転職サイト・転職エージェント

看護師の転職で利用したい「文化放送ナースナビ 人材バンク」の特徴を解説!

近年の医療業界の人材需要を反映してか、医療に関連する求人紹介サイトや、ナースに特化した転職サービスは年々増加の一途を辿っています。

ナースとして転職や就活を行いたい方にとっては、多くのサイトがあるという事実はサービスや求人を選択する幅が広がるうえ、多様な職場を見比べることができるため「本当に理想的な職場」と出会える確率が上がりいいことづくめのように見えます。

その一方で、ナースに特化した求人サイトが溢れすぎて「どのサービスを利用したらいいのかわからない」と、迷宮にはまってしまった方も少なくはないかもしれません。

あなたがもし、しっかりした後ろ盾があり、信頼できるナース特化の転職サービスを探しているなら「文化放送ナースナビ 人材バンク」がおすすめです。

この記事では、文化放送ナースナビ 人材バンクの特徴など気になる情報を一気にご紹介しています。

  1. 文化放送ナースナビ人材バンクのサービス内容
  2. 文化放送ナースナビ人材バンクを利用するメリット・デメリット
  3. 文化放送ナースナビ人材バンクの登録方法
  4. 文化放送ナースナビ人材バンクを利用する際の注意点

文化放送ナースナビ 人材バンクはどんなサービス?

文化放送ナースナビ人材バンクは、株式会社文化放送キャリアパートナーズが運営している転職サービスです。

就活を控えた看護学生のほとんどが登録していると有名な、ナースの中ではポピュラーな人材マッチングサービスです。

★ポイント★
  • 看護師に特化した就職・転職支援サイト
  • 厚生労働大臣から許可を得ており「国」という後ろ盾を味方につけながら転職を進められる

また、文化放送ナースナビ人材バンクは、

  1. すでに看護師の資格のある社会人向け
  2. 看護師として就職を考える新卒向け
  3. 看護学生になりたての人向け

の3段構成でサービスを展開しています。

今回ご紹介するのは「すでに看護師の資格がある社会人」に向けたサービスで、こちらはナース経験者がスキルアップやリスタートなどで転職する際の利用を想定したサービスとなっています。

転職で使う文化放送ナースナビ 人材バンクの対応エリアは関東・関西地方に限定されており、求人の紹介先は病院をはじめ診療所、介護関連施設、一般企業まで幅広くカバーしています。

また、医療業界やナースの転職に詳しい実績あるコンサルタントと個別面談が行えるのも特徴の一つです。

転職活動で文化放送ナースナビ 人材バンクを利用する3つのメリット

転職サイトを利用するにあたって、やはり気になるのは「そのサイトを使うメリット」です。

特にナースに特化した転職サイトは世間に多く溢れていますので、文化放送ナースナビ 人材バンクだからこそ得られるメリットは抑えておきたいところです。

文化放送ナースナビ 人材バンクを利用するメリットは、以下の3つ。

  1. コンサルタントと個別面談ができる
  2. 転職活動で役立つコラム
  3. 最新の求人が随時更新される

次項で詳しく解説していきます。

①コンサルタントと個別面談ができる

転職活動の中で最も重要視されるのは、次の職場が「自分に合っているかどうか」といった点に他なりません。

「自分に合っている」と感じるポイントは、職場環境や立地、勤務に関する条件など、ナースによって千差万別であるのも特徴であり、そういった細かいところを自分1人で知るのには限界があります。

また、特に同じ業界での転職は何度も繰り返すものでもありませんので、求職者が持つ知識や入手できる情報も限られたものとなりがちです。

そこで役立つのが「キャリアコンサルタント」の存在です。

文化放送ナースナビ人材バンクでは、東京か大阪にあるオフィス、または電話及びZoomでの面談に対応が可能。

職場や勤務スタイルの希望はもちろん、キャリアや生活状況も細かくヒアリングし、適性にあう求人を提案してくれ、気になる求人の詳細を知りたいときは文化放送ナースナビ人材バンクのコンサルタントが病院に問い合わせをしてくれます。

また内定した後も安心して働けるように、看護師の希望する条件と病院が提示する条件に相違がないか、気になる勤務条件の詳細などまで、しっかり確認してくれるのも嬉しい特徴です。

文化放送ナースナビ人材バンクは、転職につきまとう煩わしいやりとりを全てコンサルタントが担ってくれるので、転職活動に集中しやすい環境が整っているといえます。

②転職活動で役立つコラム

転職活動が初めてである方は特に、職場選びで気をつける点や面接対策はもちろん、次の職場での馴染み方や長く続けていく方法など、わからないことだらけで困惑しますよね。

そういった不安の多い時、転職サイトに掲載されているコラムやアドバイスなどは意外にも役立ちます。

文化放送ナースナビ人材バンクにももちろん「転職お役立ち」としたコラムページがありますが、文化放送ナースナビ 人材バンクのコラムは特に転職活動で役立つ情報が充実していると評判です。

