転職コラム

面接時の逆質問は必要なの?人事にぶっ刺さる逆質問例とNG例を紹介

面接時の逆質問はなぜ必要なの?

面接試験を受けていると必ず出くわす質問が、「なにかご質問はありませんか?」という逆質問です。

「特にありません。」と答える方も少なくなく、そう答えたところで減点されたり、選考から落とされてしまったりすることはないです。

ですが、逆質問はこちらのことをアピールするチャンスでもあります。

また、企業側としても応募者がどのようなことを疑問に思っているのかを知るチャンスだと考えているところも多く、質問してくれる方が嬉しいと考えているのも現状です。

本記事では、就職活動や転職活動をしている方を悩ます面接試験での企業からの逆質問について、様々な視点から紐解いてきます。

絶対に押さえておきたい面接マナーまとめ(服装・受付・入室・退室など) 採用担当者が特にチェックしているマナー 面接採用はその会社の人事部社員がメインで担当します。さらに募集職種に応じて、その...

面接官の「なにか質問はありますか?」の意図

企業側もただ漠然と「なにか質問はありますか?」と聞いている訳ではありません。

以下のような観点から、企業側も逆質問しています。

  1. コミュニケーション能力のチェック
  2. 意欲のチェック
  3. 会社との相性のチェック
  4. 応募者の疑問や不安を解消するため

それぞれ詳しく説明していきましょう。

①コミュニーション能力のチェック

仕事をしていく上で、取引先や顧客とのコミュニケーション能力は重要です。

特に、分からない点やもう少し話を聞いておきたいことなど、要点を整理して質問していくという場面はビジネスのシーンに多くでできます。

そうしたビジネスにおける質問をしなければならないときに、どのように質問できる人なのかということを企業側は見たいという気持ちがあるのも知っておきましょう。

②意欲のチェック

応募者採用担当が受けるイメージ
志望している企業独自の内容について質問をする しっかりと調べていて、自分なりの視点で分からないことをきいてくれているのだな
志望している企業にあったオリジナルの質問をする 企業や仕事に対して意欲の高い応募者だな

同じようなことをしつこく質問しない限り、マイナスな印象を受けることは無いので、積極的に採用担当者に質問していきましょう。

志望動機・志望理由で書くべき内容は?書き方やNG志望動機を徹底解説 志望動機・志望理由の重要度はどれくらい? 志望動機や志望理由について、企業はどのくらい重要視しているのでしょうか。 ...

③会社との相性のチェック

自分が不安に思っていることやこれから歩んでいくと予想されるキャリアについて質問しているという方も多いでしょう。

例えば

新人研修が豊富なのかどうか分からないという不安があり、それについて質問した。

企業側は自分で本を読んだり、資格を修得したり、自主性の高い人材が欲しいと考えていた場合、上記の点について質問してきた人に対しては自社とは合わないかもと判断される可能性が出でくるでしょう。

キャリアについても、

例えば

実力主義の会社なのかと思って質問した

その企業が年功序列型の組織だった場合、良い印象は与えられない可能性もあるので注意が必要です。

④応募者の疑問や不安を解消するため

一人一人の応募者の疑問や不安を直接話して解消する場面というのは、実は面接試験の場くらいしかないという企業もあります。

ですので、『疑問点や不安点は、積極的に質問してほしい』と考えている企業も多く、逆質問の機会を作っている場合もあることも頭の中に入れておくと良いでしょう。

面接時の逆質問で聞いてはいけない内容

面接試験の時の逆質問では、基本的に自分の疑問点や不安点をきいていくのが良いですが、以下の点について質問することは相手にこちらが意図していることが伝わらず、マイナス評価になってしまう場合もあるので気をつけなければなりません。

