職種別転職サービス

製薬業界に転職・キャリアアップを目指す時にオススメの転職エージェント

もっとキャリアアップしたい、もっと条件のよい職場へ行きたい、新しい環境に挑戦したいなど、転職を検討される方の考え方は十人十色です。

製薬業界を検討されている方にも当てはまるでしょう。

しかし「どのように転職活動を進めればよいか」までは知らない人のほうが圧倒的に多いのではないでしょうか。

結論をいうと、製薬業界の転職活動には、転職エージェントを利用するのが近道になります。

この記事では、

  • 製薬業界の特徴や仕事内容
  • 製薬業界は未経験でも可能か?資格は必要か?
  • 転職エージェントを利用すべき理由
  • 転職エージェントの選び方
  • おすすめの転職エージェント

について説明します。

製薬業界の特徴・仕事内容

製薬業界は、「薬を作り、販売する」というのが主な業務です。

製薬業界は大きく分類すると、下記の4種類に分けられます。

  1. 医療用・一般用医薬品メーカー
  2. ジェネリック医薬品メーカー
  3. 外資系医薬品メーカー
  4. その他
各業界の特徴
  • 「医療用・一般用薬品メーカー」では、病院や薬局などで処方される医薬品を、開発から販売まで一貫して行っています。
  • 「ジェネリック医薬品メーカー」は、ジェネリック医薬品(新薬の特許が切れた後に販売される、新薬と同等と国から認められた薬)を製造するメーカーです。
  • 「外資系医薬品メーカー」は資本の三分の一以上を外国の法人が持っている医薬品メーカーで、メーカーによって新薬・ジェネリックどちらも販売しています。

その他、開発や治験、販売を専門とする企業などがあります。

製薬業界には、このように業界特有の職種があることが大きな特徴です。

製薬業界特有の職種

特有の職種については、以下の通りです。

研究職

研究職は、医薬品を作るのが仕事となります。

作用メカニズムの解析や、製剤化に向けての研究など、分野に応じて数名でチームを組んで進めるのが普通です。

研究職には高度な専門知識が必要で、優秀な人材がそろっています。

開発職

新しい製品を開発するのが、開発職の最大の職務です。

動物実験、治験などの臨床試験を行い、製品の安全性を調べます。また、そのデータを蓄積してまとめたものを、厚生労働省に提出して承認を得るまでを担います。

新薬は10年から20年と長い期間をかけて開発され、かかる費用も莫大です。

薬品メーカーの花形の職場ですが、その役割は責任重大です。専門知識だけではなく、品質管理やコンプライアンス意識の高い人材が開発職には求められます。

生産職

生産工程の管理や、品質のチェックをするのが生産職です。

実際に商品の生産にかかわるので、原料や成分、薬学に対する豊富な知識を持っていることが求められます。

人の安全や生命にかかわる仕事なので、コンプライアンス遵守はもちろん、作業ミスは許されないような責任の重い部署でもあります。

営業職

医薬品を医療関係者に届ける役割です。一般的にMR(Medical Representative、医療情報担当者)と呼ばれます。

医療関係者への訪問を通じて、医薬品の品質や有効性などの情報の提供・収集をします。その情報を自社と医療関係者のお互いに伝えあい、品質向上や商品の普及につなげるのが主な職務です。

理系の知識が無くてもMRにはなれますが、薬品などの専門的な知識はつけなければなりません。製薬業界では比較的求人の多い部署でもあります。

上記以外では、他の業界にも共通する経営企画や経理、総務系の職があります。

研究職や開発職、生産職は非常に専門性が高く、それに伴い求められる知識レベルやスキルも高いのが特徴です。

製薬業界への転職は未経験でも可能?資格は必要?

