転職サイト・転職エージェント

転職活動で「ウズキャリ」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ

新卒、第二新卒、既卒、フリーターなど、20代の就職・転職希望者向けの就業サポートサービス、「ウズキャリ」

ユニークで質の高いサポートが受けられるサービスとして話題となっている、今要注目の就業サポートサービスです。

そのため、ウズキャリで転職活動に取り組みたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、ウズキャリがどういった就業サポートサービスなのかについて詳しく紹介していきます。

  1. ウズキャリのサービスの概要
  2. ウズキャリを利用するメリットや弱み
  3. ウズキャリを実際に利用したユーザーからの評価
  4. ウズキャリの登録方法
  5. ウズキャリを利用する際の注意点

ぜひ参考にしてみてください。

ウズキャリはどんなサービス?

ウズキャリは、株式会社UZUZが運営している就業サポートサービスです。

★ポイント★
  • 新卒、第二新卒、既卒、フリーターなど、就職を考えている20代向けのサービス
  • 現在働いていて、他の企業への転職を考えている転職希望者も利用可能

転職エージェント並みのサポートが受けられるので、むしろ転職希望者ほど利用するべきサービスだと言えるでしょう。

転職したい20代必見!20代の転職を有利に進めるために役立つ知識 「若さ」を活かしながら転職活動に取り組むことができる、20代の転職。 転職の理由は人それぞれですが、実際に転職のことが頭をチラつ...
第二新卒者の転職市場規模はどれくらい?企業が求める人材とは 就職した後で早期に退職してしまう第二新卒者が転職する場合、 採用されにくくなってしまうのではないか… と考えてしまう傾...

転職活動でウズキャリを利用する4つのメリット

ウズキャリで転職活動を始める前にぜひチェックしておきたいのが、転職活動にウズキャリを利用するメリットについて。

転職活動にウズキャリを利用する主なメリットとしては、以下の4点があげられます。

  1. 既卒・第二新卒向けの求人が豊富
  2. IT・ベンチャー企業の転職に強い
  3. 他社よりも手間をかけて丁寧に転職サポートしてくれる
  4. ブラック企業の求人を掲載しない仕組みが整っている

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

①既卒・第二新卒向けの求人が豊富

ウズキャリは、20代の就職・転職希望者向けの就業支援サービスです。

特に既卒や第二新卒向けの求人が豊富なため、それらに当てはまる方はぜひ利用するべきだと言えます

一般的な転職サイトや転職エージェントの場合、未経験の人材が求められることは少なく、経験が求められる傾向にあるため、これまでの経験を活かして転職するのが一般的です。

経験が豊富な30代以上の方はそういった転職サイトや転職エージェントで転職するべきだと言えますが、経験の少ない20代の方は経験を活かした転職がしづらくなってしまっています。

20代の方が押し出すべきポイントは「若さ」や「情熱」になりますが、ウズキャリは20代向けの就業支援サービスなので、経験よりも「若さ」や「情熱」を持っている人材を求める企業が求人を掲載しています。

「これまで」よりも「これから」に期待して採用したいと思ってくれる企業が多いです

経験を求められるとアピールしづらいけど、若さと情熱ならアピールできる!

という方にとってウズキャリは、非常に魅力的なサービスだと言えるでしょう。

第二新卒から大手企業への転職を目指す方が知っておきたい全知識 第二新卒として転職に取り組んでいる方や転職しようと考えている方の中には、中小企業ではなく大手企業に転職したいと考えている方も多いのでは...

②IT・ベンチャー企業の転職に強い

デジタル・トランスフォーメーション(通称DX)への取り組みが活発になっているこれからの時代において、IT業界は今後の成長が期待されている業界の一つです。

20代の若い方の中には、そういったIT企業やこれまでになかったおもしろいビジネスを展開しているところが多いベンチャー企業に転職したいと考えている方も多いのではないでしょうか?

