転職サイト・転職エージェント

転職活動で「ソフトウェアジョブズ」は利用すべき?特徴まとめ

ITエンジニアの求人に特化した求人紹介・案件紹介サイト、「ソフトウェアジョブズ」

転職を検討中のITエンジニアの方の中には、

ソフトウェアジョブズが気になっている

という方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、ソフトウェアジョブズがどういった求人サイトなのかについて紹介していきます。

  1. ソフトウェアジョブズのサービス概要
  2. ソフトウェアジョブズを利用するメリットやデメリット
  3. ソフトウェアジョブズがおすすめな人
  4. ソフトウェアジョブズの登録方法
  5. ソフトウェアジョブズを利用する際の注意点

詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ソフトウェアジョブズはどんなサービス?

ソフトウェアジョブズは、バルテス株式会社が運営している求人サイトです

★ポイント★
  • ITエンジニアの中でもテスト・品質管理関連の求人の取り扱いを強みにしている
  • 日本マーケティングリサーチの調査では「ITエンジニアが選ぶ求人サイト利用満足度」の項目で4年連続1位になっている顧客満足度の高い求人サイト

ユーザーからの評価も高く、IT業界への転職を検討している方であれば忘れずにチェックしておきたい求人サイトです。

転職活動でソフトウェアジョブズを利用する4つのメリット

転職活動にソフトウェアジョブズを利用する主なメリットとしては、以下の4点があげられます。

  1. テスト・品質管理関連の求人や案件が豊富
  2. 豊富なスキル支援を取り揃えている
  3. 福利厚生が充実している
  4. 非公開求人や高単価の求人が豊富

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

①テスト・品質管理関連の求人や案件が豊富

ソフトウェアジョブズはITエンジニア向けの求人の中でも、テスト関連の求人や品質管理関連の求人の取り扱いに特化している求人サイトです。

そのため、テスト関連の求人や品質管理関連の求人が豊富に掲載されています

ITエンジニアの求人を豊富に取り扱っている求人サイトやITエンジニア向けの求人に強い求人サイトはいくつもありますが、テスト関連の求人や品質管理関連の求人に特化した求人サイトは非常にまれです。

ITエンジニア向けの求人全般を取り扱っている求人サイトにもテスト関連の求人や品質管理関連の求人は掲載されていますが、その他の案件も掲載されているため探すのに時間と手間がかかります。

また、実際に探してみると、数件しか掲載されていないというケースも珍しくありません。

一方、ソフトウェアジョブズはテストや品質管理関連の求人の取り扱いに特化しているため、それらの求人リサーチを効率的におこなうことができ、魅力的な求人も多数掲載されています

ITエンジニアの業務は多岐にわたるため転職を希望しているすべてのITエンジニアにおすすめできるわけではありませんが、テスト関連の業務や品質管理関連の業務に興味がある方にとってはうってつけの求人サイトだと言えるでしょう。

②豊富なスキル支援を取り揃えている

デジタルテクノロジーは日々進化していますし、毎日のように新しい技術が生まれています。そのため、ITエンジニアは就職が決まった後も学び続けなくてはいけません。

ソフトウェアジョブズはそのことを理解しているので、登録したエンジニアがスキルアップできる環境を整え、いつでも学べるようにしています。

豊富なスキル支援が取り揃えられている点も、転職活動にソフトウェアジョブズを利用するメリットの一つです

代表的な支援
  • 本の貸し出し
  • 勉強会への参加
  • 資格取得の支援制度

本はエンジニアがスキルアップするための手段として代表的な学習方法だと言えますが、エンジニア向けの本は価格が高く、2~3,000円以上するものも珍しくありません。

1冊2~3,000円もする本を個人で何冊も購入するとなるとかなりの金額になりますが、ソフトウェアジョブズに会員登録すれば、それらの本を無料でレンタルできるようになります。

また、ソフトウェアジョブズでは定期的に会員向けの勉強会を開催しているため、会員になれば勉強会に参加して学ぶことも可能です。

海外でも通用するエンジニア向けの資格である「JSTQB認定テスト技術者資格」の取得を支援してもらえる点も、非常に魅力的なポイントの一つだと言えるでしょう。

転職に資格は必要?転職に活用できるおすすめの資格を業界別に紹介! 転職活動では、アピールポイントとなる武器をどれだけ持っているかがとても重要になります。 そんな転職活動における武器の一つとして有...