  1. 面接官が一度話した内容
  2. 事前に調べれば分かる内容
  3. 給与や待遇面に関する内容
  4. YES/NOで答えられる内容

上記の注意点について、それぞれご説明していきましょう。

①面接官が一度話したこと内容

面接官が面接中に話した内容を再度質問するのは避けましょう。

面接のような重要な場で人の話を聞けない人材だと判断されてしまいます。

どうしても緊張していてしっかりと聞けなかった内容を聞きたい場合には、聞いた話をそのままもう一度質問するのではなく、より深く話を聞きたいという方向で質問していくと、同じ内容をより深く話してくれますので試してみてください。

②事前に調べれば分かる内容

ホームページや四季報などで少し自分で調べれば出てくる内容については、質問しないようにしましょう。

社会人としての情報収集能力やリサーチ力がない人だと思われるだけでなく、事前に自社を調べてきてくれていないというマイナス評価にもつながってしまいます。

自分一人ではこれ以上調べられないというくらい、志望する企業の情報を下調べしておくのは就職活動や転職活動の基本です。

③給与や待遇面に関する内容

給与や待遇面について質問するのは避ける方が無難です。一番気になる事柄かもしれませんが、内定をもらった後で必ず分かることでもあります。

内定前に給与や待遇面を知りたいという方は、転職エージェントなどを活用して詳しく教えてもらうと良いでしょう。

④YES/NOで答えられる内容

「Yes」か「No」で答えられる質問はしない方が良いです。会話が続かなくなってしまい、こちらのコミュニケーション能力や質問力を疑われてしまいます。

英語の「5W1H」のように、相手が具体的な内容でしか答えられないような質問にすると、「Yes」か「No」で答えられる質問になってしまうことを避けられるので、参考にしてみてください。

5W1Hとは

英単語の頭文字を取ったものです。
5W1Hを意識することは情報伝達の基本になるので覚えておきましょう。

  1. When:いつ
  2. Where:どこで
  3. Who:だれが
  4. What:何を
  5. Why:なぜ
  1. How:どのように

【シチュエーション別】面接時の逆質問例

なかなか逆質問をしても良いという場面になっても、どういう質問をすれば自分の良さを上手くアピールできるのか分からないという方も多いでしょう。

ここからは、以下の内容のアピールをしたいときに使っていくと良い逆質問の例について、ご紹介していきます。

  • やる気・モチベーションの高さをアピールしたい
  • 自分の長所をアピールしたい
  • 企業との相性を確認したい

上記の点をアピールしたいときの逆質問のフレーズについて1つ1つ詳しくご紹介していきましょう。

やる気・モチベーションの高さをアピールしたい時

やる気やモチベーションの高さをアピールしたいときに使う逆質問の例と効果をご紹介していきましょう。

御社に入社して一早く活躍したいのですが、今から準備しておいた方が良いことや勉強しておいた方が良いことはありますか?

私と同年代で転職してきた方で、御社の役職に就かれている方はいらっしゃいますか?将来的にはリーダーやマネージャーとして活躍したいのですが・・・

御社で尽力していくことで、転職からでもどのようなキャリアを経てどのような役職として活躍していくことができますか?

