由で書くべき内容は?書き方やNG志望動機を徹底解説 志望動機・志望理由の重要度はどれくらい? 志望動機や志望理由について、企業はどのくらい重要視しているのでしょうか。 ...
絶対に押さえておきたい面接マナーまとめ(服装・受付・入室・退室など) 採用担当者が特にチェックしているマナー 面接採用はその会社の人事部社員がメインで担当します。さらに募集職種に応じて、その...

またキャリアアドバイザーとは別に、企業担当のリクルーティングアドバイザーが在籍しており、企業側の要望や会社の雰囲気などを徹底リサーチしてくれます。

求人票だけではわからないような深掘りした情報をキャリアアドバイザーと共有し、企業と求職者の希望をより近づけるよう尽力しています。

このように非常にきめ細やかなアドバイスを得られるのが、マイナビエージェントを利用する最大のメリットといえるでしょう。

マイナビエージェントの弱み

多くのメリットを持っているマイナビエージェントなのですが、マイナス面もいくつか見受けられます。

ハイクラス向け求人が少ない

マイナビエージェントは、第二新卒や20代から30代前半向けの求人には定評があります。

裏を返せば、30代後半より上の求人は、それほど多くないともいえます。

また第二新卒や若年層向けの求人が多いため、たとえば年収800万円以上の方がさらにキャリアや年収のアップを目指すといったハイクラスの求人についても、さほど多くありません。

30代後半以降の方やハイクラス向けの求人を目指す方にとっては、希望に沿った求人は紹介してもらえない可能性が高いでしょう。

これらに当てはまる方は、他のミドルエイジ向けやハイクラス向けの転職サービスを並行して利用するのが、賢明な方法だといえます。

正社員経験がないと求人紹介されない

正社員経験がない場合は、マイナビエージェントを使っての転職活動は難しいといえます。

正社員としての就業経験がない方でも、マイナビエージェントへの登録は可能です。

しかし、

マイナビエージェントは主に正社員としてのキャリアを有する方を対象とする求人を扱っておりますので、アルバイト経験もしくは派遣経験しかお持ちでない方、また、正社員としての就業経験が長らくない方の場合、求人をご紹介できる可能性が極めて低くなります(弁護士資格、公認会計士資格、医師・薬剤師・看護師などの医療系有資格者の場合は除きます)

引用元:https://mynavi-agent.jp/faq/02.html

と公式ページのFAQにも明記されています。

正社員経験のない方にとっては、他の転職サービスや転職エージェントを使われた方が良い結果を得られる見込みが非常に高いです。

マイナビエージェントはこんな人におすすめ

これまでの説明を踏まえて考察すると、マイナビエージェントに向いているのは次のような方になります。

20代から30代前半までの人

「20代に信頼されている転職エージェント」ナンバー1にも選ばれているだけあって若い世代や第二新卒対象の求人割合が高く、サイト内にも若い人に役立つコンテンツが多いです。

また、その年代の転職サポートに優れたキャリアアドバイザーも多数在籍しています。

業界や企業情報にも精通しており、社会人経験の少ない若年層にとってはとても頼りになるパートナーになってもらえるでしょう。

大企業へのこだわりがない人

いわゆる大企業の求人ももちろんありますが、優良中小企業の求人が多いのもマイナビエージェントの特徴です。

掲載金額の高さなどの問題で大手エージェントの掲載を避けた中小企業など、他にはない興味深い求人と出会えるかもしれません。

非公開求人数も多く、独自性の高いベンチャー企業などが見つかる可能性があります。

会社の大きさではなく、自分のやりたいことやスキルにマッチした企業を探したい方にはピッタリの転職エージェントです。

転職活動に不安があり手厚いサポートを受けたい人

転職活動を始めるには、少なからず不安を伴うのは致し方ありません。

はじめての転職となると、さらに気がかりだと思われます。そういった方には、マイナビエージェントの手厚いサポートは大きな手助けになるでしょう。

  • 企業への応募
  • 書類の添削
  • 模擬面接
  • 内定後の交渉
  • 現職の退職アドバイス

に至るまで、転職に関するありとあらゆるサポートを受けられます。

また、各種セミナーの開催や充実のサイト内コンテンツなど、転職に役立つ情報が満載です。転職活動をすべて一人で進めることに不安がある方にとっては、とても助かるサービス内容になっています。

【必読】初めての転職活動で何を準備して、どう進めていくのかが丸わかり! 転職活動期間はどれくらいかかる? 初めて転職を思い立った時には、何をどう準備して進めていけばよいのか、考えることはたくさ...
転職フェアでは何ができる?当日の服装や持ち物〜事前にやっておくべきことまで徹底解説! 企業の採用活動が活発な時期になるとさまざまな地域で開催され始める、転職希望者向けのイベント「転職フェア」。 転職フェアは転職希望...