③福利厚生が充実している

ソフトウェアジョブズは正社員や契約社員など、社員向けの求人を取り扱っている求人サイトではなく、派遣やフリーランスエンジニアとして働きたいと考えている方向けの求人を取り扱っているサイトです。

派遣やフリーランスという働き方には正社員や契約社員にはないメリットがありますが、逆に派遣やフリーランスならではのデメリットもあります。

数あるデメリットの中でも特に影響の大きい代表的なデメリットと言えるのが、「福利厚生」です。

正社員や契約社員として採用された場合、企業が用意している福利厚生の対象になりますが、派遣社員やフリーランスはその企業の社員ではないため福利厚生の対象にはなりません。

ソフトウェアジョブズでは、そのデメリットを払拭するため、会員向けに魅力的な福利厚生を用意しています

一定の条件を満たした会員は社会保険に加入することができますし、保養所の利用や各種優待を受けることもできます。また、健康診断や予防接種を受けることも可能で、有給休暇や育児介護休業制度も用意されています。

派遣やフリーランスとして働く場合、正社員や契約社員のように福利厚生が整っていないことに不安を感じる方も少なくないと思いますが、そういった不安を抱えずに安心して働ける点は非常に魅力的なポイントだと言えるでしょう。

④高単価の求人が豊富

ソフトウェアジョブズでは派遣やフリーランス向けの高単価な案件が多数掲載されています。

ソフトウェアジョブズのWebサイトで求人検索メニューを確認してもらえるとわかりますが、報酬単価は最低でも1,400円(時給)以上に設定されており、中には時給が4,000円以上に設定されている案件もあります

高単価な案件に参画できれば、月に50万円以上の報酬を得ることも可能です。

実際、高単価な案件をリサーチしてみると、以下のようにヒットします。

時給求人件数
3,000円以上121件
3,500円以上32件
4,000円以上13件

高い報酬を得るために派遣やフリーランスという働き方を選ぼうとしている方にとっては、非常に魅力的なポイントだと言えるでしょう。

年収をUPしたい!フリーランスのエンジニア・クリエイターへ転職するなら「テクフリ」 フリーランスのエンジニアやクリエイター向けの案件情報を専門に取り扱っているフリーランスに特化したエージェントサービス、「テクフリ」。 ...

ソフトウェアジョブズの弱み

ソフトウェアジョブズを利用するかどうかで迷っているのであれば、ソフトウェアジョブズならではの弱みについても把握しておくべきです。

なぜなら、弱みはサービスを利用する上でのデメリットになるため、デメリットが見逃せないほど致命的なものなのであれば利用を控える必要があるからです。

ソフトウェアジョブズの主なデメリットとしては、以下の2点があげられます。

  1. 取り扱っている求人の数がそれほど多くない
  2. 関東・関西以外の案件が少ない

それぞれの弱みについて詳しく解説していきます。

取り扱っている求人の数はそれほど多くない

ソフトウェアジョブズはテスト関連の求人や品質管理関連の求人が豊富に掲載されていますし、高単価な案件も豊富に掲載されています。

しかし、全体の求人数自体はそれほど多くありません

2021年の10月時点でソフトウェアジョブズに掲載されている求人の数は673件です。取り扱っている求人の数自体は少ない方だと言えるでしょう。

実際、ITエンジニア系の求人情報を取り扱っている転職サイトや転職エージェントの中には数万件の求人情報を取り扱っているところもあるため、それらのサービスと比較すると見劣りしてしまうのは否めません。

