転職サイト・転職エージェント

転職活動で「ウィルオブ(旧セントメディア)」は利用すべき?特徴まとめ

2019年の10月にセントメディアからサービス名を変更した求人サイト、「ウィルオブ」

一部上場企業の子会社が運営している有名なサービスということもあって、気になっているという方は多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、ウィルオブがどういた求人サイトなのかについて紹介していきます。

  1. ウィルオブのサービス概要
  2. ウィルオブを利用するメリットや弱み
  3. ウィルオブがおすすめな人
  4. ウィルオブの登録方法
  5. ウィルオブを利用する際の注意点

ぜひ参考にしてみてください。

ウィルオブはどんなサービス?

ウィルオブは、東証一部上場企業である株式会社ウィルグループの子会社にあたる株式会社ウィルオブ・ワークが運営している求人サイトです

正社員向けの求人だけでなく、派遣やアルバイトなど、さまざまな雇用形態の求人情報を取り扱っています。

もともとセントメディアという名称のサービスを展開していましたが、2019年の10月に複数のサービスを統合するのにともない、サービス名をウィルオブに変更しました。

転職活動でウィルオブを利用する3つのメリット

転職活動にウィルオブを利用したいと考えているのであれば、ウィルオブを利用するメリットについて把握しておくべきです。

転職活動にウィルオブを利用する代表的なメリットとしては、以下のことがあげられます。

  1. プロによる転職サポートが受けられる
  2. 研修制度が充実している
  3. 就業後のアフターフォローが手厚い

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

①プロによる転職サポートが受けられる

ウィルオブでは、求人サービスだけでなく、就職支援・転職支援サービスもおこなっています。

  1. コールセンター求人ナビ
    コールセンターへの就職・転職を希望している方向けのサービス
  2. ウィルオブシステム
    エンジニア就職・転職を希望している方向けのサービス
  3. 介護ワーク
    介護職向けの就職・転職支援サービス
  4. ほいぷら
    保育士向けの就職・転職支援サービス

これらの4つのサービスでは、その道のプロによる手厚いサポートを受けながら転職活動に取り組むことが可能です

エージェントによる転職相談はもちろん、ヒアリングした内容を元にエージェントが求人情報を探してくれるので効率的に求人が探せるようになっていますし、面接対策もおこなってくれます。

また、内定が決まった企業と条件交渉をおこない、より良い条件での転職を可能にしてくれるのも嬉しいポイントの一つです。

就職・転職サポートが受けられる職種はある程度限定されてしまいますが、プロにサポートしてもらいながら転職したいと考えている方にとっては非常に魅力的だと言えるでしょう。

②研修制度が充実している

転職を希望されている方の中には、スキルが不足してしまっていることに不安を感じ、なかなか転職に踏み出せないでいる方という方も多いのではないでしょうか?

また、スキルが足りていないということで転職先が決まらず、焦りを感じている方も多いかと思います。

ウィルオブでは、そういった転職希望者の悩みを研修制度によって解決してくれます。研修制度を用意している求人サービスは他にもありますが、ウィルオブほど充実しているところはまれです。

研修制度で学べる主なこと
  • 身だしなみ
  • 基本的なPC操作
  • 社会人として活躍していく上での基本知識
  • 業界ごとの専門知識

また、コールセンターにおけるトーク術やITエンジニア向けの研修など、専門的な研修が無料で受けらる点も、転職希望者にとって非常に魅力的だと言えるでしょう。

研修制度が充実していると、スキルを補いながら転職活動にのぞむことができますし、自信を持って業務にのぞめるため、非常に嬉しいメリットの一つとなっています。

③就業後のアフターフォローが手厚い

就労後のアフターフォローが手厚いことも、転職活動でウィルオブを利用するメリットの一つです。

ウィルオブでは、就業後のアフターフォローを充実させるために、フィールドサポート精度と呼ばれる制度を導入しています

これは、ウィルオブの社員がそれぞれの派遣先に常駐し、転職者の業務をサポートするという制度です。

就業後もサポートしてくれる求人サービスは他にもありますが、就業先に社員が常駐してサポートしてくれるのはウィルオブならではのサービスです。

転職後に困る場面やサポートしてほしい場面が増えるのは実際に会社で業務をおこなっているときですので、そのタイミングですぐにサポートしてもらえるというのは非常に魅力的だと言えるでしょう。