時間をかけて納得いくまで転職活動したい人

マイナビエージェントのサポート期間は、期限がありません。

無期限でサポートを得られますので、焦らず落ち着いて転職活動に取り組めます。提出書類の添削や模擬面接についても、利用回数の制限はありません。

じっくりと納得のいくまで腰を据えて転職活動を行いたい方には、とてもおすすめなサービスです。

上記に当てはまっているという方にとっては、マイナビエージェントに登録するのは得策だといえるでしょう。

マイナビエージェントを実際に利用した人の評判・口コミ

ここでは、実際にマイナビエージェントを利用された方の評判や口コミをピックアップしてみました。

はまちゃんさん 

親身な対応で転職をサポートしてくれました。

転職を考えていた時に、インターネットの評判を聞いて転職をサポートしていただきました。最大手に比べて求職者の数が少なく、その分、丁寧にサポートしていただけるという評判でしたが、まさにその通りでした。こちらの希望を親身になって考えてくださり、さらに担当の方の判断で確認しきれないほどの転職案をだしてくださりました。一人で考えこむ、ということがほとんどなく、まさに二人三脚。他社の意見を聞くことができるのが、こんなにも心強いものだとは、使用する前には考えもせず、とても助かりました。

転職が終わった後のサポートもとても良く、気持ちよくキャリアアップすることができました。

引用元:https://minhyo.jp/mynavi-agent

くっきいさん  

未来が無い会社からの転職活動でお世話になりました。

特別なスキルがないので転職活動はすごく嫌でしたし、自信もありませんでした。ただ現職の未来があまりにないので、ちゃんと安定して働けるような会社を見つけるために転職活動をしようと決意しました。

いくつかの転職サービスを使いましたがあっさりしているコンサルの方が多く求人はたまに送られてくるものの、エントリーしても書類でダメっていう感じが続いてました。

それからマイナビエージェントに登録したんですが、親切さにビックリしました。職務経歴書をしっかり作り直してくれ、私の希望条件である安定企業っていう点をしっかり照らし合わせて求人を紹介してくれました。

さらに、求人の選考が通りやすいように、私の推薦文を経歴に沿えてくれていたようです。後から内容を見せてもらいましたが「1つの事を最後までやりとげる力、辛い職場でも粘り強く我慢して働いてきたこと人間的に信頼できて明るい雰囲気」っていう感じを送ってくれてたようです。

引用元:https://minhyo.jp/mynavi-agent

ととさん 

優良な求人が多い転職エージェント。

無料で職務経歴書の添削ができます。添削の内容は、かなり優しい感じでした。ただ具体的でないと感じたり、もっとずばっと教えてほしいと感じたりしました。求人は優良だと感じるものが多多かったです。新着求人の中にはすぐになくなってしまうものもあったので、頻繁にチェックする必要があると感じました。逆にいつまでも募集している会社には良い印象は持ちませんでした。結論としては、優良な求人が多い転職エージェントではないでしょうか。複数のサイトに登録していましたが、応募したいと思えるような企業の求人が一番多かったです。

引用元:https://minhyo.jp/mynavi-agent

ぽよさん

最初は良かったのに。

始めはとても親身になって話を聞いてくれますが、結局この求人をオススメしたいだけですよね?っていうぐらいひとつの求人をゴリ押しされました。最終的に私は2つの会社で迷ったのですが、結果押しに負けてオススメされたほうに入社したものの、当初の私の希望条件は一切クリアしておらず、そのことは会社に入ってから知らされました。押しに負けた自分がダメなのもわかっているのですが、なんだかなあと言った感じです。また、2つの会社で迷っていたときも、5分以内に結論をだすように言われました。自分の人生選択5分はさすがに厳しかったです。

その上親身になって話しを聞いてもらった日の直後に、エージェントのアンケートを書かされるので当然評価はいいものに。今書けるのなら全部のこの気持ちを書くのに、なんて思ってもあとの祭りですね。本当に時間の無駄でした。泣きたいぐらい後悔しています。

引用元:https://minhyo.jp/mynavi-agent

こめさん

こっちの事を全く考えていない

まず最初に登録しようとしたら「紹介できる求人がありません。」といった内容のメールが届き、それだけでも不信感がありましたが、忘れた頃に紹介メールが来たので、募集する旨をお伝えして担当の方がついてくれました。