ウズキャリは、IT業界やベンチャー企業への転職に強いため、IT業界やベンチャー企業への転職を希望している若い転職希望者にとっては、最適なサービスだと言えます。

実際にウズキャリに掲載されている企業の業種を見てみると、情報処理・情報通信技術に関連する企業の求人が全体の49%と、約半数にのぼります。そして、企業の規模としても、社員数が10名以上~50名以下の企業が36%と大きな割合を占めています。

③他社よりも手間をかけて丁寧に転職サポートしてくれる

20代の若い方の場合、転職が初めてという方や転職に慣れていないという方も少なくないかと思います。

そういった方が利用するべきなのは、キャリアカウンセラーによる手厚い転職サポートが受けられる転職エージェントサービスだと言えますが、ウズキャリはまさしくそういった方にうってつけの就業支援サービスです。

ウズキャリでは、転職サイトはもちろん、その他の転職エージェントよりも手厚い転職サポートが受けられますし、より手間をかけて丁寧に対応してくれるので、転職が初めての方や慣れていない方でも安心して転職活動に取り組めるようになっています

ウズキャリでは、転職希望者一人あたりに平均12時間もの時間をかけてサポートしているとしています。

他の転職エージェントではサポートにかける時間を公開していないため単純に比較はできませんが、ここまで時間をかけて転職活動をサポートしてくれる転職エージェントはまれです。

転職が初めての方や転職に慣れていない方の場合、求人のリサーチを始めてから企業に内定をもらうところまでトータルでサポートしてもらえるに越したことはありませんので、丁寧にサポートしてくれる点は、非常に魅力的なメリットだと言えるでしょう。

④ブラック企業の求人を掲載しない仕組み

ブラック企業の求人を掲載しない仕組みが整っている点も、転職活動にウズキャリを利用するメリットの一つです

ウズキャリでは、厳格な審査基準を設け、その基準を満たす企業の求人のみを掲載しています。

そのため、以下のようないわゆるブラック企業の求人が掲載されづらくなっています。

  • 若手の離職率が高い
  • 慢性的に残業時間が長い
  • ハラスメントをしている
  • 求人情報に掲載されている内容と実情が大きく異る

掲載されている求人の数が多い転職サイトや転職エージェントの場合、上記に該当するような企業の求人が掲載されていることも少なくありません。

特に、掲載されている求人情報と実情が異なるタイプの企業はたちが悪く、転職に慣れていない方がそのことを見抜けずに応募してしまい、ブラック企業に転職してしまうことは多々あります。

転職したいものの、ブラック企業に転職してしまうことが不安で転職できずにいる

実際、このような方も多いのではないでしょうか?

しかし、求人を掲載する企業を厳格な基準で審査し、ブラック企業を徹底的に排除しているウズキャリであればそういった心配をする必要はありません。

安心して転職できる点は、ウズキャリの非常に魅力的なポイントの一つだと言えます。

求人票から読み解く企業の特徴|ブラック企業に入社しないために 求人票に記載されている内容 職業安定法によって、求人票に記載しなければならない内容が決まっております。 以下の内容...

ウズキャリの弱み

ウズキャリで転職活動を始めるのであれば、良い部分だけでなく、悪い部分となるウズキャリならではの弱みについても確認しておきましょう。

ウズキャリの主な弱みとしては、以下のことがあげられます。

  1. 面談拠点が少ない
  2. 他社と比べて求人数が少ない

それぞれの弱みについて解説していきます。

面談拠点が少ない

ウズキャリで転職活動をスタートさせる場合、キャリアカウンセラーとの面談をおこなわなくてはいけません

面談をおこない、あなたのこれまの経歴や転職先に希望する条件などをヒアリングした上でサポートを開始するため、面談は必須です。

しかし、ウズキャリには、面談拠点が少ないという弱みがあります

ウズキャリでキャリアカウンセラーの面談が受けられるのは、東京のオフィスと大阪のオフィスのみです。

拠点が全国に2ヶ所しかないというのは、面談が必要な転職エージェントタイプのサービスとしては非常に少ないと言えます。

ウズキャリではSkypeによるオンラインでの面談も実施しているため、地方の方がわざわざ東京や大阪に足を運ぶ必要はありませんが、オンラインでの面談だとどうしても質が低くなってしまいがちです。