文化放送ナースナビ人材バンクのコラムには、専門的な資格を要する看護師の仕事を解説するページや、履歴書や職務経歴書の書き方といった基本的な情報を掲載。

また、円満退職に向けた引き継ぎなどの準備、お給料事情、看護師として現場で働く上での知識など「意外と知らなかった!」ことが丸わかりの、ボリューミーな情報ページとなっています。

読むことで気づけなかった部分に気がつくことができ、ひらけた視点で転職活動を進められます。

③最新の求人が随時更新される

転職活動をしていて困る場面の一つに、「希望の求人が掲載終了していた」時があります。

求めるナースの条件や勤務スタイルも自分の希望にピッタリだと応募しようとした時に、募集や掲載期間が終了していて肩を落とした経験がある方は、きっと多いのではないでしょうか。

意外にも掲載期間終了の削除漏れは、大手サイトや有名サイトなど求人掲載数が多くなるほど起こりがちなトラブルです。

文化放送ナースナビ 人材バンクは求人数が小規模ではあるものの、その分管理も行き届いているため、最新の求人情報が随時更新されるのが特徴です。

エリア別の最新求人が定期的に更新され、ピッタリとくる求人を待ち受けていられるのも安心して利用できるポイントとなりますね。

また、最新の求人情報は定期的にメールでお知らせが来るのも文化放送ナースナビ 人材バンクの評判が高い部分です。

文化放送ナースナビ 人材バンクの求人では、「東京」「千葉」「埼玉」「神奈川」の関東圏と、「大阪」「兵庫」「京都」の関西圏で優良な求人を多く取り揃えています。

病棟やオペ室など具体的な担当業務を指定することのほか、これまで培ってきた経験を活かせる「診療科」での絞り込み検索もでき、ナース経験者にとって使いやすい構成が特徴的です。

文化放送ナースナビ 人材バンクの弱み

国からの認可があり、ナースが転職する際に利用しやすいサイトとして評判の文化放送ナースナビ 人材バンクですが、いいところばかりというわけではありません。

文化放送ナースナビ 人材バンクには、以下2点の弱みを抱えています。

  1. 求人サイトが他サイトと比べて少ない
  2. 病院以外の求人は少ない

ここでは、文化放送ナースナビ 人材バンクの弱みについて解説しています。

求人数が他サイトと比べて少ない

転職をするにあたって、求人数の多さは転職先の選択肢を広げるためにも必要不可欠な要素です。

様々な求人を比べ検討した上で、厳選した職場を数個ピックアップするというのが、一般的な転職のイメージですよね。

しかし文化放送ナースナビ人材バンクは、他サイトと比べて全体の求人数が少ないという特徴があります。

特に全国の求人を網羅する大手転職サイトと比べるとその差は歴然で、求人数は大幅に下回ってしまいます。

というのも、文化放送ナースナビ人材バンクの対象エリアが関東・関西地方のみであるためです。

他の有名ナース向け転職サイト全体の求人数と比べると、文化放送ナースナビ人材バンク全体の求人数は20分の1以下までに落ち込み、やや心許ない印象です。

文化放送ナースナビ 人材バンクは対象としているエリアが限定的なため、そもそも集めている求人数が少ないのが現状ですが、多くの求人を見比べて比較していきたい転職の場面においては不利となってしまうでしょう。

とはいえ、一部の地域で特化すると求人の幅が狭まってしまうのはある意味当然のことです。

また文化放送ナースナビ 人材バンクでは国の認可を得ている転職サービスということもあり、審査が厳しくなっている可能性も考えられます。

看護師に転職・キャリアアップを目指す時にオススメの転職エージェント 看護師の資格を活かしてもっとキャリアアップしたい 給与や待遇がもっとよい職場を探したい このようにお考えの看護師の...