常駐している社員には何でも気軽に相談できるので、緊張せずに安心して働くことができます。

ウィルオブの弱み

転職活動にウィルオブを利用したいと考えているのであれば、メリットだけでなくデメリットとなる弱みについても確認しておくようにしましょう。

ウィルオブの代表的な弱みとしては、以下の2点があげられます。

  1. 正社員の求人数が少ない
  2. 扱っている求人の職種が限られている

それぞれの弱みについて詳しく解説していきます。

正社員の求人数が少ない

ウィルオブの弱みの一つが、取り扱っている求人の種類について。

ウィルオブでは、アルバイト・派遣・正社員と、さまざまな雇用形態の求人情報を取り扱っていますが、その中でもメインとなっているのが派遣の求人です

取り扱っている求人のほとんどが派遣の求人で、正社員の求人はとくに少ない傾向にあります。

派遣として働きたいと考えている方にとっては特に問題ではありませんが、正社員として働きたい方にとっては非常に大きな弱みとなってしまいます

地域や職種によっては正社員や契約社員の求人がほとんど掲載されていない場合もあるため、実際に利用し始める前に転職を考えている地域の求人情報を検索し、正社員や契約社員の求人が十分に掲載されているかどうかをチェックしておく必要があると言えるでしょう。

扱っている求人の職種が限られている

取り扱われている求人の職種が限定的である点も、ウィルオブの弱みの一つです。

ウィルオブで掲載されてる求人の職種
  • 保育
  • 販売
  • コールセンター
  • 介護
  • 軽作業
  • 事務

ウィルオブではこれらの職種の求人しか掲載されていません。転職エージェントサービスのウィルオブシステムではエンジニア向けの求人も取り扱われていますが、それでも他の転職サイトや転職エージェントと比較するとかなり限定的だと言えます

求人数自体は10,000件以上と特別少ないわけではありませんが、

  • 営業
  • 製造業
  • 建設

など、定番と言える職種の求人が掲載されていない点は大きなデメリットと言わざるをえません

取り扱われている職種への転職を希望しているのであれば特に問題ありませんが、営業や建設など取り扱われていない職種への転職を希望している方の場合ウィルオブでの転職は難しいと言えるため、他の転職サイトや転職エージェントの利用が必要になります。

第二新卒の転職事情と、20代に強い転職サイト・転職エージェント 学校卒業後に就職活動をする場合、大きく「第二新卒」と「既卒」の2種類に分けられますが、このうち第二新卒は、企業からの需要が高くなってい...

ウィルオブはこんな人におすすめ

ここまで紹介してきたウィルオブのメリットと弱みを比較してみると、転職活動にウィルオブを利用するべき人としては、以下のような方があげられます。

おすすめな人

  • ウィルオブに掲載されている職種への転職を検討している人
  • 派遣として働きたい人
  • 自分のスキルに不安を感じている人

ウィルオブで取り扱われている職種は、かなり限定的ではありますが、取り扱いのある職種の求人は充実しているため、以下の7種類の職種への転職を希望されている方であればおすすめできます。

  • 保育
  • 販売
  • コールセンター
  • 介護
  • 軽作業
  • 事務
  • エンジニア

また、ウィルオブは、派遣の求人をメインとした求人サイトです。

アルバイトや正社員、契約社員の求人も掲載されていますが、掲載されている求人のほとんどが派遣の求人ですので、今後派遣として活躍していきたいと考えている方にぴったりの求人サイトだと言えるでしょう。

さらに、ウィルオブは研修制度が非常に充実しているサービスですし、転職先の企業にウィルオブの社員が常駐してサポートしてくれるので、自分のスキルに不安を感じている方にもおすすめの求人サイトだと言えます。

介護業界に転職・キャリアアップを目指す時にオススメの転職エージェント 介護の資格を活かした転職先を探したい 今よりキャリアアップできる職場で働きたい 未経験だけれど介護業界に興味があ...
事務職に転職・キャリアアップを目指す時にオススメの転職エージェント 新たに事務職に挑戦してみたい人、キャリアを活かして転職したい人、とにかく職を探したい人など、事務職への転職をお考えの方は多いと思います...

一方、以下に当てはまるという方にはおすすめできません

おすすめできない人

  • 転職したい業界の求人がウィルオブに掲載されていない
  • 派遣ではなく正社員として働きたい

ウィルオブで取り扱われている7つの職種以外への転職を考えている方の場合、ウィルオブに会員登録しても時間を無駄にしてしまうだけですので、他の転職サイトや転職エージェントを利用するようにしましょう。

また、派遣ではなく正社員で働きたいと考えている方にもおすすめできません。

ウィルオブは掲載されている求人のほとんどが派遣での採用となっているため、正社員としての採用を目指している場合も、ウィルオブ以外の転職サイトや転職エージェントを利用されることをおすすめします。

第二新卒に強いおすすめ転職サイト5選!サイト選びのポイントや転職成功のコツも解説 転職サイトには「総合型」と「特化型」がある 第二新卒の方が転職の際に使うことが多い転職サイトには、「総合型」と「特化型」...

ウィルオブの登録方法と登録後の流れ

転職活動でウィルオブを利用したいと考えている方向けに、ウィルオブへの会員登録の方法と登録後の利用の流れについても紹介していきたいと思います。

画像をまじえながら解説していきますので、ぜひ参考にしながら登録を進めてみてください。

登録方法

ウィルオブを利用するには、まずウィルオブに会員登録しなくてはいけません。

まずはウィルオブにアクセスし、会員登録しましょう。

※画像はすべて、公式サイトURLから引用しています :https://willof.jp/

ウィルオブのトップページが表示されるので、「派遣登録はこちら(無料)」をクリックしましょう。

まず初めに、名前を入力します。

生年月日を設定し、「入力しました」をクリックします。

性別を選択し、「入力しました」をクリックしましょう。

携帯番号を入力し、「入力しました」をクリックします。

メールアドレスを入力し、「入力してください」をクリックしましょう。

住んでいる地域を選択し、「選択してください」をクリックします。

希望する職種を選択し、「応募する」をクリックしましょう。

こちらの画面が表示されれば、ウィルオブへの登録(応募)は完了となります。

登録後の流れ

先ほど紹介した方法でウィルオブに登録した後は、以下の流れで転職活動を進めていきます。

  1. 派遣登録
  2. 仕事の紹介
  3. 研修(必要であれば)
  4. 勤務スタート

先ほどウィルオブへの登録方法を画像をまじえながら紹介しましたが、実はまだ完全には登録完了していません

登録のための応募は完了していますが、登録自体は完了していませんので、まずは登録を完了させる必要があります

登録方法は、以下の4つから選ぶことができます。

  • 来社登録
  • WEB面談登録
  • 電話登録
  • WEB登録

登録する際、あわせて仕事の説明などもおこなわれますし、職歴のヒアリングや希望する仕事の条件に関するヒアリングもおこなわれます。

また、場合によってはその場で仕事を紹介してもらえることもあります。

その場で仕事を紹介してもらえなくても、担当者があなたに合う求人を探し、その都度紹介してくれますので心配する必要はありません。

気になる求人が見つかったら、担当者にその求人に応募したい旨を伝えましょう。

また、自分のスキルに不安を感じる方は、研修をおこなってもらうこともできます。研修はもちろん無料です。

派遣先が決まったら勤務開始となりますが、職場にはウィルオブの社員が常駐しているので、わからないことや気になることがあればいつでも相談可能です。

また、ウィルオブでは、紹介を待つだけでなく自分で求人を探して応募することもできます

トップページの「働きたい場所を選ぶ」から、勤務したい地域を選び、クリックしましょう。

  • 職種
  • 路線・駅
  • 勤務地

のいずれかをクリックしましょう。


気になる求人が見つかったら、求人情報をクリックし、詳細画面にアクセスします。

詳細を確認した結果、応募したいと思える求人だった場合は、「この求人に応募する」をクリックし、応募しましょう。

ウィルオブを利用する際の注意点