結論をいえば、未経験でも大丈夫ですし、とくに必要な資格はありません。ただし、求められるスキルのレベルは非常に高くなります。

MRの場合、大学卒であれば文系理系問わず挑戦できます。しかし研究や開発に携わる人材には、最低でも理系学部修士号取得のレベルを求められ、非常にハードルが高いです。

そんな中でも、持っていると有利になる資格やスキルについて説明していきます。

薬剤師

薬剤師の資格を持っていれば、製薬業界のどの職に転職するのも有利になります。

しかしながら資格取得は難しく、取りたいと思ってもすぐに取れる資格ではありません。

薬学を大学で6年間学び、その後に国家試験に合格してようやく資格取得できます。

現状で資格のない方は資格取得を目指すのではなく、転職活動を重視したほうがよい結果を得られるでしょう。

英語力

資格ではありませんが、研究・開発・生産職への転職では英語力があると非常に有利です。

海外の論文などを読む必要があるので、高い語学力が必要になります。

TOEICのスコアで何点以上が必要、というのはありませんが、最低でも論文を読めて理解できる程度の語学力が必要となります。

MR認定試験

MR職への転職を考える方は、持っているとよいでしょう。しかし、実務経験が受験資格に入っているので未経験からの受験はできません。

MRは資格がなくてもできなくはありませんが、MRの98%以上がこの資格を取得しています。

もし前職でMRを取っている、というのであれば、それを転職活動の武器にするのは可能です。

製薬会社によってはMR取得を必須としているところもあるので、転職後には必ず取っておいたほうがよい資格です。

普通免許

MR職は、医療機関をおとずれるのが主な仕事と言っても過言ではありません。その際に、自動車の免許は必要です。

都会では、電車移動のほうが早い場合もありますが、しかし地方の医療機関であれば、車でないと訪問自体が難しいようなところもあります。

また、荷物や書類を持って移動する場合が多いので、自動車移動が現実的です。

危険物取扱者

製造部門や研究開発部門で必要になる場合があります。甲種の資格を持っていれば有利になりますが、とくに必須というわけではありません。

優先順位は高くないので無理に取りに行く必要はありませんが、もし持っていれば転職の助けになる可能性が高い。

製薬業界への転職は、資格の有無よりも知識やスキルレベルが重視されます。

研究や開発、生産職を目指す方は、とくにそのことを念頭に置いておくほうがよいでしょう。

製薬業界への転職に転職エージェントを利用すべき理由

製薬業界への転職には、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

では、なぜ転職エージェントを利用するほうがよいのでしょうか?理由について、以下に列挙していきます。

求人数が多い

転職エージェントの特徴として、求人数の多さがあげられます。

例えば株式会社リクルートが運営するサイトで比較すると、「リクナビネクスト」(転職サイト)の求人数は令和3年10月時点で52,000件です。

対して、「リクルートエージェント」(転職エージェント)では314,000件と、6倍以上の差があります。

非公開求人がある

転職エージェントには、非公開求人というものがあります。

非公開求人とは、企業側の都合でサイト上に掲載できない求人です。

非公開求人には、一般的に公開されている求人情報と比較してよい条件のものが多数存在します。

そして、非公開求人の内容については転職エージェントを経由しないと内容を知ることができません。

転職活動のサポートを受けられる

転職エージェントに登録すると、転職に関するさまざまなサポートを受けられます。

転職活動をスタートするにあたっての助言や、業界の情報提供、書類添削や模擬面接、内定後の年収や待遇の交渉など、その内容は至れり尽くせりです。

このようなサポートを、多くの転職エージェントでは無料で受けられます。

転職活動の成功率があがる

一般の転職サイトでは、企業を探すところからすべて自分で行わなければなりません。履歴書の提出は、いわば数を打てば当たるというような形になってしまいます。

一方転職エージェントでは、求職者との面接を通じてその人にあった企業を紹介してもらえます。

内定を狙えそうなところに絞った転職活動が行えるので、転職までの道のりが近くなるでしょう。

転職後のミスマッチが減る

自分で求人を探して応募する場合、求人票に書いてある内容以外を知ることはできません。面接に行っても、企業の裏側や実情までを知るのは難しいでしょう。

転職エージェントでは、会社の雰囲気や業界の情勢など、知っている情報をすべて事前に教えてもらえます。

客観的な視点や企業側の要望を踏まえて紹介されるので、転職したけれど合わなかったというミスマッチを減らせるのです。

製薬業界に強い転職エージェントの選び方

では、製薬業界に転職するにはどのような転職エージェントを選べばよいのでしょうか?

製薬業界の求人数

製薬業界の求人が多いというのは、転職エージェントを選ぶ上では非常に重要です。

求人数が多ければ、求職者にマッチした求人の数も多いと考えられますし、選択肢が多いのと合わせ、限定求人や非公開求人の数も多くなるでしょう。

多ければ多いほどよいわけではありませんが、数の多さは確実に求職活動のアドバンテージになります。

製薬業界の転職サポート実績の多さ

転職サポートの多さも、転職エージェントを選ぶ上では見逃せません。

製薬業界のサポートが不得意な転職エージェントを選んでしまうと、自分の思うような企業を紹介してもらえない可能性があります。

製薬業界内でのサポート実績の多さは、転職エージェントが製薬業界を得意としていることを意味します。

実績が多い分製薬業界への転職ノウハウが蓄積されているので、思うように転職活動を行えるでしょう。

製薬業界に強い

製薬業界は業界特有の職種があるなど、一般的な転職活動と違う一面を持っています。

転職エージェントでは、業界の情報をまんべんなく集めており、常に新しい情報に触れられるので、製薬業界に強いエージェントであればば今までの情報の蓄積や企業とのパイプなどを見込める可能性が高いです。

製薬業界への転職でおすすめな転職エージェント

ここで、製薬業界への転職におすすめできる転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントには

  1. 総合型転職エージェント(業種業界問わずあらゆる求人を取り扱う)
  2. 特化型転職エージェント(特定の業界に特化した求人を取り扱う)

の2種類があります。総合型と特化型を合わせて複数登録するのが、転職活動をうまく進める上でおすすめです。

総合型のエージェント

リクルートエージェント

★特徴★
  • 求人総数ナンバーワン
  • 転職成功実績もナンバーワン
  • 非公開求人が非常に多い

リクルートエージェントは、現在業界トップを走っている転職エージェントです。

総求人数は令和3年10月時点で約314,000件、そのうち非公開求人が約185,000件と、他の転職エージェントを圧倒しています。

転職成功実績でも累計40万人を超えており、規模も実績も業界ナンバーワンの数値です。

製薬業界の求人や転職のノウハウもたくさん持っていますので、まずはリクルートエージェントに登録しておけば間違いありません。

転職ならリクルートエージェントを利用すべき?評判や登録の流れもご紹介 そうお考えの方は少なくないでしょう。現在、Web上にはたくさんの転職支援サービスがあります。その中でも評判をよく聞くのが、業界大手...

