職種別転職サービス

大学職員に転職・キャリアアップを目指す時にオススメの転職エージェント

「大学職員に興味がある」という方は、実は結構な人数でいらっしゃいます。新卒の求人だけではなく、転職先として大学職員をお考えの方もいらっしゃるでしょう。

転職活動で大学職員を目指す方は、転職エージェントをうまく利用することをおすすめします。

この記事では、大学職員の特徴や仕事内容、転職エージェントの選び方やおすすめについて説明していきますので、どのように転職を進めるとよいか参考にしてくださいね。

大学職員の特徴・仕事内容

大学職員の特徴と仕事内容は、どのようなものなのでしょうか。

特徴

大学職員の仕事とは、簡単にいうと「大学運営全般のサポートをすること」につきますが、それぞれの大学の特色によって業務内容はさまざまで多岐にわたります。

大学職員は、主に「事務系の職員」と「技術系の職員」の2つに大きく分けられます。

どちらの職員もさまざまな業務をするのですが、一般的なものについてここでは説明します。

事務系職員の仕事内容

事務系職員の仕事内容については、下記のとおりです。

学生支援

学生の生活全般について支援します。

成績や履修の管理、学生相談、奨学金の処理、休学・退学の手続き、就職支援などが主な内容です。

研究支援

学生や教員が大学で行う研究の支援をします。

外部からの研究資金調達の支援や手続き、特許取得の手続き、企業との共同研究の契約手続きなど、研究にかかわる全般の業務を担います。

国際交流

海外との交流の推進を支援する業務です。

外国人留学生の受け入れ、日本人学生の海外派遣の手続きや支援をします。海外の大学との国際交流についての業務も行います。

企画・総務・人事

大学運営に関する事務全般をする業務です。

式典や学内会議の運営、学内規則の制定や改廃、教職員の採用や移動など、業務内容は非常に幅広くなります。

財務・経理

組織運営に必要な財務上の管理をします。

給与の管理や授業料の出納、資産の管理や会計報告などが主な業務です。

広報・社会連携

大学の情報を対外的に発信する業務を行います。報道機関の取材対応、プレスリリースの作成、高校や予備校への宣伝活動が主な内容です。

オープンキャンパスや一般向けの講座の開催や、入試の管理も担当します。

医療事務

大学に附属病院を持っている場合、その運営と管理を行います。

図書

学内の図書館や図書室の管理運営をします。図書や資料の管理、貸し出しの管理などが主な業務です。

技術系の大学職員の仕事内容

一方、技術系の大学職員の仕事内容は下記のとおりです。

施設

大学内のさまざまな施設に関して、維持・改善を行います。

整備計画の立案、工事の発注、施設の維持管理などが主な業務です。

研究支援

学内の研究施設にて、技術面で研究のサポートをする仕事です。実験の指導や助言、データ解析などをします。

大学職員の年収事情

具体的な金額は各大学で違うので一概にいえませんが、地方の公務員給与を目安に考えるとよいでしょう。

年収については国公立よりも私立大学のほうが高く、都市部の大学のほうが地方の大学より高い傾向があります。

人気のある大学や学生数の多い大学の給与は総じて高めで、とくに私立大学ではその傾向が顕著。ただし、年収が高く人気のある大学は就職の競争率も高くなります。

大学職員への転職に有利な人は?

大学職員への転職で有利なのは、いったいどのような人でしょうか。

資格を持っている

大学職員になるための資格というのは、とくにありません。しかしながら、資格を持っていると転職に有利になります。

持っていると有利になると考えられる資格を、ここでは3つ紹介します。

TOEIC、英検など語学系

海外からの留学生やネイティブの教員が在籍する大学では、語学力があれば大きなアピールポイントになります。

学校によっては、TOEICの点数が採用条件に含まれるところも。

日商簿記

簿記ができるというのは、総務や経理部門へ転職する際に使えます。日商簿記2級以上を所持しており、実務経験があれば転職には非常に有利です。

MOS (マイクロソフトオフィススペシャリスト)

マイクロソフト社が実施する「マイクロソフトオフィス」についての検定です。大学職員にとってパソコン操作は必要不可欠、操作できない人は仕事にならない場合も考えられます。

MOSを持っていればエクセルやワードをきちんと扱える証明になりますので、持っていない方に比べてアドバンテージを得られます。

比較的若い年齢(年齢制限があるため)