実際にウィルオブで転職活動を始める場合、以下の3点に注意しなくてはいけません。

  1. 転職サポートが利用できるサービスが限られている
  2. それぞれのサービスで個別に対応する必要がある
  3. 登録に手間がかかる

それぞれの注意点について解説していきます。

①転職サポートが利用できるサービスが限られている

ウィルオブの転職サービスは5つに分けられていますが、 転職サポートのサービスが受けられるのは、以下4つのみです。

サービス名転職サポート
ウィルオブ ×
コールセンター求人ナビ
ウィルオブシステム
介護ワーク
ほいぷら

派遣の求人をメインで取り扱っている「ウィルオブ」では転職エージェントによる転職サポートは受けられません。

転職サポートが受けられるサービスの方に登録して転職活動に取り組んだらいいのでは?

と考える方も多いかと思いますが、エージェントサービスを提供しているものはいずれも特定の業界に特化した特化型の転職サービスですので、

  • コールセンター
  • エンジニア
  • 介護
  • 保育

といった職種に興味のない方が利用しても転職にはつながりません。

ウィルオブの転職サポートは業種が限られているため、転職エージェントのように色々とサポートしてもらいながら転職したいと考えている方は注意しなくてはいけません。

②それぞれのサービスで個別に対応する必要がある

ウィルオブでは5種類の転職サービスが用意されていると紹介してきましたが、これらのサービスをすべて利用したい場合や複数利用したい場合、それぞれのサービスで個別に対応しなくてはいけません

例えば

ウィルオブで派遣の求人を探して応募する際、名前や電話番号、メールアドレスの入力を求められますが、コールセンター求人ナビで求人を探したい場合も、同様の対応を求められます。

同じ会社が運営しているとは言えサービス自体が異なるため当然とも言えますが、手間がかかってしまうのは否めません。

その他の転職サイトや転職エージェントの中には、一つのサービスに必要な情報を登録しただけで複数のサービスを横断して利用できるようになる使い勝手の良いサービスもあるため、使い勝手の面では見劣りしてしまいます。

ウィルオブが展開しているサービスのうち複数のサービスを利用したいと考えている方は注意が必要だと言えるでしょう。

③登録に手間がかかる

ウィルオブが運営している5つのサービスのうち、派遣の求人をメインに取り扱っている「ウィルオブ」は、会員登録するのに手間がかかります。

登録後の利用の流れの箇所でも触れましたが、ウィルオブはWebから応募した後に説明会に参加し、改めて会員登録をおこなわなくてはいけません

応募した後の会員登録は、電話やWEB面談などわざわざ来社しなくてもいいようになってはいますが、応募の段階でも、氏名や生年月日などの基本的な情報の入力が求められるため、若干二度手間のようになってしまっています。

応募後の会員登録は説明会もかねているようですので仕方ないと言えますが、他の転職サイトや転職エージェントよりも手間がかかってしまうのは否めません。

なるべく効率的に転職活動を進めていきたいと考えている方は注意が必要だと言えるでしょう。

まとめ

一部上場企業の子会社が運営している知名度の高い転職サービス、「ウィルオブ」について紹介してきました。

ウィルオブは、主に派遣の求人を取り扱っている求人サイトです。派遣の求人をメインに取り扱っているサイト以外にも、コールセンターやエンジニアなど特定の業種に特化した転職エージェントサービスも展開しており、そこでは正社員の求人も取り扱っています。

しかし、特定の業種以外の正社員の求人は掲載されていないため注意しなくてはいけません。

派遣の求人がメインのウィルオブにも正社員の求人は掲載されていますが、ごく少数ですので、利用するユーザーを選ぶタイプの求人サイトだと言えるでしょう。

ただ、研修制度や就業後のアフターフォローなど、魅力的なメリットを備えた求人サイトでもあるため、掲載されている職種への転職を検討していたり、自分のスキルに不安を感じている人であれば利用してみる価値はあるので、ぜひ一度利用されてみてはいかがでしょうか?