キャリアカウンセラーと直接対面で話せるわけではないので、

  • サポートの質が良いのか悪いのか
  • 自分にあっているサービスかどうか

などを評価しづらいのも大きなデメリットだと言えるでしょう。

地方の方がウズキャリで転職活動を始める場合は、このことをしっかりと理解した上で取り組み始めるようにしなくてはいけません。

他社と比べて求人数が少ない

他社と比べて取り扱っている求人の数が少ない点も、ウズキャリの弱みの一つです。

先ほどご紹介したように、ウズキャリでは、求人情報を掲載する企業に厳格な審査基準を設け、その基準に合格した企業の求人だけを掲載しています。

そのため、大手の転職サイトや転職エージェントと比較すると、どうしても掲載されている求人の数で見劣りしてしまっています

また、ウズキャリは東京と大阪にのみ拠点を展開している就業支援サービスです。そのため、取り扱っている求人の多くは、拠点のある東京や大阪、または大都市である名古屋や福岡の求人になっています。

ウズキャリは地方の就業支援サービスと提携していたりもするので地方の求人が一切掲載されていないわけではありませんが、数は多くありません。

地域によってはほとんど求人が掲載されていないところもあるでしょう。

求人数の多さを重視する方や、4都市(東京・大阪・名古屋・福岡)以外の地域で転職を考えている方は、この弱みを理解した上でウズキャリを利用する必要があります。

ウズキャリはこんな人におすすめ

ここまで紹介してきたウズキャリのメリットと弱みを比較してみると、転職活動にウズキャリを利用するべき人としては、以下のような方があげられます。

おすすめな人

  • 20代の転職希望者
  • 転職するのが初めての人
  • 転職に慣れていない人
  • 東京、大阪、名古屋、福岡で転職を考えている人

ウズキャリは、新卒やフリーターなど、就職・転職を考えている20代向けのサービスです。
求人を掲載している企業も、経験よりポテンシャルを重視している企業が多いので、20代の方であれば、ぜひ利用するべきです。

また、ウズキャリの最大の強みはサポートの手厚さであるため、転職するのが初めてという方や転職に慣れていない方など、転職することに不安を感じている方ほど利用するべきだと言えるでしょう。

ウズキャリに掲載されている求人は、大都市圏にある企業の求人がほとんどですので、これらの地域で転職を検討している方にもおすすめです。

一方、以下に当てはまるという方にはあまりおすすめできません

おすすめできない人

  • 30代以上の転職希望者
  • 自分のペースで転職活動に取り組みたい
  • 地方で転職を考えている

ウズキャリに求人を掲載している企業の多くはポテンシャルのある若い人材を求めているため、経験が武器になる30代以上の方が利用するサービスとしては適切ではありません。

また、手厚いサポートが強みの就業支援サービスですので、そういったサポートが必要ない方も利用するべきではないと言えるでしょう。

さらに、東京・大阪・名古屋・福岡以外の地域はほとんど求人が掲載されていない地域もありますので、これらの地域以外で転職を考えている方は、他の転職サイトや転職エージェンを利用するようにしてください。

第二新卒の転職事情と、20代に強い転職サイト・転職エージェント 学校卒業後に就職活動をする場合、大きく「第二新卒」と「既卒」の2種類に分けられますが、このうち第二新卒は、企業からの需要が高くなってい...