大学職員への転職については、若年層のキャリア形成のために年齢制限を設けている大学が多いです。

もちろん年齢制限のない大学も存在しますが、採用されるかどうかは別の問題です。

たとえば「社会人経験必須」という求人であれば、年齢が上がれば上がるほど経験の内容が重視され、求められる実績やスキルも上がります。

若年層であれば、経験値が低くてもこれから職場に合ったキャリア形成ができるので、採用面でも非常に有利です。

大学職員への転職に転職エージェントを利用すべき5つの理由

大学職員への転職には、転職エージェントを利用するのがおすすめの方法です。

なぜ転職エージェントを利用したほうがよいのか、下記に挙げていきます。

①求人数が多い

一般の求人サイトと比較すると、転職エージェントは多くの求人を所有しています。

株式会社リクルートが運営するサイトで比較してみると、「リクナビNEXT(転職サイト)」の求人数は令和3年10月時点で約52,000件ですが、「リクルートエージェント(転職エージェント)」では314,000件と、約6倍の開きがあります。

②非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントでは、サイト上に公開されていない非公開求人を取扱っています。対して転職サイトでは、すべての求人がサイト上にオープンになっています。

非公開求人は企業側のさまざまな思惑で表に出せない求人なので、オープンになっている求人(公開求人)よりも条件のよいものが多いです。

③書類添削や面接対策のサポートがある

転職エージェントに登録すると、担当者からさまざまなサポートが受けられます。

履歴書や職務経歴書などの書類の添削や、応募企業に合わせた面接対策など、転職活動に非常に役立つ内容です。

多くの転職エージェントは、これらのサービスが無料で受けられます。

④求人申込や条件交渉を代行してくれる

求人の申し込みや面接日程の調整、内定後の条件交渉も転職エージェントの担当者が代行してくれます。

とくに給与や待遇面などの条件交渉は、個人で行うにはなかなかハードルが高いもの。その部分を代行してもらえるのは、非常にありがたい助けになるでしょう。

⑤転職先とのミスマッチが減る

転職エージェントでは、担当者が求職者の希望や資質に合った企業を紹介してくれます。

企業と求職者の条件が近い部分でマッチングされますので、いざ転職したあとで「思っていたのとまったく違った」というミスマッチが事前に防げます。

このように、転職エージェントを利用することで受けられるメリットは非常に多いです。

大半の転職エージェントは無料で利用できますので、登録して転職活動を進めるのをおすすめします。

大学職員に強い転職エージェントの選び方

ここで、大学職員への転職に強い転職エージェントの選び方について説明しましょう。

大学職員の求人数

求人数が多いというのは、選択肢の多さにつながります。また公開されている求人が多ければ、非公開求人や限定求人の多いことが予想されます。

求人数の多さが、求人の内容の良さに直接つながっているわけではありませんが、選択肢が多いというのは就職活動の幅が広がるので、有利になるのは間違いないでしょう。

大学職員の転職サポート実績の多さ

大学職員への転職サポート実績が多いというのは、その転職エージェントが大学職員への転職を得意としていると判断できます。

逆に、これまでにあまり実績がない転職エージェントは、大学職員の転職が不得手である可能性が高いです。

大学職員に詳しい

大学職員への転職に詳しい転職エージェントでは、業界の詳細な情報や転職市場の動向などを常に把握しています。

転職エージェントの利用者は、その最新情報を共有してもらえるので、無駄のない転職活動を進められるのです。業界に詳しければ、特定の大学とのパイプが望めるかもしれません。

転職エージェントの話を聞いてみて、業界の詳しい情報を教えてもらえるならば、転職活動がスムーズに進むでしょう。

これらのポイントを押さえた転職エージェントを選べば、転職活動がうまく進められます。

大学職員への転職でおすすめな転職エージェント

ここから、大学職員への転職活動におすすめの転職エージェントを紹介します。

おすすめなのは、複数の転職エージェントに登録して活動する方法です。

複数登録して幅広く情報収集し、転職エージェント独自の非公開求人・独占求人を調べながら進めるのがよいでしょう。

リクルートエージェント

★特徴★
  • 総求人数が非常に多い
  • 転職支援実績も折り紙付き
  • 業界最大手の安心感

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する転職エージェントです。

総求人数は2021年10月の時点で約31万7,000件、そのうちの約6割が非公開求人と、他社を寄せ付けないほどの数値となっています。

転職成功実績は累計で40万人を超えており、転職活動に関するあらゆるノウハウを豊富に所有しています。

業界最大手の求人数と実績は、転職活動する上でこの上ない安心感を得られるでしょう。

転職ならリクルートエージェントを利用すべき?評判や登録の流れもご紹介 そうお考えの方は少なくないでしょう。現在、Web上にはたくさんの転職支援サービスがあります。その中でも評判をよく聞くのが、業界大手...