ただ、話し方等は丁寧ですが、希望していない職種の紹介、連絡とるアポをとっても電話が繋がらず「面談で出れませんでした。すみません。」とふざけた返答。最初から分かっていることならその時間は難しいとか返答がほしいところです。急な面談であれば、メール等で連絡してくれればいいのにと思う。

こちらは今の職場に転職活動を知られたくないから、電話よりメールでと伝えているのにバンバン電話してくる。何時に電話出れますかと、聞かれたから時間を指定したら全然違う時間にかけてくる。

他のところでも併用して応募していて、且つ他で応募している方が優先的だと伝えると、マイナビエージェントで紹介している方のメリットを何度も電話で説明し、何回も考えてみてはとゴリ押し。仕事が合う合わないを全く考えておらず、エージェント側のメリットでしか動いていないと強く感じた。

こちらの仕事の都合で面接の日時変更等、大変迷惑もかけたのでこちらも悪い所は沢山ありますが、今回のエージェントは不信感しかない。ここにするんじゃなかったと後悔しました。

引用元:https://minhyo.jp/mynavi-agent

サポートの手厚さや求人の質については高評価ですが、キャリアアドバイザーの対応に不満の声が多く上がっています。

サポートなどのサービス内容が良くても、担当者の態度や相性が悪いなど不信感を抱いてしまうと、この先利用する気も失せてしまいます。

あまりにもひどい場合はキャリアアドバイザーを変更してもらうなど、一度相談してみると良いでしょう。

マイナビエージェントの登録方法と登録後の流れ

マイナビエージェントへは、Webを通しての登録となります。

登録方法

では登録方法について、順を追って説明します。

※画像はすべて、公式サイトURLから引用しています :マイナビエージェント

① 公式ホームページへアクセス

まず、マイナビエージェントのトップページへアクセスします。

②トップページのバナーをクリック

トップページの「転職支援サービス申し込み」というバナーをクリックします。

トップページやその他のページにもいろいろな名前のバナーが置いてありますが、すべて同じ登録ページに飛びますので、どこから入っても登録作業に影響はありません。

③ 必要事項を入力する

順番に必要事項を埋めて、先へ進んでいきます。

少し手間がかかりますが入力しないと先の項目には進めませんので、すべて入力しましょう。

以前の勤務先や職務内容、メールアドレスなども質問されますので、あらかじめ準備しておくと入力がはかどります。

④ 登録完了

すべて入力が終われば、「無料転職支援サービスに申し込む」というバナーがオレンジ色になりますので、そこをクリックして登録は完了です。

登録はほとんどが選択式になっていますので、すべて入力するのには10分程度あればできるのではないかと思います。

登録後に登録完了のメールが届くのですが、もしメールがこない場合は、アドレスの入力を間違えているか、メールが届かない設定になっているかのどちらかが考えられます。

もしわからない点があれば、公式ホームページの問い合わせフォームから連絡してみましょう。

登録後の流れ

登録が無事に終了すれば、いざ求職活動の開始となります。

登録後のおおまかな流れについては、下記の通りとなります。

① 面談日程の設定

登録が完了すると、マイナビエージェントの担当者が内容を確認し、通常は3営業日以内にメールもしくは電話にて面談日程調整の連絡があります。

そこでキャリアアドバイザーとの面談日程を決めて、次のステップへコマを進めます。

② キャリアアドバイザーとの面談

キャリアアドバイザーと直接もしくはWeb・電話にて、1対1での面談を行います。今までの経験やスキルの棚卸しをし、自身の強みや新たな可能性を見出していきます。

それをもとにして転職を希望する業界や職種、希望条件などのすり合わせをし、キャリアアドバイザーから条件にあった求人を紹介してもらうというのが面談の狙いです。

転職の目的や条件が明確になることで今後の方針が定まり、無駄なく活動を進められます。

また職種や業種、転職そのものに不安や迷いのある場合でもしっかりとしたアドバイスがあり、無理のない転職活動の手助けになってもらえるでしょう。

平日の夜間や土曜日の対応ができますので、仕事が忙しい時期でも面談が可能です。

③ 求人紹介

面談によって目的や条件、希望が明確になったら、一般公開されていない非公開求人を含め、条件に合った求人を紹介してもらえます。

求人票だけではわからない

  • 社風や雰囲気
  • 業界の動向
  • 入社後のキャリアパス
  • 選考の難易度

など、マイナビエージェントが持つさまざまな情報を教えてもらえるのも注目されるべき点です。