病院以外の求人は少ない

ナースの転職といえど、「異業種に転職したい」と考える方は少なくはありません。

特に病院勤務が多いナースにとって、訪問看護や診療所、一般企業などでのナース経験は自身のキャリアアップにもつながり、魅力的な転職先であることでしょう。

今までは病院だったから訪問看護に転職したい…

資格を取ったから一般企業で生かしていきたい…

などその目的は様々ですが、文化放送ナースナビ 人材バンクではその転職の理想は叶えられないかもしれません。

なぜなら、文化放送ナースナビ 人材バンクの強みは「病院」の求人の多さです。

文化放送ナースナビ 人材バンクが保有する全求人はおよそ2600件ですが、そのうち1600件以上が病院の求人となっているほど、病院の求人は充実しています。

その一方で、その他業種の求人数は多くても400件、少ないところは1桁にまで落ち込むなど、求人数の差の激しさは顕著に出ています。

また文化放送ナースナビ 人材バンクでは、訪問サービスや介護関連施設が400件以上と、病院求人の4分の1と少ないもののそれなりの求人数を保有。

しかし一般企業や診療所などの求人は2桁〜1桁にまでなり、希望のエリアで巡り会うことは難しくなっています。

病院以外の職場を文化放送ナースナビ 人材バンクで探すとなると、選択肢の幅が狭くなりかなり厳しいと言えるでしょう。

文化放送ナースナビ 人材バンクはこんな人におすすめ

転職サービスを利用する際、自分がそのサービスを有効に使えるのか、またサービスそのものと自分が求めるニーズがマッチしているのかは、気になる点であることでしょう。

文化放送ナースナビ 人材バンクの利用は、以下のような方におすすめしています。

就職・転職活動で第三者の意見が聞きたい方

就職や転職活動においては、冷静な判断が今後の運命を決定します。

第三者による客観的で的確な判断は、転職や就活において道しるべのように役立つアドバイスとなり得ます。

文化放送ナースナビ 人材バンクでは、専任のコンサルタントとの面談を通して適性や得意分野を客観的にすり合わせていくことができるため、転職活動において「第三者の冷静な意見も取り入れたい」と考えているナースにおすすめです。

特に初めての就活・転職など、1人で何もかもを決定するのが不安なときなどは、利用しておいて損はありません。

あなたの適性に特化した求人を客観的に紹介してもらえ、その中から選ぶことができるので、1人で選ぶよりも考えがまとまりやすいと言うメリットがあります。

さらに、これらコンサルタントからのサポートが「無料で受けられる」と言うのも、心強いですよね。

病院の求人を探している人

文化放送ナースナビ 人材バンクは、病院の求人が充実していることは前述の通りです。

異業種への転職にはあまり向いていないと言う点がありますが、国の認可を得ており、専門的な知識を十分蓄えたコンサルタントと二人三脚で希望する病院を探せる事実は何よりも心強い転職の味方となってくれることでしょう。

文化放送ナースナビ 人材バンクは、病院で募集されている求人を探していて、かつより掘り下げた話を聞きながら職探しを進めていきたい人に特におすすめです。

「異業種が少ない」と言う事実は、一方で「コンサルタントが病院での転職などに慣れている」ことと同義でもあるため、病院での勤務についてのメリットやデメリット、細かい診療科やナースの傾向などを把握している方が多いとも言い換えることができます。

あなたの希望する条件やライフスタイル、キャリアに合わせた病院を的確に紹介してくれると言えるでしょう。

文化放送ナースナビ 人材バンクの登録方法と登録後の流れ

文化放送ナースナビ 人材バンクは、会員登録をすることによってコンサルタントからのサポートや、非公開求人の紹介、病院とのマッチングなど、転職に関するありとあらゆる援助を無料で受けることができます。