それぞれの逆質問について、解説していきましょう。

例1)「御社に入社して一早く活躍したいのですが、今から準備しておいた方が良いことや勉強しておいた方が良いことはありますか?」

この質問をすることで、下記をアピールすることができます。

  1. すぐに仕事に馴染めるように努力していきたいという気持ち
  2. 仕事についてからもより自分のスキルアップや知識の向上をしていきたいという前向きな姿勢

質問してやる気やモチベーションの高さをアピールするだけでなく、教えてもらったことを素直に実行していくことで、入社後も一目置いてもらえる可能性も出てくるでしょう。

自分にとってメリットしかない逆質問ですので、積極的に使っていきたいフレーズです。

例2)「私と同年代で転職してきた方で、御社の役職に就かれている方はいらっしゃいますか?将来的にはリーダーやマネージャーとして活躍したいのですが・・・」

野心家の方におすすめしたい逆質問です。

転職してきた理由の本音は給与アップや待遇アップでしょう。この本音を隠しながら、かつ、本音に近い話を聞ける逆質問でもあります。

  1. 将来的にやってみたい仕事を伝えることでやる気やモチベーションを伝える
  2. 努力をすることでどのくらいのポストや待遇が待っているのか探れる

どのような将来性があるのかをやる気やモチベーションもアピールしながら探ってみるのも逆質問の効果になります。

例3)「御社で尽力していくことで、転職からでもどのようなキャリアを経てどのような役職として活躍していくことができますか?」

将来的なポストが気になるという方は多く、先ほど紹介した逆質問を面接官の方は他の応募者からも同じような質問を受けています。

ですが、「どのようなキャリアを経て、どういったポストまでいけるのか」という過程の部分から質問してくる人は少ないです。

やる気やモチベーションだけでなく、下積みの時代に対しても意識が高く様々なことを学んでいってくれそうだという期待も面接官に持ってもらえます。

逆質問する側も堅実的にどのようなキャリアを辿れるのかを知ることができますので、自分がどのようなコースを辿るのか意識しやすいです。

さらに教えてもらったキャリアの仕事に対しても、

実は〇〇という役職での仕事にも興味があったので、そういうルートを辿って活躍できるのはとても楽しみです。

といったように前向きな対応をすることで、より自分を売り込んでいくこともできます。

自分の長所をアピールしたい時

自分の長所をアピールしたときに使っていくと効果的な逆質問についてご紹介していきましょう。

御社の仕事や業務内容で、私の〇〇といった資格を活かしていける場面はありますか?

前職では営業職を行なっていました。御社でも営業職を希望しています。御社で活躍するために必要な営業スキルはどのような点でしょうか?

粘り強く物事に取り組んでいくことができるのが私の長所ですが、本部署ではどのような業務で粘り強さが必要になりますか?

これらの逆質問について、それぞれ解説してきます。

例1)「御社の仕事や業務内容で、私の〇〇といった資格を活かしていける場面はありますか?」

この質問をすることで、下記をアピールすることができます。

  1. 資格取得に向けて勉強していける人材であること
  2. 取った資格も利用して仕事に貢献したいという前向きな姿勢

資格はあなたの社会人としての個性にもなりますので、アピールしていくことでより面接官に自分を印象付けることができるでしょう。

転職に資格は必要?転職に活用できるおすすめの資格を業界別に紹介! 転職活動では、アピールポイントとなる武器をどれだけ持っているかがとても重要になります。 そんな転職活動における武器の一つとして有...

例2)前職では営業職を行なっていました。御社でも営業職を希望しています。御社で活躍するために必要な営業スキルはどのような点でしょうか?」

前職の経歴はあなたの強みになります。自分の強みをより活かして働きたいと思う方も多いですし、採用担当側も即戦力として期待している部分になるでしょう。

上記の逆質問の場合、「営業職以外はダメですか?」とさらに質問される場合もあります。

その場合は、本音を答えるよりも、他の仕事にも当然興味があるという方向で話していきましょう。

「他の仕事を通して得た視野の広さや、知識も活かしてより視野の広い営業職として活躍したい」といったように、柔軟性と自分の中のこだわりとをうまくミックスして伝えていくとより好印象を与えられる。

例3)「粘り強く物事に取り組んでいくことができるのが私の長所ですが、本部署ではどのような業務で粘り強さが必要になりますか?」

自分の長所をどのように配属先や企業で活かしていけるのかを具体的に聞いていくことも良いでしょう。

その際に気をつけたいのは、『履歴書には書いていない長所を活かせるかどうか』という質問にしておくと、よりあなたのことをアピールしていくことができます。

履歴書には書ききれなかった長所をアピールしつつ、企業で活躍できる人材だとアピールしていきましょう。

第二新卒の面接では何をチェックされる?押さえておきたい4つのポイント 第二新卒として転職活動をしている方の中には、面接に不安を抱えているという方も多いでしょう。 第二新卒の面接では、新卒時とは違った...