ウズキャリを実際に利用した人の評判・口コミ

ウズキャリで転職活動を始めるかどうかで迷っている方は、実際にウズキャリを利用したことがあるユーザーが投稿している評判や口コミについてもチェックしておきましょう。

実際にそのサービスを利用したユーザーが投稿している評判や口コミは、良い口コミ・悪い口コミに関わらず、非常に参考になります。

ウズキャリを利用したことがあるユーザーの評判と口コミをチェックし、気になるものをピックアップしてみました。

研究で出遅れても、秋採用で内定獲得

私は就活が本格化する大学4年時に、研究が忙しくなってしまい、就活に出遅れてしまいました。理系は大学院に進学する人が多いこともあり、教授からは「就活よりも研究を優先しろ」と言われていましたが、私は大学院への進学は考えておらず、学部卒での就職を希望していました。

研究当初は特に時間がなく、就活も先延ばしになってしまい、研究がある程度軌道に乗った頃には既に新卒枠でエントリーできる求人は減ってしまっていました。 UZUZさんに初めて相談した時には、就職留年して来年に就活をした方がいいのか、質問しました。ただ、担当のキャリアカウンセラーの方から「まだ秋採用もあるし、就活だけに1年を費やすくらいなら、働いて1年の経験を積んだ方がいいよ」とアドバイスをしてもらい、研究と並行して、秋からの就活を開始しました。

大手メーカーの求人はほとんどが募集終了ではありましたが、しっかりとした技術力と経営基盤を持った中堅メーカーから内定をもらうことができました。準備期間を合わせても2ヶ月かからずに就活が終わりました。あの時、就職留年して社会人になるのを1年遅らせる選択をしなくて良かったと思っています。あとは研究をやり切って、無事に卒業するだけです。

引用元:https://uzuz.jp/service/career-support/

働きながらでも、希望通りの転職に成功

私は大学4年時に語学留学に行っていたため、就活のタイミングを逃してしまいました。帰国後、慌てて就職活動を行い、携帯販売職として半ば勢いで就職しました。携帯ショップでは、販売ノルマがあり、携帯を売る日々を過ごしていました。ある程度の結果を出せるようになり、学生時代に留学していた経験を生かして仕事がしたいと思うようになりました。

入社4年目を迎えたあたりに、UZUZを含め、いくつかの転職サイトに登録しました。現職で培った販売スキルと留学で身につけた英語力を活かすことができる仕事として「海外営業」に絞って求人を探していました。UZUZからは1社のみの紹介でしたが、ピンポイントに自分の条件を満たす海外営業の求人でした。在職中ということで時間があまり取れず、第一志望のこの海外営業求人から受けた結果、現在の販売実績を評価してもらえて、1社目で希望通りの内定を獲得することができました。

現在は接着剤メーカーの法人営業として、国内外の顧客に対して営業活動を行っています。後から採用担当に聞いた話としては、留学経験だけでは書類選考でお見送りだったみたいです。携帯販売職としての実績と担当キャリアカウンセラーの方が事前にまとめてくれた推薦コメントに詳しく人となりや強みの記載があったため、試しに会ってもらい、トントン拍子で内定に至ったとのことでした。自分の人生のターニングポイントで、UZUZさんに就業サポートをしてもらえて本当に良かったです。

引用元:https://uzuz.jp/service/career-support/

地方からの東京就職を可能にしたオンラインサポート

新卒の就活では、自分がどんな仕事したいのかわからず、途中からはモチベーションも下がってしまって。友だちが受けてる企業をいっしょに受けては落ちるという悪循環。卒業後はコロナウイルスの感染拡大もあって、地元に戻りました。自分のやりたい仕事がやっと決まったのはいいけど、東京で就活する必要があって。

UZUZさんの就業サービスは、首都圏の求人も多く、オンラインでサポートしてくれるので、地方にいる私でも利用することができました。さらに、Web面接を実施してくれる企業を優先的に紹介してもらえたので、最終面接で一回上京するだけで就活が終わりました。最初のキャリアカウンセリングから求人紹介、面接対策と就活サポートはオンラインで完結していて、すごく利用しやすかったです。

おかげさまで、今は東京のど真ん中で働くことができています。経営企画アシスタントの仕事は、業務範囲も広く、最初は大変なことばかりでした。でも、この仕事をしていれば自分の市場価値が上がると思うので、必死に食らいついていこうと思っています。直近の目標は標準語と博多弁を状況に応じて使い分けることです。