しかし残念ながら、文化放送ナースナビ 人材バンクには専用のアプリは存在せず、全てメール等でのやり取りとなることは注意しておきましょう。

ここでは、文化放送ナースナビ 人材バンクに登録する方法とその後の流れについてご紹介しています。

登録方法

文化放送ナースナビ人材バンク のサービスを利用するには、まず会員登録しなくてはいけません。

文化放送ナースナビ人材バンクのWebサイトにアクセスし、会員登録をおこないましょう。

※画像はすべて公式サイトから引用しています:https://nurse.bunnabi.jp/

無料会員登録は、公式HP右上のメニューバーの「登録して相談する」ボタンから行うことができます。

登録の際に入力する項目は5段階に分かれており、わかりやすいのが特徴です。

まず求められるプロフィールは、現在あなたが保有している資格についてです。

ボタン形式で答案を求められる資格は、

  • 看護師
  • 保健師
  • 助産師
  • 准看護師

の4つのうちいずれか。

また、次に勤務したいエリアを「関東・関西」のどちらかから選択します。

プロフィールの入力が済んだ後は、希望する働き方を

  • 常勤(日勤のみ)
  • 常勤(夜勤含む)
  • こだわらない
  • 非常勤

の4つからいずれかを選択します。

また、転職する際の希望時期を

  • すぐにでも
  • 6ヶ月以内
  • 12ヶ月以内
  • 良い求人があれば検討

のうち4つから選択します。

いずれも選択するボタンに従って進めればいいので、感覚的に進めることができ、ストレスがないことが特徴です。

次は、「お住まいの郵便番号」を入力します。

そして、名前、ふりがな、生まれ年を正しく入力します。

ご自身の「郵便番号」「氏名とふりがな、生まれ年」を入力した後は、連絡先の入力に移ります。

連絡先は「電話番号」「メールアドレス」の入力が求められます。

また同じ画面で現在の仕事状況を質問されるため、

  • 離職中
  • 退職確定済
  • できるだけ早く辞めたい
  • いい転職先なら辞めたい
  • その他

から選択します。

また、電話連絡に都合の良い時間帯や希望する連絡手段、面談の希望日、転職先の希望条件など、コンサルタントに伝えておきたい細やかな情報をメモして伝えられる「任意入力欄」もあるため、伝えておきたいことがあるナースはこちらもぜひ活用しましょう。

以上で、文化放送ナースナビ 人材バンクへの登録は完了です。

文化放送ナースナビ 人材バンクに登録しておくと、他の看護師とやりとりができる「ナーストーク」や職場のリアルが知れる「職場クチコミ」などの限定サービスも利用することができるため、深く情報を集めたい型にもおすすめです。

登録後の流れ

文化放送ナースナビ 人材バンクへの登録後は、以下のような手順で転職を進めていきます。

コンサルタントから求人の紹介

コンサルタントからは、電話かSMSもしくはメールにて連絡が返ってきます。

希望する転職先があればコンサルタントが具体的な話を病院に問い合わせてくれるため、あらかじめサイトをみて気になる求人があった場合もスムーズにやりとりを進められます。

また文化放送ナースナビ 人材バンクはハローワークなどとも連携を行っています。

登録時にもしピンとくる求人がなくても、登録さえしておけばコンサルタントが「キャリア」「ライフスタイル」「勤務形態」を伺い、希望に当てはまるハローワーク非公開求人などを紹介してくれるため、じっくりと転職活動を進めたい方や、転職を悩んでいて登録だけしてみた方でも気軽に利用できます。

面接と内定

文化放送ナースナビ 人材バンクで面接が決定した際は、コンサルタントが面接の日程調整を行ってくれます。

面接日には文化放送ナースナビ 人材バンクの担当コンサルタントが同行してくれるため、直前の不安なども払拭した晴れやかな状態で面接に臨むことができます。

ブランクがある、初めての転職など不安点がある場合は面接アドバイスなども実施しているため、利用して損はありません。

また内定後は、コンサルタントが入職条件の再確認と内定先とのやり取りを請け負ってくれ、聞きづらいことも内定前に明らかにできるメリットがあります。

絶対に押さえておきたい面接マナーまとめ(服装・受付・入室・退室など) 採用担当者が特にチェックしているマナー 面接採用はその会社の人事部社員がメインで担当します。さらに募集職種に応じて、その...
WEB面接で悪い印象をあたえないために知っておきたい注意事項10選 新型コロナウイルスの影響もあって取り入れられる機会が増えてきたWEB面接。 ただ、ここ1〜2年で取り入れられるようになってきた面...

文化放送ナースナビ 人材バンクを利用する際の注意点

ここでは、文化放送ナースナビ 人材バンクを利用する際の注意点をご紹介していきます。

転職先が対応エリア内か確認する

文化放送ナースナビ 人材バンクは、求人を取り扱っているエリアが「関東・関西」のみと非常に狭いです。

対応エリアの範囲が限られているため、エリア外の求人を探している場合は利用を当然利用を諦めなくてはなりません。

文化放送ナースナビ 人材バンクの利用は『病院の求人かつ、対応エリア内であること』が大前提です。

対応エリア外からも検討している場合は、コンサルタントの意見を聞きつつ両エリアでの就職・転職活動を視野に入れて、さらに他サービスと併用するとスムーズに転職活動を進められるでしょう。

まとめ

国の認可を得ており、真摯に協力してくれるコンサルタントの姿勢が高い評判を得ている文化放送ナースナビ 人材バンクについてご紹介しました。

ナースの求めるニーズによって賛否が分かれる「病院の求人に特化している」という点ですが、病院での勤務をメインとして転職を進めているナースにとっては最適な転職サービスです。

また病院は、当然ナースの需要が他業種より高いことも特徴としてあげられます。

腕の良いコンサルタントからのサポートを得つつ、病院への転職を華々しく成功させたいナースは、ぜひ文化放送ナースナビ 人材バンクの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

転職活動で「看護プロ」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ 看護師の転職に特化した転職エージェント、「看護プロ」。 多くの看護師が利用している定番の転職サービスということもあって気になって...
転職活動で「ナースパワー」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ 看護師として今以上にキャリアアップしたい 今の職場より給与や待遇のよい職場を探したい 新しい環境への転職にチャレ...