リクルートエージェント 公式サイト

doda(デューダ)

★特徴★
  • 業界トップレベルを誇る求人数
  • サポート力の高さに定評がある
  • 地方の求人も多い

doda(デューダ)は、パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービスです。

求人数は10万件を超えており、リクルートエージェントには及ばないものの業界最大級の数値となっています。

専任のキャリアアドバイザーが求職者の担当として付き、企業を担当する採用プロジェクト担当と連携しながら就職先を紹介してくれます。

サポートの内容について悪い口コミは比較的少なく、キャリアアドバイザーによってあたりはずれが少ないといえるでしょう。

地方の求人も豊富に持っているので、地方での求職を考えている方にとっても使いやすい転職エージェントです。

転職活動で「doda(デューダ)」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ 「doda(デューダ)」は、転職する際に利用するべきおすすめの転職サイトとして必ずと言っていいほど名前が上がるサイトのため、利用したい...

doda 公式サイト

マイナビエージェント

★特徴★
  • 30代前半までの若年層に強い
  • 手厚いサポートが受けられる
  • 非公開求人も豊富

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

新卒の求人に強いマイナビが運営しているので、20代から30代前半までの求人に非常に強く、若年層にとってはありがたいといえます。

書類添削や模擬面接などサポートも非常に充実しているので、転職活動に不安のある人でも大丈夫です。

求人の半数以上が非公開求人となっており、独占求人も豊富に持っているのがマイナビエージェントの大きな特徴です。

転職活動で「マイナビエージェント」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ 転職を考える理由は、まさに千差万別だと思います。 もっとお給料がほしい 良い待遇のところへ行きたい など、人...

マイナビエージェント 公式サイト

パソナキャリア

★特徴★
  • オリコン顧客満足度3年連続第1位*
  • 年収アップ率67.1%
  • 非公開求人が80%を占める

パソナキャリアは、株式会社パソナグループが運営する転職エージェントです。オリコン顧客満足度調査では、2019年より3年連続でナンバーワン。

年収のアップ率も67.1%と高く、求職者に寄りそった質の高いサービスが受けられます。

全体の求人のうち、80%が非公開求人となっています。

今までの16,000社以上との取引実績で積み重ねた転職のノウハウを受けられるので、慣れない転職活動への気がかりは取り除かれるでしょう。

転職活動で「パソナキャリア」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ 転職を考えているが、何をすればよいかイマイチよくわからない そのように考えている方は、結構いらっしゃるのではないでしょう...

パソナキャリア 公式サイト

ランスタッド

★特徴★
  • 世界最大級の転職エージェント
  • ハイクラス求人に特化
  • 国内60カ所以上に支店を持つ

ランスタッドは、世界最大級の総合人材サービス企業です。

オランダに本社があり、世界39カ国、4,700カ所以上の拠点を持っています。日本国内にも60カ所以上の拠点があり、ハイクラスの求人に強い転職エージェントです。

大学職員を含む希少性の高い求人も幅広く取り扱っており、給与アップを狙う求職者にも適しています。

転職活動で「ランスタッド」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ オランダ生まれの転職エージェント、「ランスタッド」。 世界的に有名なサイトで日本での認知度や人気も高まってきているため、気になっ...

ランスタッド 公式サイト

Education Career(エデュケーションキャリア)

★特徴★
  • 教育業界に特化
  • 専門性を活かしたアドバイス
  • オンラインで面談OK

Education Careerは、教育業界に特化した転職サービスです。

教育業界専門というアドバンテージを活かし、独自の選考対策や書類作成のサポートなど、専門的なアドバイスが得られます。

面談はオンラインまたは電話でできますので、自宅や外出先からでも気軽に受けられます。

相談だけでも受け付けてもらえますので、情報収集するのにも有効な転職エージェントです。

Education Career 公式サイト

教えるシゴト

★特徴★
  • 教育業界トップクラスの求人数
  • 非公開求人が80%以上
  • 手厚いサポート

教えるシゴトは、教育業界に特化した転職サービスです。

業界トップレベルの求人数を持ち、そのうち非公開求人は80%~90%となっています。

教育業界を熟知したコーディネーターが在籍しており、専門性の高いマッチングで転職活動をサポートしてくれます。

教えるシゴト 公式サイト

まとめ

ここまで、

  • 大学職員の特徴・仕事内容
  • 大学職員の年収事情
  • 大学職員への転職に有利な人
  • 転職エージェントを利用すべき理由
  • 転職エージェントの選び方
  • おすすめの転職エージェントの選び方

について説明しました。

記事中で、大学職員への転職には複数の転職エージェントを利用すればよい、と説明しましたが、それにあわせて、大学独自のサイトやハローワークも同時に利用することを強くおすすめします。

ほとんどの大学は、独自でホームページを持っています。そのホームページ上で募集をかけることも少なくありません。また、ハローワークを利用して職員募集する大学もまだまだ多いです。

第二新卒、20代の転職でハローワークを利用するポイント ひと口に「転職する」といっても、その方法はひとつではありません。 どのように転職活動を進めていけばよいかも、年齢、考え方などによ...

転職エージェントで幅広く情報収集しつつ、ピンポイントで自分の狙う大学をホームページなどでチェックする、というのがおすすめの方法になります。

転職エージェントをうまく利用して、よいご縁を得られるように応援しています。