引用元:https://uzuz.jp/service/career-support/

これらは、ウズキャリに関する良い口コミの一部です。

今回、リアルな評判や口コミが集まりやすい、SNSやYahoo!知恵袋などのQ&Aサービスでウズキャリの評判をリサーチしましたが、良い口コミばかりで悪い口コミは見つかりませんでした

働きながらでも転職が決まった

といった、転職希望者にとって嬉しい口コミが多く見受けられました。

実際にウズキャリで転職を決めた方も多いようですので、転職希望者の方はぜひ利用されてみてはいかがでしょうか?

ウズキャリの登録方法と登録後の流れ

転職活動にウズキャリを利用してみたいと考えている方向けに、ウズキャリへの登録の方法と登録後の利用の流れについても紹介していきたいと思います。

画像をまじえながら紹介していくので、ぜひ参考にしながら一緒に会員登録してみてください。

登録方法

ウズキャリで転職活動をスタートさせるには、まずウズキャリに会員登録しなくてはいけません。

まずはウズキャリのWebサイトにアクセスし、会員登録しましょう。

※画像はすべて、公式サイトURLから引用しています :https://daini2.co.jp/service-introduction/

ウズキャリの就業支援サービスは、新卒向けの就業支援サービス第二新卒、既卒、フリータ向けの就業支援サービスの2つに分かれています。

基本的な登録の流れは変わりませんが、今回は、第二新卒、既卒、フリータ向けの就業支援サービスで登録を進めていきます

ページが表示されるので、画面を下にスクロールしていきます。

就職経験について、該当する方をクリックしましょう。「次へすすむ」をクリックしなくても、選択すれば次の質問へと進むことができます。

最終学歴について回答します。

希望する勤務地について回答しましょう。複数選択することも可能です。
選択したら、「次へすすむ」をクリックします。

名前を入力し、生年月日を設定します。完了したら、「次へすすむ」をクリックしましょう。

携帯電話番号やメールアドレスを入力、設定します。

サービスポリシー」と「個人情報の取り扱いについて」をクリックして内容をチェックし、問題ないようであれば、「お申し込み」をクリックしましょう。

予約前のヒアリングの画面が表示されます。

氏名や電話番号など、先ほどとかぶる項目もありますが、キャリアカウンセラーとの面談をよりスムーズに進めるためのものですので、回答しましょう。

こちらの画面が表示されたら、内容を確認し、「送信」をクリックしましょう。

これで会員登録と事前のヒアリングは完了となります。

登録後の流れ

ウズキャリに会員登録した後のサービスの利用の流れは以下のとおりです。

  1. キャリアカウンセラーとの面談
  2. 求人情報の紹介
  3. 応募
  4. 面接
  5. 内定

先ほどの手順で会員登録を済ませたら、日程を調整し、キャリアカウンセラーとの面談をおこないます。

ウズキャリは丁寧なサポートを信条としているので、カウンセリングは2時間ほどかかります。ただ、堅苦しいものではありませんので、これまでの経験や転職先に希望する条件などについてフランクに相談してください。