リクルートエージェント 公式サイト

JACリクルートメント

★特徴★
  • ハイクラスに特化した転職エージェント
  • サポートの質が高い
  • 外資系企業に強い

JACリクルートメントは、ロンドン発祥の転職エージェントで、アジア最大級のネットワークを持っているので外資系企業に強く、また求人の質は非常に高いです。

ハイクラスの求人に特化しているため30代以上の求職者の登録が多いのも特徴で、高年収を目指す方へのサポート体制は充実しています。

外資系の製薬会社やハイクラス求人を目指す方には、とくにおすすめできる転職エージェントです。

転職活動で「JACリクルートメント」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ ハイクラス・ミドルクラスの転職に強い転職エージェント「JACリクルートメント」。 実績も豊富で有名な転職エージェントなので、気に...

JACリクルートメント 公式サイト

Spring転職エージェント

★特徴★
  • 職種別のコンサルタントが在籍
  • 世界60カ国でサービスを展開
  • コンサルタントが求職者と企業を担当

Spring転職エージェントは、スイスに本社を置く世界的な人材会社のアデコグループが運営する転職エージェントです。世界の60カ所に拠点があるので、外資系企業にも強みを持っています。

Spring転職エージェントでは、職種別にその分野に精通したコンサルタントが在籍しているのが大きな特徴です。

製薬部門を専門としたコンサルタントも在籍しており、総合型の転職エージェントでありながら専門性の高いサービスが期待できます。

企業と求職者の両方を一人のコンサルタントが一気通貫で担当していることで、企業と求職者のベストマッチが実現できます。

Spring転職エージェント 公式サイト

製薬業界特化型のエージェント

Answers(アンサーズ)

★特徴★
  • 製薬・医療業界に特化
  • 製薬業界のあらゆる職種を網羅
  • 利用者満足度96.4%*

Answersは、製薬会社・医薬品業界に特化した転職エージェントです。

運営会社の株式会社クイックは、創業30年以上を誇り、これまでの転職支援で蓄積した企業の詳細情報を豊富に持っています。

国内の製薬メーカーはもちろんのこと、外資系やCSO(医薬品販売業務受託機関)・CRO(医薬品開発業務受託機関)の求人まで網羅しています。

製薬業界のニュースや転職トピックスなど、転職に役立つコンテンツが満載です。

利用者の満足度は96.4%と非常に高く、製薬業界を目指す方にはおすすめできる転職エージェントです。

Answers 公式サイト

メディサーチ

★特徴★
  • メディカル業界に特化した転職エージェント
  • 製薬業界経験者のアドバイザーが在籍
  • 夜間や土曜日に電話相談ができる

メディサーチは、製薬業界をはじめメディカル業界に特化した転職エージェントです。

全員が製薬業界出身のコンサルタントで、中には20年以上勤務経験のあるコンサルタントも在籍しています。それゆえに、企業の採用担当者もうなるほどの製薬業界全体の豊富な知識を持っています。

企業や利用者からの信頼も厚く、求職者とのミスマッチが少ないという意見も多いです。

転職相談について通常は平日の19時までの受付ですが、平日19時以降や土曜日については事前に相談すれば対応可能です。

メディサーチ 公式サイト

製薬オンライン

★特徴★
  • 専門性の高いアドバイザーが在籍
  • 企業から直接スカウトがくるサービスあり
  • 未経験者応募可能な案件も多数

製薬オンラインは、株式会社オンウェーブが運営する製薬・医療業界に特化した転職エージェントです。

製薬業界を熟知したキャリアアドバイザーから、求人の提案から書類の書き方、面接対策など、内定を得られるまで徹底的にサポートを受けられます。

マイページにスカウト利用登録しておけば、キャリアアドバイザーからだけではなく、求職者に興味を持った企業から直接スカウトの連絡がもらえるサービスもあります。

平日の10時から19時までの間は電話での転職相談を受付しているので、遠方や面接時間の取れない方でも安心です。

業界未経験者が応募可能な案件も多数持っているので、未経験で不安な方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

製薬オンライン 公式サイト

まとめ

ここまで、製薬業界への転職には転職エージェントがおすすめだという説明をしてきました。

製薬業界への転職は、複数の転職エージェントを利用して挑めばうまく進みます。

スキルや知識レベルの非常に高い人材を求められる、製薬業界。

転職エージェントをうまく使って、自分のスキルを最大限に活かせる職場をぜひ見つけてくださいね。