企業との相性を確認したい時

面接の最中に、企業と自分の相性を確認できる場面は少ないです。

逆質問の際に、企業と自分の相性を確認できそうな質問をいれていっても良いというのはご存知でしょうか。

特に志望度があまり高くない企業では、自分自身でも採用されたら就職するのかどうかを判断する材料になることを少しでも多く面接試験で持ち帰りたいと思っている方も多いでしょう。

企業と自分の相性を確認したい場合に使える逆質問の例をいくつかご紹介していきます。

私は人との交流を大事にしてきたのですが、御社では部門を超えての交流やお仕事の機会というのもあるのでしょうか?

自分の意見を伝えながら仕事をしていきたいのですが、若手が主体的に意見をしていってもよいという雰囲気は御社にはありますか?

若手でも新しい企画や営業先を提案してける環境が、御社にはありますでしょうか?

これらの逆質問についても解説していきましょう。

例1)「私は人との交流を大事にしてきたのですが、御社では部門を超えての交流やお仕事の機会というのもあるのでしょうか?」

この質問をすることで下記を探ることができます。

  1. 他部署との交流がある職場環境なのか
  2. 人間関係の揉め事が少ない会社なのか

社交的なあなたの性格もアピールできますが、他部門との連携も考えている視野の広い人材だと判断してもらえる可能性もあります。

例2)「自分の意見を伝えながら仕事をしていきたいのですが、若手が主体的に意見をしていってもよいという雰囲気は御社にはありますか?」

トップダウンの職場なのかボトムアップの職場なのかといったことは、会社説明会などではなかなか分からない部分です。

直接働いている方に質問していくことで、社風や雰囲気が分かることもあるので、逆質問として使ってみても良いフレーズになります。

例3)「若手でも新しい企画や営業先を提案していける環境が、御社にはありますでしょうか?」

自分自身の企画や新たな営業先の開拓ができるかどうかは、就職した後での自分の評価を高めていくことにつながります。

自分の努力次第でよりさまざまな仕事を行うことができ、成長できる職場なのかどうか確認する意味でも、使用していく価値のある逆質問のフレーズです。 

面接対策が不安なら転職エージェントを利用

どういった逆質問が自分の経歴や履歴書の内容からして不自然でないのかや、自分が意図しているアピールができているかどうかは、客観的な視点でないと分からないことが多くあります。

自分一人で逆質問や面接対策をしていくのには限界がありますので、転職エージェントなどを活用し、客観的な視点で面接対策や逆質問対策を行なっていくのも効果的です。

自分一人で悩んでいても良い方法が浮かぶことは少ないですので、転職活動のプロに気になっていることを相談していくことで、あなたが大活躍できてより良い職場と巡り会えるのではないでしょうか。

第二新卒の転職事情と、20代に強い転職サイト・転職エージェント 学校卒業後に就職活動をする場合、大きく「第二新卒」と「既卒」の2種類に分けられますが、このうち第二新卒は、企業からの需要が高くなってい...

まとめ

「質問したいことは特にありません。」というよりも、逆質問のチャンスを活かしましょう。

逆質問をすることで以下のメリットがあります。

  • 自分の性格の長所や仕事へのやる気をアピール
  • 職場の雰囲気などを知る

ですが、逆質問で聞いてはいけないこともありますので、そういった内容を避けながら、自分が知りたいことを素直に聞いていくと、面接試験の時間がより良いものになるでしょう。

また、質問をきっかけに商談が進んだり、より良い提案を出せたりするという可能性もあるのがコミュニケーションの力の一つ「質問する力」です。

仕事に着く前に質問力を鍛えるための一つの試練だと思って、逆質問する力を習得していくことをおすすめします。

自分一人で逆質問の内容や効果を考えるよりも、転職エージェントのようなさまざまな事例や経験を持っているプロの方に客観的に評価してもらうのも効率的ですので、頭の片隅に入れておきましょう。

WEB面接で悪い印象をあたえないために知っておきたい注意事項10選 新型コロナウイルスの影響もあって取り入れられる機会が増えてきたWEB面接。 ただ、ここ1〜2年で取り入れられるようになってきた面...