もちろん応募するかどうかは自分で決められますので、じっくりと時間をかけて選びましょう。

④ 企業への応募

応募先が決まれば、キャリアアドバイザー経由で企業へ応募します。

選考の通過率を上げるために、あらかじめ応募書類の添削をしてもらい、誤りなどを指摘してもらいましょう。

また、職務経歴書だけでは伝えきれない「推薦状」をキャリアアドバイザーが作成してくれて、応募書類と合わせて企業へ提出してもらえます。

面倒な書類作成や企業への応募をサポートしてもらえるので、転職経験のない方でも安心です。

⑤ 面接

書類選考に通れば、いよいよ面接へと進みます。

面接の日程調整はもちろん、面接の詳細や追加の求人情報の提供についても、キャリアアドバイザーの仕事です。

面接に自信がない方のために模擬面接を行い、応募企業にあわせたアピールポイントのアドバイスもしてもらえるので、事前対策をきっちりと立ててから面接へ挑めます。

面接後は、評価されたポイントなどを企業へ確認してフィードバック。次回以降の面接に活かせるようなフォローがあります。

面接時の逆質問は必要なの?人事にぶっ刺さる逆質問例とNG例を紹介 面接時の逆質問はなぜ必要なの? 面接試験を受けていると必ず出くわす質問が、「なにかご質問はありませんか?」という逆質問で...

⑥ 内定・入社

めでたく面接を突破し内定が出た後は、勤務開始日や年収の交渉など、自分ではなかなか言い出しにくい条件面の調整についてもキャリアアドバイザーのサポートがあります。

  • 現職の退職交渉
  • 関係者への挨拶
  • 引継ぎなどの庶務

についてのアドバイスもしてもらえるので、安心して新しい職場へ進めるでしょう。

登録後の簡単な流れは、上記の通りとなります。登録して利用するからには、最大限に活用して転職を成功させたいものですね。

マイナビエージェントを利用する際の注意点

マイナビエージェントを利用するにあたって、5点注意すべき点があります。

① 条件によっては登録を断られる

マイナビエージェントでは、「主に正社員としてのキャリアを有する方を対象とする求人」を扱っています。

よって、紹介できる求人が少ない場合や条件的に合わない場合には、登録そのものを断られるケースもあります。その場合はいさぎよく、他のサービスを利用するのが賢明です。

② 面談をしないとサービスが使えない

サイトの「MY PAGE」や求人の紹介については、キャリアアドバイザーとの面談が必須条件となっています。

面談を希望しない場合は、マイナビ転職や他社のサービスを利用することを検討しましょう。

③ 求人内容に偏りがある

若年層向けの求人は充実していますが、ハイクラスや35歳以上の求人数は非常に少ないです。

また、約6割がIT・メーカーの求人となっているので、それ以外の職種を希望されている方にとっては選択の幅が狭く、希望の会社が見つけにくいかもしれません。

④ 海外在住の方は利用できない

日本の職業安定法の定めにより、海外にお住まいの方(一時帰国も含む)はサービスの利用ができません。

申込するには、日本へ帰国してからとなります。

⑤ 複数の転職エージェントから同じ求人に応募できない

マイナビエージェントに限ったことではありませんが、2社以上の転職エージェントを利用する場合には、同じ求人には応募できません。

複数のエージェントから応募をして内定が出たとしても、取り消しになる可能性があります。複数のサービスを使っていることを隠す必要はありません。

むしろ隠しておくことでトラブルのもとになりますので、あらかじめキャリアアドバイザーに伝えておくなどの対策は必須です。

まとめ

マイナビエージェントのメリットデメリットや口コミ、登録方法や注意点について説明してきました。

30代前半で転職を考えている

初めての転職でなるべく手厚いサポートをうけたい

大企業にはこだわらずじっくり時間をかけて転職活動をしたい

には、マイナビエージェントは良い選択だといえます。

サポート体制が非常に充実しているので、転職活動に不安のある方にとっては助かる場面が多いでしょう。

目先の利益だけにとらわれず、長い目で人生を見つめて、転職活動を成功に導きたいものですね。

転職ならリクルートエージェントを利用すべき?評判や登録の流れもご紹介 そうお考えの方は少なくないでしょう。現在、Web上にはたくさんの転職支援サービスがあります。その中でも評判をよく聞くのが、業界大手...
転職活動で「doda(デューダ)」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ 「doda(デューダ)」は、転職する際に利用するべきおすすめの転職サイトとして必ずと言っていいほど名前が上がるサイトのため、利用したい...