求人の数が少なくなってしまうのも仕方ありませんが、求人の数を重要視している方にとっては大きな弱み・デメリットになってしまっています。

関東・関西以外の案件が少ない

地方の求人の取り扱いが少ない点も、ソフトウェアジョブズの弱みの一つです。

ソフトウェアジョブズに掲載されている求人情報のほとんどは関東と関西に集中しています

関東527件
関西96件

検索メニューには、福岡、愛知、その他という選択項目もありますが、関東や関西以外の地域の案件ほとんど掲載されていません。

福岡23件
愛知22件
その他0件

ソフトウェアジョブズを利用したいと考えている方の中には、関東や関西以外の地域で転職を検討している方も多いと思います。

ですが、ソフトウェアジョブズでは 関東や関西以外の地域の求人数が50件にも満たないため、それらの地域で転職を検討している方がソフトウェアジョブズを利用するのは現実的ではありません。

関東や関西以外の地域で転職したいと考えている方は、ソフトウェアジョブズ以外の転職サイトや転職エージェントを利用するべきだと言えるでしょう。

転職活動で「ヴィジョナリー」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ IT業界やWeb業界、ゲーム業界への転職に強い転職エージェント、「ヴィジョナリー」。 アンケートでも高い評価を得ているユーザーか...

ソフトウェアジョブズはこんな人におすすめ

ここまで紹介してきたソフトウェアジョブズのメリットと弱みを比較してみると、転職活動にソフトウェアジョブズを利用するべき人としては、以下のような人があげられます。

おすすめな人

  • ITエンジニア向けの案件の中でもテスト関連の案件や品質管理案件に興味がある人
  • 派遣やフリーランスとして働きたい人
  • 関東や関西で転職したいと考えている人
  • 高単価の案件でしっかりと稼ぎたい人

ソフトウェアジョブズはITエンジニア向けの求人の中でも、「テスト関連の案件」や「品質管理」の案件の取り扱いに特化しているので、これらの案件に興味があるという方におすすめです。

また、掲載されている案件は正社員や契約社員として雇用されるタイプの求人ではなく派遣やフリーランス向けの求人のみが掲載されているので、派遣やフリーランスと言った働き方に興味がある方にもおすすめだと言えます。

他にも、取り扱っている案件の9割以上が関東や関西に集中しているのでそれらの地域で転職したいと考えている方にもおすすめだと言えます。

時給3,000円以上の案件が多数掲載されているので、高単価の案件でしっかりと稼ぎたいと考えている方にもおすすめです。

一方、以下に当てはまるという方には、あまりおすすめできません

おすすめできない人

  • テスト案件や品質管理案件に特別興味があるわけではない
  • 安定を求めている
  • 地方での転職を考えている

ソフトウェアジョブズに掲載されている求人はテスト関連の案件や品質管理案件に特化した求人サイトなので、それ以外のITエンジニア向けの求人を探している方にはおすすめできません。

また、「社員登用も目指せる」としてはいるものの、派遣やフリーランスとしての参画になることに変わりはありませんので、正社員や契約社員など安定した働き方を求めている方にもおすすめできません。

取り扱っている求人の約9割が関東と関西に集中しているので、地方で転職したいと考えている方も利用を避けるべきです。

これらの条件に当てはまる方は、別の転職サイトや転職エージェントを利用するべきだと言えるでしょう。

転職活動で「green(グリーン)」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ 転職は今後の人生を大きく左右する一大イベントです。そのため、実際に「green(グリーン)」を利用するかどうかは、サービスについてよく...