カウンセリングが完了したら、あなたの経歴や希望に合う求人を紹介してもらえるようになります。

紹介された求人情報に目を通し、気になるものがあればキャリアカウンセラーに応募したい旨を伝えましょう。

ウズキャリでは、複数人と一緒にサポートを受ける「集団研修タイプのサポート」と、個別にサポートを受ける「個別タイプのサポート」が用意されています。

ただ、集団研修タイプのサポートだとどうしても一人ひとりに対するサポートがおざなりになってしまうので、個別タイプのサポートを選ぶようにしてください。

個別タイプのサポートでは、応募完了後に、応募書類の添削や面接対策などのサポートもマンツーマンで受けられるようになっています。

応募書類の準備や面接対策が完了したら、いよいよ面接です。面接の結果内定が決まったら、キャリアカウンセラーが入社日の調整や条件交渉をおこなってくれます。

以上がウズキャリでの転職活動の主な流れになります。

ウズキャリを利用する際の注意点

実際にウズキャリで転職活動をスタートさせる場合、以下の2点に注意しなくてはいけません。

  1. 自分で求人を探して応募するタイプのサービスではない
  2. キャリアカウンセラーに任せっきりになってしまわないようにする

それぞれの注意点について詳しく解説していきます。

①自分で求人を探して応募するタイプのサービスではない

実際にウズキャリのWebサイトにアクセスしてみるとわかりますが、ウズキャリのWebサイトには求人情報の検索メニューが用意されていません

このことからもわかるように、ウズキャリは自分で求人情報をリサーチして応募するタイプの就業支援サービスではなく、紹介された求人に応募するタイプの就業支援サービスです。

ウズキャリでは、キャリアカウンセラーがあなたの経歴や転職先に希望する条件などについてヒアリングし、それらの条件に合う求人を紹介する形で転職活動を進めていくことになります。

現在在職中で求人情報をリサーチする時間がとれない方にとっては、転職活動が効率的に進められて便利なサービスだと言えますが、自分で転職先を探したい方の場合は注意が必要です。

転職活動に慣れている方や求人情報だけチェックして自分で進めていきたい方の場合、ウズキャリの手厚いサポートがかえって邪魔になってしまう可能性があります。

そういった方は、ウズキャリのようにサポートが充実している転職エージェント型のサービスよりも、自分のペースで転職活動に取り組める転職サイト型のサービスの方が向いていると言えるので、転職サイトタイプのサービスを利用するようにしてください。

第二新卒に強いおすすめ転職サイト5選!サイト選びのポイントや転職成功のコツも解説 転職サイトには「総合型」と「特化型」がある 第二新卒の方が転職の際に使うことが多い転職サイトには、「総合型」と「特化型」...

②キャリアカウンセラーに任せっきりになってしまわないようにする

キャリアカウンセラーのサポートが充実している点はウズキャリの魅力の一つとなっています。

しかし、サポートが充実しすぎているため、ついキャリアカウンセラーに任せっきりになってしまうユーザーも少なくありません。

求人情報のリサーチを全て自分一人でおこなう必要はありませんが、転職活動では、求人情報のリサーチ以外にもやるべきことがたくさんあります

ウズキャリでは応募書類の添削や面接対策などのサポートも受けられるようになっていますが、任せっきりになり、キャリアカウンセラーのアドバイスを聞いているだけでは何も始まりません。

「その会社で働きたい!」という情熱を伝えるには、やはりあなた自身の頭で考え、積極的にアピールするべきです

まとめ

20代の就職・転職希望者に特化した就業支援サービス「ウズキャリ」について紹介してきました。

ウズキャリは特定の年代に特化した就業支援サービスですので、すべての転職希望者におすすめできるサービスというわけではありません。

都市部の求人がほとんどで、地域によっては求人がほとんど掲載されていない場合もあるため、地方の方にもあまりおすすめできないタイプのサービスだと言えるでしょう。

また、キャリアカウンセラーと直接会って話せる面談拠点が東京と大阪にしかないというのも、地方の方にとっては大きなデメリットになります。

一方、20代の就業支援に特化したサービスですので20代の転職希望者が利用するのに適していると言えますし、手厚いサポートが受けられるので、転職が初めての方や慣れていない方にもおすすめできます。

ウズキャリのメリットに魅力を感じる方やウズキャリでの転職をおすすめする方の条件に当てはまる場合は、ぜひ利用されてみてはいかがでしょうか?

転職活動で「DYM就職」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ 第二新卒や既卒はもちろん、フリーターやニートの転職にも強い転職エージェン、「DYM就職」。 大手優良企業の求人も豊富に取り扱って...
転職活動で「就職Shop」は利用すべき?特徴や評判・口コミまとめ 若者向けの転職支援サービス、「就職Shop」。 リクルートのサービスということもあって、気になっているという方も多いのではないで...