ソフトウェアジョブズの登録方法と登録後の流れ

ソフトウェアジョブズを利用したいと考えている方向けに、ソフトウェアジョブズへの会員登録の方法と登録後の利用の流れについても紹介しておきたいと思います。

画像をまじえながらわかりやすく紹介していくので、ぜひ参考にしながら登録を進めてみてください。

登録方法

ソフトウェアジョブズを利用するには、まず会員登録しなくてはいけません。

Webサイトにアクセスし、会員登録をおこないましょう。

※画像はすべて、公式サイトURLから引用しています :https://www.softwarejobs.jp/

先ほど紹介したURLにアクセスすると、ソフトウェアジョブズのトップページが表示されます。画面上部の「会員登録」をクリックしましょう。

氏名や生年月日、電話番号など、会員登録に必要な情報の入力画面が表示されるので、必要な情報を入力・設定していきます。

個人情報の関する取り扱いに関する内容を確認し、特に問題ないようであれば、「入力内容を確認する」をクリックしましょう。

入力した内容の確認画面が表示されるので、入力・設定した内容に誤りがないか確認し、特に問題がなければ「送信する」をクリックします。

これでソフトウェアジョブズへの登録は完了です。

登録後の流れ

ソフトウェアジョブズへの会員登録が完了した後は、以下のような流れで転職活動を進めていきます。

  1. 面談
  2. 案件紹介
  3. 参画準備
  4. 参画

ソフトウェアジョブズへの登録が完了した後は、まずキャリアカウンセラーとの面談が実施されます。

面談ではこれまでのキャリアや今後のキャリアプランについてなどいろいろと質問されますが、こちらから質問することも可能です。わからないことや不安なことがあればどんどん質問しましょう。

面談後は、面談でヒアリングしてもらった内容をもとに案件をリサーチしてもらい、紹介してもらいます。

応募したい案件が決まったら、参画準備へと移行します。ここでは、応募する予定の案件についてより詳細な説明がおこなわれるので、気になるところがあれば遠慮せずに質問してください。

参画準備の後はクライアントとの面談をおこない、特に問題ないようであれば参画となります。

以上が、ソフトウェアジョブズの主な利用の流れです。

ソフトウェアジョブズを利用する際の注意点

実際にソフトウェアジョブズでの転職活動をスタートさせる場合、次の2点に注意しなくてはいけません。

  1. 取り扱いは派遣・フリーランス向けの案件のみ
  2. 短期間の案件も多数掲載されている

それぞれの注意点について詳しく紹介していきます。

取り扱いは派遣・フリーランス向けの案件のみ

ソフトウェアジョブズの利用を検討されている方の中には

正社員や契約社員として採用されたい

と考えている方もいるかと思いますが、ソフトウェアジョブズには社員として雇用されるタイプの求人は掲載されていないため注意が必要です

報酬についても月給ではなく時給で計算されます。時給は最低でも1,400円から4,000円以上のものまでスキルによって大きく稼ぐことも可能ですが、社員のように安定しているわけではありません。

そのため、ソフトウェアジョブズで派遣やフリーランスとして働くのであれば、派遣やフリーランスという働き方に関しての理解も深めなければならないと言えるでしょう

案件によっては正社員登用制度が用意されているものもあるので、派遣やフリーランスとして働きつつも「いずれは正社員に…」と考えているのであれば、正社員登用制度が用意されている案件に応募するようにしましょう。

短期間の案件も多数掲載されている

ソフトウェアジョブズに掲載されている案件の中には短期間の案件も多数掲載されています。

2021年の10月時点で確認できる案件には、参画期間が「2022年の1月まで」となっているものもあります。仮に11月から参画できたとしても、3ヶ月しか参画できません。

中には延長する可能性を示唆している案件もありますが、期間の延長が確定しているわけではないため、予定通りの期間で契約が終了する可能性もあります。

ソフトウェアジョブズには案件が多数掲載されているのでまた紹介してもらうこともできますが、短期間で複数の職場を転々としなくてはいけなくなるためストレスや負担がかかります

さまざまな案件に携わって経験を積んだりスキルを向上させたいという向上心の強い方には向いているかもしれませんが、そうでない方が利用する場合は、短期間の案件を避けるなどの対策が必要になるでしょう。

まとめ

ITエンジニア向けの案件の中でも「テスト関連の案件」や「品質管理の案件」のみを取り扱っている求人サイト「ソフトウェアジョブズ」について紹介してきました。

ソフトウェアジョブズは取り扱う案件のジャンルを厳選しているため全体的な求人数は決して多くありませんが、テスト関連の案件や品質管理案件の取り扱いは充実しています。

そのため、それらの案件に興味がある方は一度チェックしてみるべきだと言えるでしょう。

また、派遣やフリーランスとして活躍したいと考えている方向けの求人サイトですので、正社員や契約社員ではなく、派遣やフリーランスとして自由度高く稼ぎたい方にもおすすめです。

時給3,000円以上の高単価案件も豊富に掲載されています。

今回紹介させてもらった「転職活動にソフトウェアジョブズを利用するメリット」に魅力を感じる方は、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか?